取材レポート

旧東海道 桑名宿を歩く。

掲載日:2012.04.19

4,571ビュー

近鉄電車に乗って桑名市に残る旧東海道の町並みを散策してきました。江戸時代、桑名宿は伊勢の国への玄関口の宿場町として栄えました。海路尾張の国から桑名を訪れた旅人は、まず最初に七里の渡に到着し、この大鳥居を目にしました。(2010年3月)

旧東海道 桑名宿を歩く。

桑名駅に到着しました。桑名といえば、ナガシマリゾートや多度大社が有名ですが、今日は旧東海道、桑名宿の面影をたどりたいと思います。
駅前ビルのサンファーレ2階には桑名市の観光案内所がありますので、散策マップ等が入手でき、とても便利です。

旧東海道 桑名宿を歩く。

桑名駅から歩いて15分程で、旧東海道、桑名宿の入口七里の渡跡に到着しました。熱田の宮から桑名まで海路七里あったことから、「七里の渡」と呼ばれています。

七里の渡跡

住所
桑名市船馬町
電話番号
0594-24-1361(桑名市教育委員会文化課)
公式URL
http://kanko.city.kuwana.mie.jp/machi/shichiri/
公共交通機関でのアクセス
・JR・近鉄「桑名駅」から徒歩で約20分
 またはコミュニティバス「船馬町」下車・徒歩で約3分
車でのアクセス
・東名阪自動車道「桑名IC」から車で約25分
旧東海道 桑名宿を歩く。

現在七里の渡跡周辺は、公園として整備されており、揖斐川河口付近が眺望できます。

旧東海道 桑名宿を歩く。

七里の渡跡の近くで、歌行燈句碑を発見しました。説明書きによると、出張で桑名に滞在した明治の文豪泉鏡花はこの時の印象をもとに歌行燈という文学作品を書いたとのことです。

歌行燈句碑

住所
桑名市船馬町
電話番号
0594-24-1361(桑名市教育委員会文化課)
公式URL
http://kanko.city.kuwana.mie.jp/
公共交通機関でのアクセス
JR・近鉄桑名駅から市内循環バス本町下車徒歩5分
旧東海道 桑名宿を歩く。

旧東海道は、現在住宅地になっており江戸時代の賑わいはありませんが、所々旧街道の面影を感じることができます。

旧東海道 桑名宿を歩く。

桑名といえばはまぐり、はまぐりといえば桑名。昼食は、100年以上続く老舗の俵寿司(TEL0594-21-5454)ではまぐりのにぎりを頂きました。噛めば噛むほどに口の中ではまぐりの味がひろがり、とても美味です。

旧東海道 桑名宿を歩く。

食後は九華公園を散策。公園の入口では桑名藩の初代藩主本多忠勝の像が出迎えてくれました。忠勝公は、徳川四天王といわれた名将です。

旧東海道 桑名宿を歩く。

九華公園は、三重県内屈指の桜の名所として知られていますが、この日はまだつぼみの状態でした。

桑名城跡・九華公園

住所
桑名市吉之丸
電話番号
0594-21-5416(桑名市物産観光案内所)
公式URL
https://kanko.city.kuwana.mie.jp/machi/kyuka/
公共交通機関でのアクセス
〈鉄道〉JR・近鉄・養老鉄道「桑名」駅、三岐鉄道北勢線「西桑名」駅から徒歩15分
〈バス〉桑名駅から市内A循環バス「本町」下車徒歩5分
車でのアクセス
東名阪自動車道「桑名」ICより15分、伊勢湾岸自動車道「湾岸桑名」ICより15分
旧東海道 桑名宿を歩く。

九華公園から歩いて5分ほどのところにある桑名市博物館に行きました。この日は、特別展「六戦図史」を公開していました。六戦とは、徳川家康公の6つの合戦のことで、江戸時代の地理学者が作成した戦の地図が展示してあります。特別企画展を除き、入館料は無料です。

桑名市博物館

住所
桑名市京町37-1
電話番号
0594-21-3171(桑名市博物館)
公式URL
http://www.city.kuwana.lg.jp/
営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休業日
月曜日、祝日の翌日、年末年始、展示入れ替え期間
料金
無料
公共交通機関でのアクセス
JR・近鉄桑名駅より市内A循環バス宮通下車徒歩2分
車でのアクセス
東名阪自動車道・桑名ICから20分
または伊勢湾岸道自動車道・湾岸桑名ICから15分
旧東海道 桑名宿を歩く。

帰りはJRを利用することにしました。切符を買って下りホームで列車を待っていると中原中也の詩碑をみつけました。「桑名の駅は暗かった 蛙がコロコロ鳴いていた …」
半日で旧東海道の歴史だけでなく、桑名市が文学作品の舞台になったこともわかり、有意義な旅でした。

※掲載されている内容は2012年4月の情報となります

関連情報

カテゴリー
文化&寺社仏閣 モデルコース
季節
オールシーズン

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県内のバラ園・ローズガーデン特集!5月から6月にかけて楽しめるバラの名所を紹介!

    三重県内のバラ園・ローズガーデン特集!5月から6月にかけて楽しめるバラの名所を紹介!

    2022.05
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    2020.08

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

夕日に映える伊勢の花畑「花開道」
夕日に映える伊勢の花畑「花開道」
掲載日:2022.05.20
夕日に映える伊勢の花畑「花開道」

フォトコンテスト

秘密の花園
秘密の花園
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)では、第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」が令和4年4月16日(土)から6月12日(日)まで開催されています。この企画は、令和2年に開催予定であったものがコロナ禍の...

    #
  • お伊勢さんの「湯ごり」の地にある「湯元榊原館」を取材してきました!【あんしんみえリア優秀店】

    お伊勢さんの「湯ごり」の地にある「湯元榊原館」を取材してきました!【あんしんみえリア優秀店】

    お伊勢さんの湯ごりの地として知られる「湯本榊原館」。でも魅力は温泉だけじゃありません。湯、食、歴史、美、時と五感で味うことができる癒しの温泉旅館!
    徹底した感染対策により安心した温泉旅行を楽しむことができます。

    #
  • 日本神話の体験施設「おかげ座神話の館」で伊勢のはじまりを体験しよう!【あんしんみえリア優秀店】

    日本神話の体験施設「おかげ座神話の館」で伊勢のはじまりを体験しよう!【あんしんみえリア優秀店】

    伊勢神宮の内宮で祀られている神様といえば、日本神話の主神「天照大神」。
    おかげ座神話の館では天照大神が登場する日本神話について、分かりやすい映像と展示で学ぶことができます。
    古来より人々がなぜ「伊勢」を求めたのか。内...

    #

季節おすすめ記事

  • ともやま公園(桐垣展望台)は夕日が望める絶景スポット。見所を紹介します

    ともやま公園(桐垣展望台)は夕日が望める絶景スポット。見所を紹介します

    志摩市の「ともやま公園」は英虞湾と夕日を望める絶景スポット!園内の桐垣展望台は夕日の名所でもあるんです。夕日の時間帯やアクセス方法、見所を詳しく紹介します。

    #
  • 映画「ニワトリ☆フェニックス」ロケ地巡りの旅!なんとロケ地の98%が伊勢志摩なんです!!

    映画「ニワトリ☆フェニックス」ロケ地巡りの旅!なんとロケ地の98%が伊勢志摩なんです!!

    井浦新(いうらあらた)、成田凌(なりたりょう)を主演とし、かなた狼監督が新たにお送りする映画『ニワトリ☆フェニックス』の98%が、三重の伊勢志摩で撮影されました。そのロケ地の中から、気になったポイントをASOBISIAがチョイス...

    #
  • 1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

    1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

    伊勢志摩の英虞湾に面した高台に立つ日本旅館「汀渚ばさら邸」。空間の立体的な広がりを意識してデザインされた客室はすべてしつらえが異なり、全室客室露天風呂付き。
    館内は他の宿泊者となるべく接触がないように設計されており、...

    #
ページトップ