三重の見どころ 早わかり

海があるという贅沢。

絶景ドライブ、海水浴、リゾートホテル。
海があるからこそできる極上な休日を過ごしましょう。

海沿い絶景ドライブ -リアス海岸が織りなす美しい景観-

伊勢志摩がある志摩半島では、美しい海岸線が続き、息を呑むような海の絶景が見られます。灯台がある岬や展望台など絵になるスポットも点在し、ドライブに最適。

展望足湯がある「伊勢志摩スカイライン」

まずは伊勢と鳥羽を結ぶ天空のドライブウェイ「伊勢志摩スカイライン」へ。沿道の朝熊山山頂には展望足湯があり、島々が浮かぶ美しい伊勢湾を一望しながら、ゆったりと足湯に浸かれます。絶景を眺めながらの足湯は最高に贅沢。

神島から渥美半島、大王崎まで360の大パノラマが楽しめる

「パールロード」途中にある「鳥羽展望台」

鳥羽から志摩へは「パールロード」へ。山並みを縫うように作られた道で、木々の緑と紺碧の海が織りなす素晴らしい景観が臨めます。真珠やカキの養殖いかだが浮かぶ海や、焼きカキ小屋が並ぶ町、海女小屋など、伊勢志摩ならではの風景を楽しんで。中間点の「鳥羽展望台」で高台から見下ろす景色は、雄大な太平洋と山並みが広がる大パノラマ。運が良ければ富士山が見えることも。

「横山展望台」から望む英虞湾の多島美

輝く白亜の灯台と碧海のコントラストが美しい「大王埼灯台」

「登茂山展望台」から見る夕景の英虞湾

鵜倉園地の「見江島展望台」からはハート型の湾を見おろせる

その他にも、複雑な海岸線と多くの島が浮かぶ英虞湾を一望できる「横山展望台」、地球の丸さが分かる岬として知られる「大王埼灯台」、正面に落ちる夕景が素晴らしい「登茂山展望台」、ハート型のかさらぎ池を見下ろす鵜倉園地の「見江島展望台」など、写真に残したくなる風景がいっぱい。潮風を感じながら、海沿いドライブを楽しみましょう。

関連リンク

※注:読み方について
英虞湾…あごわん
登茂山展望台…ともやまてんぼうだい
鵜倉園地…うぐらえんち
見江島展望台…みえしまてんぼうだい

白い砂浜が続くとっておきビーチで泳ぐ・遊ぶ

南北に長い三重には、キレイで魅力的な海水浴場が数多くあります。絵になる「白い砂浜と透明度抜群の海」も少なくありません。

淡いマリンブルーの海が美しい「御座白浜海水浴場」

「千鳥ケ浜海水浴場」の白砂ビーチ

特に人気が高いのは「御座白浜海水浴場」。淡いマリンブルーの海と白い砂浜が南国にいるかのような気分にさせてくれます。「千鳥ケ浜海水浴場」も透明度抜群の海と白砂ビーチが人気です。

シーカヤックやキャンプもできる「三木里ビーチ」

環境庁の快水浴場100選に選ばれた「新鹿海水浴場」

自然観察メインの穴場ビーチ「次郎六郎海水浴場」

潮干狩り体験ができる「御殿場海水浴場」

名古屋や大阪からアクセスが良い「鼓ケ浦海水浴場」

サーフィンもできる「阿児の松原海水浴場」

シーカヤックなどのマリンスポーツ体験ができる「三木里ビーチ」「新鹿海水浴場」、4,500mの砂浜を歩き海浜の自然を観察することができる「次郎六郎海水浴場」、潮干狩り体験ができる「御殿場海水浴場」、名古屋や大阪からアクセスが便利な「鼓ケ浦海水浴場」、サーフィンもできる「阿児の松原海水浴場」など、特徴ある海水浴場がたくさんあります。あなたはどのビーチで、どんな風に楽しみますか?

関連リンク

※注:読み方について
御座白浜…ござしらはま
阿児の松原…あごのまつばら
鼓ケ浦…つつみがうら
新鹿…あたしか
三木里…みきさと

ワンランク上の贅沢な空間 オーシャンビューのリゾートへ

夕暮れが映える大人のリゾート「志摩観光ホテル ベイスイート」

地中海の街並みに泊まる「志摩地中海村」

真珠の海に抱かれるリゾート「鳥羽国際ホテル」

三重には伊勢志摩サミットの会場となった「志摩観光ホテル」をはじめ、美しい海が一望できるシーサイドリゾートがいっぱい。海を見ながら露天風呂でゆったりできる温泉宿、マリンスポーツを楽しめるホテル、ゴルフ場併設のロッジ、エステで癒せるリゾート、地中海風の建物が魅力的なコテージなど、特徴のある個性的な宿泊施設が充実。夕日が沈む真っ赤な空、真っ暗な海面に映る月明り、朝日が差し込む清々しい空気…海辺に泊まる旅はゆったり時間の経過も味わえます。日頃の喧騒を忘れて、ワンランク上の贅沢な休日を楽しみましょう。

渡鹿野島の「福寿荘」は海の幸をふんだんに使った会席料理が自慢

海沿いリゾートだからいただける新鮮魚介も楽しみのひとつ。料理自慢の宿で、旬の食材をいかしたディナーを心行くまで堪能して。ゴージャスなフレンチのコースを提供するホテルから、海女さんや漁師さんが営むリーズナブルな民宿まで、自分に合った宿選びをするのも旅の楽しみです。

船に揺られて、時空を超える離島めぐり

船旅の先に、島で暮らす人々との出会いがあります

伊勢湾に浮かぶ「答志島」「神島」「菅島」「坂手島」。鳥羽マリンターミナルから各島へわずか15分~40分ほどの船旅で、昭和を感じる日本の風景に出会えます。

答志島のワカメ漁。港には小さな漁船がひしめきあう

「答志島」は島めぐり初心者におすすめ。港が3つある大きな島で、お店や宿も充実。漁港の作業を見たり、路地裏を散歩したり、ありのままの島の暮らしに触れられます。「答志島スカイライン」は、伊勢湾に浮かぶ美しい島々が見渡せる人気のハイキングコース。途中の入口から170メートルほど登った「天望山レイフィールド」からの眺めは見飽きることのない美景です。

船で40分、小さな秘島・神島へ

周囲3.9km、歩いて一周できる距離感の中に神島の暮らしがある

神島で目を引くカルスト地形

「恋人の聖地」といわれる神島灯台

「神島」は島好きにおすすめ。歩いて一周できる小さな島で、三島由紀夫の小説『潮騒』のクライマックスシーンで舞台となった「監的哨跡」、恋人の聖地に指定されている「神島灯台」、白い石灰岩がそびえ立つ「カルスト地形」など、2時間ほどで探索できます。

菅島の「しろんご祭」では海女たちも昔ながらの白い磯着姿に

ホラ貝の音でつがいのアワビの初獲りを競い合う(しろんご祭)

初獲りしたアワビは白髭神社に奉納する(しろんご祭)

「菅島」は、海女の祭典「しろんご祭」が毎年7月に行われる島。昔ながらの白い磯着姿をした海女たちが、ホラ貝の音で一斉につがいのアワビの初獲りを競う様は圧巻。島のそこかしこで、伊勢えび・海藻・鮫・鯛などを干す風景が見られるのも、海女の島らしさを感じさせます。日本最古のレンガ造り洋式灯台「菅島灯台」や、1月~2月頃になると大山山頂を真っ赤に染め上げる紅ツゲの群生が見どころです。

鳥羽本土からすぐに渡れる坂手島

5~6月に楽しめる坂手島のアヤメ

「坂手島」は鳥羽本土とわずか600mの近さですが、一歩足を踏み入れると、島の空気にどっぷりと浸かれます。集落の細い路地を進むと、江戸川乱歩の妻・お隆さんの生家や、5月から6月にかけてカキツバタが咲き誇るアヤメ池や姫の浜など美しい自然に出会えます。

関連リンク

※注:読み方について
英虞湾…あごわん
答志島…とうしじま
神島…かみしま
菅島…すがしま