取材レポート

コロナ下でも安心・快適!三重交通による3密回避・ストレスフリーなバスサービス

掲載日:2021.02.04

2,346ビュー

三重交通では、観光客が安心・快適にバスを利用できる、新たな生活様式に対応した先進的な感染症対策を進めている。抗菌・抗ウイルス加工や万全の換気対策、連節バスの導入など、三重でのバス移動を、更に安全・快適にする取り組みをご紹介!

コロナ下でも安心・快適! 三重交通による3密回避・ストレスフリーなバスサービス

三重交通のバスサービスが安全安心・快適なワケ
・全車両に抗菌・抗ウイルス加工が施され、安心して利用できる
・換気対策もバッチリ。夏や冬でも安心・快適に移動
・連節バスやバスロケーションシステムを使って、ストレスフリーなバス移動


安全・安心なバス移動を支える、先進的な感染症対策

コロナ下でも安心・快適! 三重交通による3密回避・ストレスフリーなバスサービス

抗菌・抗ウイルス成分を含んだ除菌剤がバス車内に入念に噴霧されている

三重県を中心に、地域住民や観光客向けの路線・観光バスを運行する三重交通。
日常生活や観光旅行に欠かせないバスを、コロナ下においても、より安全に、安心して利用できるよう、先進的な感染症対策が導入されている。

2020年12月には、三重交通グループ4社が保有・運行する全車両(1099両)で、抗菌・抗ウイルス加工を完了した。全車両の抗菌・抗ウイルス加工を完了したバス会社は全国的にも少なく、三重交通のバスを利用すれば、より安全・安心に、心おきなく観光を満喫できる。

コロナ下でも安心・快適! 三重交通による3密回避・ストレスフリーなバスサービス

乗客が手が触れる箇所へのガラスコーティングが実施され、約5年間抗菌・抗ウイルス効果が持続する





車内で乗客が手を触れる箇所(手すり、肘置きなど)を除菌した上、抗菌・抗ウイルス成分を付与したガラスコーティングを実施。SIAA(抗菌製品技術協議会)の安全性基準を満たした、安心の日本製薬剤を使用し、約5年間抗菌・抗ウイルス効果が継続するとされている。

もちろん定期的な消毒・清掃も日々実施されており、コロナ下でも安心してバスを利用可能だ。

コロナ下でも安心・快適! 三重交通による3密回避・ストレスフリーなバスサービス

真夏や真冬でも快適な室温を保ちながら、換気が実施されており、短時間で空気が入れ替わる

さらに換気対策も万全。
バス車内には、外気導入空調も設置されており、約3分で車内の全空気が入れ替わる。その他、乗務員のマスク着用や出勤時の検温等、全社をあげて様々な感染症対策が実施されている。




ストレスフリーなバス移動/神都LINERに乗って、3密回避してお伊勢参り

コロナ下でも安心・快適! 三重交通による3密回避・ストレスフリーなバスサービス

伊勢市駅~外宮~内宮を走る神都LINER。長い車両と緑と白のツートンカラーが目印

先進的な感染症対策に加え、三重交通はストレスフリーなサービスにも積極的に取り組んでいる。

全国各地より多くの参拝客が訪れる伊勢神宮。
お伊勢さんのご参拝は、外宮から内宮の順にお参りするのが古くからのならわしだ。

最寄り駅となるJR/近鉄の伊勢市駅を起点に、外宮から内宮までをつなぐ三重交通の路線バスが運行されている。年末年始や大型連休等、伊勢神宮には多くの参拝客が訪れるため、快適に参拝できるよう、連節バス「神都LINER」が新たに導入された。

神都LINERは、2つの車体を連結することで、輸送力を大幅に向上させている。
2020年12月プレ運行を開始し、繁忙日を中心に伊勢市駅前~外宮前~内宮前間の臨時便として運行し、その突出した輸送力で混雑の緩和や快適でゆとりのある空間を乗客に提供している。

コロナ下でも安心・快適! 三重交通による3密回避・ストレスフリーなバスサービス

通常の路線バスの1.6倍の113人が乗車可能で三密も回避できる

神都LINERの名称由来は、神宮お膝元のまちを連想させる”神都”と急行便を示す”LINER”。
伊勢神宮の内宮と外宮をつなぐ専用車として、神宮の森や神聖さを緑色と白色のツートンカラーで、口と手を清める清浄な五十鈴川の流れは中扉のドット柄で表現されている。

現在は、繁忙日のみの臨時運行だが、2021年4月より、参拝客が多い日中の時間帯を中心に定期運行が開始される予定だ。

コロナ下でも安心・快適! 三重交通による3密回避・ストレスフリーなバスサービス

スマートフォンでバスの接近情報の確認(画像左)、伊勢市駅等主要停留所に表示器を設置(画像右)

2020年11月にはバスロケーションシステム「Bus-vision」も開始されている。

路線バスは、道路の混雑状況等により、定時運行が難しい場合があるが、Bus-visionを使えば、次のバスはどこにいるのか、車両タイプも含めて、スマートフォン等でスムーズに確認可能。
利用登録も不要で、スマートフォン・携帯電話・パソコンから簡単にアクセスできる。バス待ち時間で、おはらい町のお土産屋にちょっと寄り道するなど、Bus-visionを活用すれば、限られた時間でお伊勢参りをさらに楽しむことが可能だ。

安心、快適なバス移動を提供すべく、日々サービスを進化させ、業界内で一歩先を走る三重交通。三重観光には自家用車も便利だが、バス移動でも安心・快適に観光地めぐりを楽しむことができる。


■関連情報
【神都LINER】
・運行路線:外宮内宮線(伊勢市駅前~外宮前~内宮前)
・運行状況:2020年12月~2021年3月 繁忙日のみの臨時運行
      2021年4月~ ご利用の多い日中時間帯を中心に定期運行(1時間に最大2本)
主要停留所のみに停車する急行便として運行いたします
※ 詳細なダイヤは現在検討中です
・運行に関するお問い合わせ先:三重交通株式会社 伊勢営業所 0596-25-7131

【バスロケーションシステム「Bus-vision」】
・ご利用方法:スマートフォン、携帯電話及びパソコンから、専用ホームページにアクセスし、ご利用になりたい路線バスの乗車停留所・降車停留所を入力いただくことで、対象のバスがどの停留所を通過したかをご案内いたします

・ホームページアドレス:
スマートフォン・パソコン https://bus-vision.jp/sanco
携帯電話         https://bus-vision.jp/sanco/mobile


カテゴリー
その他

観光三重ピックアップ!

  • 写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    2021.07
  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス!<br />
暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪<br />

    「秋の桜」コスモス!
    暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪

    2020.09
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】
「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】
掲載日:2021.09.22
「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】

フォトコンテスト

丸山千枚田の幻想
丸山千枚田の幻想
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 高田本山フォトコンテスト開催!テーマは「あなたが思う高田本山の魅力」

    高田本山フォトコンテスト開催!テーマは「あなたが思う高田本山の魅力」

    三重県で初めて建築物として国宝に指定された「高田本山専修寺」。
    令和5年5月21日~28日には、親鸞聖人御誕生850年記念として「特別法要」が行われます。
    今回は、それに先駆けて行われる「フォトコンテスト」について、ご紹介し...

    #
  • 【やってきました三重の夏!】第59回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    【やってきました三重の夏!】第59回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    観光三重 第59回フォトコンテスト結果発表!!]
    素敵な作品盛りだくさんなので、現地に行きたくなること間違いなし!
    撮影者コメントや撮影地を添えて詳しくお送りしていきますね♪

    #
  • 三重県の潜水橋特集 意外と近くに在る秘境?絶景の潜水橋を楽しもう!この暑い夏を快適に過ごす為の「涼」をお届けします!【前編】

    三重県の潜水橋特集 意外と近くに在る秘境?絶景の潜水橋を楽しもう!この暑い夏を快適に過ごす為の「涼」をお届けします!【前編】

    皆さんは潜水橋(せんすいきょう)というものをご存知ですか?三重県内では沈み橋(しずみばし)や潜り橋(もぐりばし)、沈下橋(ちんかばし)とも呼ばれています。以前の記事で「朝明川の洗い越し」を紹介した際に色々と調べる中で...

    #
ページトップ