取材レポート

相差町を最高に楽しむモデルコース♪ 人気スポットを日帰りで巡ってみました♪

掲載日:2018.07.21

8,050ビュー

今回の旅の舞台は、鳥羽市。「日本一海女が多い町」鳥羽市相差(おうさつ)町などを巡り、「海女文化」を満喫してきました!「女性の願いなら必ず一つは叶えてくれる」として人気の「石神さん」にお参りして、現役の海女さんが焼いてくれる新鮮な海の幸を堪能!鳥羽市の旅のレポートをぜひご覧ください。

はちまんかまどの料理

今回の旅は、「日本一海女が多い町」鳥羽市相差(おうさつ)町を訪れ、このまちを中心に鳥羽市の魅力をじっくり探ってみたいと思います。

まずは「相差海女文化資料館」へ。

はちまんかまどの料理

館内には、伊勢志摩鳥羽の観光パンフレットが数多く揃っています。テレビや雑誌の取材で訪れた有名人の写真もたくさん飾られていて、つい見入ってしまいます。

はちまんかまどの料理

奥にある展示スペースでは、相差の歴史や海女の暮らし、海女漁などについて、さまざまな資料で紹介されています。
中央にある「海女の等身大の人形」はなかなかリアル!

【相差海女文化資料館】
住所 鳥羽市相差町1238
電話番号 0599-33-7453
公式URL http://www.toba.or.jp/amabunka/amabunka.htm
営業時間 9:00〜17:00
休業日 年末年始
料金 無料
アクセス 第二伊勢道路「鳥羽南・白木」ICより約10分

はちまんかまどの料理

「相差海女文化資料館」のすぐ脇にあるゆるやかな坂道。この道を歩くだけでも、風情を感じますね。
この先に、海女さんの間で古くから「女性の願いを一つ叶えてくれる」と信仰されている「石神さん」があるとのこと。

はちまんかまどの料理

「相差海女文化資料館」から歩くこと約5分。「神明神社(しんめいじんじゃ)」の鳥居に到着。この神社の参道にあるのが「石神さん」です。

はちまんかまどの料理

参拝の作法として正しいのは、境内の一番奥にある「本殿」からお参りすること。
相差の氏神さまで、天照大神の主宰神として祭られています。ここでまず日頃の感謝を伝えました!

はちまんかまどの料理

本殿の隣にある「長寿の館」。参拝者は、鎮座する御神木のクスノキにふれることができ、長寿にあやかれるようになっています。
荘厳な大木はまさにご利益がありそうで、やさしくなでなで。

はちまんかまどの料理

そして、いよいよ「石神さん」へ。その前に「祈願用紙」に、心に決めた願い事を一つ書き入れます。

はちまんかまどの料理

鈴を鳴らしてから、祈願用紙を願い箱へ。二礼二拍手一礼の参拝方法で、気持ちを込めてお願いをしました!
平日にもかかわらず、若い世代や年配の方まで、多くの女性が参拝に訪れていました。

はちまんかまどの料理

参拝者に人気なのが、「石神さんお守り」。左が海女さんの磯着に見立てた麻布のお守り(800円/税込)で、右がストラップお守り(1,000円/税込)。
それぞれの裏側には、星(セーマン)と格子(ドーマン)の「魔よけのマーク」が描かれています。これは大事に持っておこう。

はちまんかまどの料理

「お礼参り絵馬掛け」には、たくさんの絵馬が!!これが「石神さん」のパワーを証明していますね。「必ずお礼参りに来よう」と心に決めました。

【石神さん(神明神社)】
住所 鳥羽市相差町1385
電話番号 0599-33-7453(相差海女文化資料館)
公式URL http://www.oosatsu.net/midokoro/ishigami/
アクセス 第二伊勢道路「鳥羽南・白木」ICより約10分

はちまんかまどの料理

帰りの参道を歩いている途中で、「行き」に気になっていたお店へ。
古民家を改装したショップ&カフェ「海女の家 五左屋(ござや)」です。

はちまんかまどの料理

1階がショップになっていて、相差の海女さんに関するグッズや地元の特産品など、幅広いラインナップ。
そのディスプレイにもこだわりを感じます!

はちまんかまどの料理

「五左屋」の人気商品を集めてみました!「手前左」は、人気NO.1の「がーぜはんかち」(380円/税込)。「手前右」は、オリジナル商品「どーまん・せーまん 叶え香」(925円/税込)。「奥左」は、「香りの石いかり」(1,545円/税込)。

どれもお土産にしたくなる、おしゃれなアイテムですね。

はちまんかまどの料理

2階のカフェスペースは、ゆったり落ち着ける雰囲気。窓際の席で、外の景色を見ながら過ごすのもおすすめです。

はちまんかまどの料理

人気メニューの「ところてん」(300円/税込)を注文。
相差町では、きなこをかけて食べるとのこと。この組み合わせを初めて食べましたが、とても合います!

はちまんかまどの料理

「コーヒー」(300円/税込)もパスポートの提示で、100円引き。なにかと出費してしまう旅先では、この割引はとてもうれしい!

はちまんかまどの料理

相差町を愛する店長の杉本さん。石神さんの参道におしゃれなお店をつくることで、地元の活性化に一役買っています。

はちまんかまどの料理

店長の杉本さんのように、店先で「せーまん・どーまん看板」を持って写真を取り、SNSにその写真を投稿すると、この缶バッジをもらえます。

【海女の家 五左屋(ござや)】
住所 鳥羽市相差町神明神社参道1406
電話番号 0599-33-6770
公式URL http://www.oosatsu.net/midokoro/amanoie/
営業時間 9:00〜17:00(LO16:30)
休業日 不定休
アクセス 第二伊勢道路「鳥羽南・白木」ICより約10分

はちまんかまどの料理

ここで少し遅めの昼食タイム。
今回の旅の目玉、現役の海女さんとのふれあいができる「海女小屋 はちまんかまど」を訪れました。

はちまんかまどの料理

小屋の中は、「かまど」(囲炉裏)が二つ。
ここで海女さんに介類を焼いてもらえるとのこと。楽しみ〜!

はちまんかまどの料理

予約しておいたのは、「海女小屋体験セレブ気分コース」(4名様以上・1人6,000円/税別/写真は1名分)。
アワビをはじめとした新鮮な海の幸の迫力に圧倒されます。

はちまんかまどの料理

その海の幸を、現役の海女さんが自ら焼いてくれます。
これは食材以上に贅沢な体験ですね。海女さんとの会話も楽しい!

はちまんかまどの料理

海女さんとお話をしているうちに、アワビやサザエがあっという間に焼き上がりました!この焼きたてを食べられるなんて最高です!

はちまんかまどの料理

アツアツの海の幸に、鯛のお刺身、伊勢エビ汁が付くという、豪華すぎるメニュー。どれも新鮮さが際立ったさすがのおいしさ。

「これ以上ない贅沢」を楽しませていただきました。

はちまんかまどの料理

これだけで終わらないのが、「はちまんかまど」の海女小屋体験のすごさ。
海女さんが「自らの仕事」について、実際の道具を使って説明してくれます。

はちまんかまどの料理

体験の締めくくりには、海女さんたちが「相差音頭」を披露してくれます。この踊りを見ていると、幸せな気持ちになりました!

はちまんかまどの料理

至れり尽くせりの時間をありがとうございました!

「海女小屋 はちまんかまど」の詳しい取材レポートはこちら!

【海女小屋 はちまんかまど】
住所 鳥羽市相差町819
電話番号 0599-33-1023(兵吉屋)
公式URL http://amakoya.com
営業時間 10:30〜17:00 ※要予約、詳細はHPをご覧ください
休業日 1/1〜5、8/13〜15、12/30〜31、不定休あり
アクセス 
 第二伊勢道路「鳥羽南・白木」ICより約15分、     
 JR・近鉄「鳥羽」駅からの無料送迎「海女ばす」運行(約25分)

はちまんかまどの料理

旅のラストに立ち寄ったのが、大きな船がインパクト大のお店、「伊勢志摩みやげセンター王将」鳥羽本店です。

カテゴリー
文化&寺社仏閣 モデルコース
季節
オールシーズン
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県内のバラ園・ローズガーデン特集!5月から6月にかけて楽しめるバラの名所を紹介!

    三重県内のバラ園・ローズガーデン特集!5月から6月にかけて楽しめるバラの名所を紹介!

    2022.05
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    2020.08

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

夕日に映える伊勢の花畑「花開道」
夕日に映える伊勢の花畑「花開道」
掲載日:2022.05.20
夕日に映える伊勢の花畑「花開道」

フォトコンテスト

九木神社からの眺望
九木神社からの眺望
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)では、第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」が令和4年4月16日(土)から6月12日(日)まで開催されています。この企画は、令和2年に開催予定であったものがコロナ禍の...

    #
  • お伊勢さんの「湯ごり」の地にある「湯元榊原館」を取材してきました!【あんしんみえリア優秀店】

    お伊勢さんの「湯ごり」の地にある「湯元榊原館」を取材してきました!【あんしんみえリア優秀店】

    お伊勢さんの湯ごりの地として知られる「湯本榊原館」。でも魅力は温泉だけじゃありません。湯、食、歴史、美、時と五感で味うことができる癒しの温泉旅館!
    徹底した感染対策により安心した温泉旅行を楽しむことができます。

    #
  • 日本神話の体験施設「おかげ座神話の館」で伊勢のはじまりを体験しよう!【あんしんみえリア優秀店】

    日本神話の体験施設「おかげ座神話の館」で伊勢のはじまりを体験しよう!【あんしんみえリア優秀店】

    伊勢神宮の内宮で祀られている神様といえば、日本神話の主神「天照大神」。
    おかげ座神話の館では天照大神が登場する日本神話について、分かりやすい映像と展示で学ぶことができます。
    古来より人々がなぜ「伊勢」を求めたのか。内...

    #

季節おすすめ記事

  • ともやま公園(桐垣展望台)は夕日が望める絶景スポット。見所を紹介します

    ともやま公園(桐垣展望台)は夕日が望める絶景スポット。見所を紹介します

    志摩市の「ともやま公園」は英虞湾と夕日を望める絶景スポット!園内の桐垣展望台は夕日の名所でもあるんです。夕日の時間帯やアクセス方法、見所を詳しく紹介します。

    #
  • ロケ地の98%が伊勢志摩!!映画『ニワトリ☆フェニックス』ロケ地巡りの旅

    ロケ地の98%が伊勢志摩!!映画『ニワトリ☆フェニックス』ロケ地巡りの旅

    井浦新(いうらあらた)、成田凌(なりたりょう)を主演とし、かなた狼監督が新たにお送りする映画『ニワトリ☆フェニックス』の98%が、三重の伊勢志摩で撮影されました。そのロケ地の中から、気になったポイントをASOBISIAがチョイス...

    #
  • 1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

    1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

    伊勢志摩の英虞湾に面した高台に立つ日本旅館「汀渚ばさら邸」。空間の立体的な広がりを意識してデザインされた客室はすべてしつらえが異なり、全室客室露天風呂付き。
    館内は他の宿泊者となるべく接触がないように設計されており、...

    #
ページトップ