• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 内宮・外宮参拝の後は、「別宮」に行こう! 美しい自然に包まれる「瀧原宮」(たきはらのみや)へ。

取材レポート

内宮・外宮参拝の後は、「別宮」に行こう! 美しい自然に包まれる「瀧原宮」(たきはらのみや)へ。

掲載日:2019.12.20

三重県の中勢エリアに位置し、海・山・川と豊かな自然に恵まれた「大紀町」。このまちにある「伊勢神宮の別宮」が密かな人気を集めています。その名前は「瀧原宮」で、その敷地内に二つの別宮が並立するなど、ほかにはない特徴があり、内宮・外宮参拝を終えた後に是非立ち寄ってほしい場所。今回は、その特別な魅力を持つ「別宮」を詳しくレポートします。

瀧原宮:三重県大紀町

 紀勢自動車道「大宮大台IC」を降りて、国道42号を尾鷲方面へ走ること、約10分。道沿いに「瀧原宮」という大きな看板が見えてきました。

専用の大きな駐車場に車を停めようとすると、目の前に大きな鳥居が!「瀧原宮まで600m」とのことなので、歩いて向かいたいと思います。

瀧原宮:三重県大紀町

「瀧原宮」の鳥居に到着。
その荘厳さとともに、周辺の自然と、奥まで続く参道が織りなす風景が美しく、思わず足を止めて見とれてしまいました。一礼をして、鳥居をくぐります。

瀧原宮:三重県大紀町

大きな杉の木が立ち並ぶ参道。空気が澄んでいて、この道を歩いていると、心安らかな気持ちになります。

瀧原宮:三重県大紀町

参道を進むと、「御手洗場」(みたらし)という看板を発見。
下の方向へ階段がつながっているので、行ってみましょう。

瀧原宮:三重県大紀町

すぐに着いた突き当たりには、清らかな水が流れる川が!
内宮では、五十鈴川の川岸が「御手洗場」となっているので、それと同じですね。ここで、手と口を清めます。

瀧原宮:三重県大紀町

参道と並ぶようにして流れる「頓登(とんど)川」。
宮川の上流に注ぐ大内山川の支流とのこと。森の奥まで続く川の眺めはとても壮観で、秘境地のよう。

瀧原宮:三重県大紀町

「御手洗場」の近くにある「宿衛屋」(しゅくえいや)。
お札やお守、御朱印などを受けることができる場所で、瀧原宮の由緒や歴史が紹介されたパンフレットが配布されています。

瀧原宮:三重県大紀町

樹齢数百年を数えるという木立に囲まれる参道の長さは約600m。木々一本一本に個性があり、こちらに何か語りかけているようにも思えます。

瀧原宮:三重県大紀町

視界が一気に開ける場所まで来たら、社殿までもうすぐ。
早く「瀧原宮全貌を見たい!」と、ついつい足早になってしまいます。

瀧原宮:三重県大紀町

「別宮」2社、「所管社」2社が並んで建っていて、決められた順番に参拝します。
参拝の順番は、看板に記載されています。

瀧原宮:三重県大紀町

並ぶように建つ「瀧原宮」(写真奥)と「瀧原竝宮」(たきはらのならびのみや/写真手前)。
御祭神は、ともに天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)。二宮に並べてお祀りするのは、皇大神宮(こうたいじんぐう/内宮)に天照大御神(あまてらすおおみかみ)を奉祀する姿の古い形とのこと。

瀧原宮:三重県大紀町

順序通り、「瀧原宮」から参拝。
木々の間から太陽の光が差し込み、より一層神々しさが増しています。

二拝二拍手一拝、感謝の気持ちを伝えます。

瀧原宮:三重県大紀町

次は、「瀧原竝宮」。瀧原宮ともに皇大神宮に準じた「神明造」(しんめいづくり)となっています。

※神明造:日本古来の建築様式を伝え、ヒノキの素木(しらき)を用い、切妻(きりつま)、平入(ひらいり)の高床式の穀倉(こくそう)の形式から宮殿形式に発展したもの。

瀧原宮:三重県大紀町

瀧原宮と瀧原竝宮の間に、そびえ立つ巨大な杉の木。その迫力に、圧倒されます。

瀧原宮:三重県大紀町

続いては、瀧原宮の東側、石段を上がったところにある「若宮神社」(わかみやじんじゃ)へ。
瀧原宮の所管社です。御祭神は定かではなく、天水分神(あめのみくまりのかみ)との伝説が残っています。

※「所管社」:正宮や別宮に直接関わりがある神々が祀られている神社のこと。

瀧原宮:三重県大紀町

最後は、「長由介(ながゆけ)神社」。こちらも、瀧原宮の所管社で、同じく所管社である「川島神社」が同座されています。
順序通り、参拝をしたことで、清々しい気持ちになりました!

瀧原宮:三重県大紀町

瀧原竝宮の西側にある「御船倉」(みふなぐら)。
「御船代」(みふなしろ)を収納する倉といわれていますが、古代以来、宮川の水上交通を象徴するという説もあります。現在、正宮をはじめ、他の宮社にはなく、瀧原宮のみにある建物です。

※「御船代」:ご神体を納める器

瀧原宮:三重県大紀町

「瀧原宮の起源」がイラスト付きで説明されている看板が、境内の入口にあります。子どもや若い世代がその歴史をわかりやすく知れるので、いいアイデアですね。

雄大な自然に囲まれたロケーションをはじめ、社殿や参道も魅力的な「瀧原宮」。皇大神宮(内宮)の別宮は残り8所、豊受大神宮(外宮)の別宮は4所あるとのこと。正宮とはまた違った「別宮」ならではの魅力を知り、残りの場所も訪れてみたくなりました。

※記事の内容は2019年12月20日時点のものです。最新の情報はお出かけ前にお問い合わせください。

皇大神宮別宮 瀧原宮

住所
度会郡大紀町滝原
電話番号
0598-86-2018(瀧原宮斎館)
公式URL
https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/takihara.html
公共交通機関でのアクセス
JR「滝原駅」下車徒歩約20分程度
三重交通南紀特急バス停「瀧原宮前」下車すぐ
車でのアクセス
紀勢自動車道「大宮大台IC」よりR42を尾鷲方面へ約10分

関連スポット

エリア
中南勢

観光三重ピックアップ!

  • 最大半額!お得な「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!詳細は記事へ!

    最大半額!お得な「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!詳細は記事へ!

    2020.07
  • 三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    2020.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!
「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!
掲載日:2020.07.07
「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!

フォトコンテスト

夫婦岩
夫婦岩
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約
ページトップ