取材レポート

日本三名泉で知られる榊原温泉 湯元榊原舘

掲載日:2013.06.05

榊原温泉 湯元榊原舘を取材してきました!清少納言の「枕草子」にも「七栗の湯」として詠われた有名な榊原温泉は、日本三名泉のひとつとして知られています。今回は7月から提供される料理をメインに、新しい宿泊プランなども紹介します。

湯元榊原舘にやってきました。湯元榊原舘は榊原温泉で唯一、館内に源泉を保有している旅館です。今回は7月から提供される料理「文月 美と健康をテーマとしたふるさと会席 ~湯ごりの地、涼風七栗~」の試作会へ参加してきました。

写真は外観となります。内装も手入れが行き届いており非常に良い印象でした。館内の入り口には7月に向け、短冊などが綺麗に飾られていましたよ。

文月(7月)から提供される料理メニューをいただきました。湯元榊原舘では三重県産の食材を使った地産地消に取り組んでいます。なお、料理内容はプランなど異なる場合がありますので、詳しくは湯元榊原舘へお問い合わせください。http://www.yumoto-sakaki.co.jp

まずは食前酒の後、先付の野菜のかき揚げ、とうもろこしすり流し、なす田楽、パプリカ、甘長ししとうです。夏に向けての涼しい器の上に、色鮮やかな野菜が並んでいました。味はもちろんですが、見た目でも楽しめます。

向付のお刺身です(写真は2名分)。伊勢海老造りには花びらも添えられ綺麗!お魚も新鮮で噛むほどに甘みがあります。写真で上にある青さ海苔は、食感がぷちぷちしておりいいアクセントになっていました。わさびをおろして食べましたが、刺激も強すぎず刺身と共にいただけました。

次に煮物椀の枝豆真丈を挟み、肉料理の松阪牛です!松阪牛のサーロインスライスとローススライス、国産黒毛和牛ヒレ肉鉄板焼となります(写真は2名分)。鉄板の上で焼いた後、口に入れると噛まなくても食べられるくらい柔らかい!

さらに続きます、特選料理の温泉野菜蒸です。私はこれが一番印象に残っています。名泉である榊原温泉のお湯を使い、旬の色鮮やかな10種類の野菜を蒸します。普段食べている野菜に比べて甘みがあり、美味しい!野菜本来の甘みがとても出ていました。調味料の塩も、奥志摩の海水から作られた「真珠の塩」が使われています。
この後に釜炊きご飯、伊勢海老味噌汁と続きました。

果物はブルーベリーシャーベット、葛餅、デラウェアとなります。写真では葛餅の器の上にこんぺい糖が飾られておりかわいかったですよ。最後でも甘い物は満足していただけます(当然、味も美味しいです)。

終わりに…特選茶で一息。伊勢茶ブレンドに、深蒸茶・かぶせ茶・かりがねほうじ茶・玄米茶・ハーブを合わせて飲むことができます。

肝心の温泉のご紹介を。旅行会社社員など"旅のプロ"が選んだ温泉ランキングで、全国約3,100ある温泉地の中で榊原温泉は泉質ランキングで46位!湯は肌にやさしく美容液のようで、絶妙なバランスの温泉成分となっています。湯元榊原舘では榊原温泉にて唯一、館内に源泉を保有しています。
写真は展望露天風呂 「天雅」です。
湯元榊原舘では6月より温泉力を体感していただくプランが登場しています。
http://www.yumoto-sakaki.co.jp/spaeffect.html
6月中は榊原温泉で蛍灯(ほたるび)も行っています。
http://www.sakakibaraonsen.gr.jp/cgi-bin/info.cgi#167
美味しい料理をいただき、名泉に浸かれば普段の疲れが癒されます。是非皆様も足をお運びください。

お土産です。「榊原だぬき」(おまんじゅう)を買ってきました。写真ではちょっとわかりづらいですが、たぬきのかわいらしい形をしています。パッケージも温泉にたぬき、と楽しい見た目になっています。


※掲載されている内容は2013年6月の情報となります

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ