取材レポート

“絶対諦めない!”三重県中伊勢温泉郷が「未来宿泊ギフト券」でチャレンジ!

掲載日:2020.05.14

コロナウイルス感染拡大防止に伴い、楽しみにしていた旅行をやむを得ず自粛された方も多いのではないでしょうか?長引くステイホームで溜まるストレス…、そんなストレスを終息後に癒しにきてほしい。そして三重の歴史ある温泉郷「三重県中伊勢温泉郷」を守ることに繋げたいと、新たなチャレンジが始まっています。

「中伊勢温泉郷」は、津・伊賀・名張の3市11施設が広域連携をして運営している全国でもめずらしい温泉郷です。

 枕草子三大名泉にも数えられる「榊原温泉」をはじめ、名泉が集まる中伊勢温泉郷。この地域は、藤堂高虎と伊賀忍者のゆかりの地とも言われ、古くから人々の疲れを癒やしてきた湯治場として、老若男女、多くの人々に愛されてきました。

 今、三重の宝ともいえるこの温泉郷が、コロナウイルス感染拡大に伴い、深刻な問題に直面しています。そんな中、“絶対諦めない!”と「三重県中伊勢温泉郷」は立ち上がりました。

 このチャレンジのきっかけは、お客様から「宿泊の予約をしたいけど、この状況下では予定が立たない・・・」という相談を受けたこと。それならば!と、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングを通して、前売り券「未来宿泊ギフト券」の販売をスタートしました。この「未来宿泊ギフト券」の特徴は、有効期限が2年間あること。購入後に予定に合わせて、いつでも自由に予約することができます。

 ギフト券の内容は、温泉施設の1泊2食付きプラン。(詳細は最後にまとめています。)通常よりもとてもお得な価格で販売しています。「自慢の温泉はもちろん、地元食材をふんだんに使った料理で最高のおもてなしをしたい」という熱い想いが伝わってきました。

※写真はイメージ

   さらにこの企画に地域の企業も賛同。 

   三重ブランドにも認定された三重の伝統品、おぼろタオルが2,200枚寄贈されたそうです。「未来宿泊ギフト券」と一緒におぼろタオルもプレゼントされます。おぼろタオルを使いながら、旅行の日を楽しみに過ごすのもいいですね。

 「未来宿泊ギフト券」の販売開始後、購入した多くのファンから、「応援しています!」「がんばってください!」とたくさんのエールも寄せられ、この温泉郷を守りたいという輪が広がってきています。

 中伊勢温泉郷の魅力は、心地良い温泉や美味しい料理だけではありません!周辺の多彩な観光地や自然豊かな環境は四季折々、様々な姿で私たちを癒してくれます。


さくら名所百選にも選ばれている三多気の桜。

夏になると高原の丘陵に雄大なハーブガーデンが広がるメナード青山リゾート。

巨岩奇岩と安濃川の清流が織りなす美しい河内渓谷の紅葉。

「落ち着いたらどこ行こう?何しよう?」と家族の楽しい話題にしたり、ギフトとして大切な人へプレゼントするのもいいですね。


中伊勢温泉郷のみなさんからのメッセージ

「中伊勢温泉郷は、地域の企業やたくさんの人々の支えがあり、これまで発展してきました。この繋がりに本当に感謝しかありません。今、倒れるわけにはいかないというのが私たちの想いです。今はみんな大変な時期、この大変な時期をステイホームで乗り切っていきましょう!「未来宿泊ギフト券」を購入いただくことで中伊勢温泉郷も頑張っていきますので何卒ご支援お願い致します」

 「未来宿泊ギフト券」を購入することは、中伊勢温泉郷の未来を支援するだけでなく、終息後の楽しみにも繋がります。

 苦しい時だからこそ、未来の自分のご褒美にしてみてはいかがでしょうか?


<詳細・申込>

◇絶対諦めない!三重県中伊勢温泉郷の未来宿泊ギフト券チャレンジ

https://camp-fire.jp/projects/view/251433

 

「未来宿泊ギフト券」内容(1名あたり)

磨洞温泉涼風荘:10,000円

猪の倉温泉ふよう荘:10,000円

榊原温泉神湯館:12,000円

火の谷温泉美杉リゾート:14,000円

榊原温泉湯元旅館清少納言:14,000円

伊賀のかくれ宿赤目温泉隠れの湯対泉閣:15,000円

赤目温泉山の湯元水園:16,500円

霧生温泉メナード青山リゾート:18,000円


 

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ