取材レポート

1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

掲載日:2022.03.31

伊勢志摩の英虞湾に面した高台に立つ日本旅館「汀渚ばさら邸」。空間の立体的な広がりを意識してデザインされた客室はすべてしつらえが異なり、全室客室露天風呂付き。
館内は他の宿泊者となるべく接触がないように設計されており、とてもプライベートな空間です。
旅行はしたいけどコロナ禍ではなるべく他人との接触を避けたい。そんなあなたにぴったりな「大人の隠れ家」が伊勢志摩にありました。

汀渚ばさら邸とは




英虞湾をのぞむ高台に立つ、大人のための隠れ家「汀渚ばさら邸」は、約5,000坪という広大な敷地の中に客室はわずか20室だけという贅沢な空間。

貸切露天風呂や見事なお庭が点在し、敷地内を巡りながらあなたと大切な人だけの特別な時間を過ごすことが出来ます。

今回は、こちらのお宿が「あんしんみえリア優秀店」に選ばれましたので、取材をしていきたいと思います!


上質なプライベート空間をご提供

「汀渚ばさら邸」では、基本的な感染症対策はもちろんのこと、他のお客様と会わないようにプライベートチェックインを実施しています。

夕食や貸切風呂などにおいても時間調整を行い、お客様同士で重ならないように離れたお部屋・フロアでの提供とするなど、各所できめ細やかな心遣いがなされていました。

広大な敷地で悠々自適に「ばさらな時間」を過ごそう

敷地内には「漠の庭」「無名庭」「叶庭」という3つのお庭があり、自由に散策を楽しむことができます。

今回、桟橋へ向かう途中に立ち寄った「叶庭」は、穏やかな海風に爽やかな潮の香り、そしてせせらぎの音に包まれていて、まるで時間がゆっくりと流れているかのように感じる空間でした。

更に海辺へと抜けると、目の前には英虞湾の絶景が広がります。

停泊している専用クルーザーをバックに記念撮影。今度はゆっくり乗りに来れますように!

スタンダードなタイプのお部屋をご紹介

今回、取材させていただいたお部屋は「杜の棟(壱)」。

汀渚ばさら邸におけるスタンダードなタイプの客室で、落ち着いた雰囲気の室内は梁を活かした高天井が特徴的です。

リビングからは英虞湾も望めますよ!

室内には内風呂があるだけではなく、東屋スタイル露天風呂もあり、浴槽は薫り高い檜製。

ゆったりとしたパウダールームと広い専用デッキテラスも備えられているので、部屋から出ずとも気の向くままに温泉を楽しむことが出来ます。

絶景を楽しめる無料の貸切露天風呂はこちら

全客室に備わる露天風呂以外にも、館内には3つの貸切露天風呂があります。

そのうちの一つがこちらの「天の鑑」。英虞湾を一望するこの露天風呂は、その名の通り昼間は志摩の青空を、そして夜には満天の星空を湯に映します。

ゆったりと温泉に浸かりながら、あるいはリビングのソファに腰かけて、輝く湯と英虞湾の競演をお楽しみください。

全室個室のダイニングで志摩料理を楽しもう

「目の前の皿にのるものは、料理である前に素材である。」という考えのもと、食材の宝庫と呼ばれる地元志摩の食材などをふんだんに使った料理が提供されています。

志摩産の「伊勢海老」や「特上あわび」を初め、年間出頭数わずか約100頭の「幻の和牛 美熊野(みくまの)牛」など極上の素材を、最高の形で演出。

海を感じ、大地を感じる「志摩料理」を是非味わってみてください。

終わりに

上質な雰囲気に包まれ、まさに大人の隠れ家ともいえる「汀渚ばさら邸」。

しかし、今回ご紹介したのはあくまでも「スタンダード」タイプのお部屋です。

プレミアムスイートである「別邸のはなれ」は、今回紹介した以上の贅沢な空間となっておりますので、気になる方は是非「汀渚ばさら邸の公式サイト」をご覧ください。

伊勢志摩でも最高クラスのお部屋があなたを待っていますよ!

撮影モデル&リポーター:三重県PRアンバサダー なっつん


名称

汀渚 ばさら邸

住所
〒517-0501 志摩市阿児町鵜方3618-74
電話番号

0599-46-1189

駐車場

16 台 屋外

公共交通機関でのアクセス

近鉄賢島駅よりお車で3分

電車でお越しのお客様は、近鉄賢島駅からばさら邸までの無料送迎を行っております。賢島駅にご到着されましたら、ばさら邸までお電話ください。(所要時間5分以内)
※随時送迎しておりますので、お時間指定はできかねます。
※グループ様のご送迎につきましては、別途ご相談くださいませ。

車でのアクセス

関JCT-伊勢自動車道約45分-伊勢西IC-伊勢道路国道167号線約35分

カテゴリー
季節
エリア

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ