取材レポート

相差町を最高に楽しむモデルコース♪ 人気スポットを日帰りで巡ってみました♪

掲載日:2018.07.21

3,728ビュー

今回の旅の舞台は、鳥羽市。「日本一海女が多い町」鳥羽市相差(おうさつ)町などを巡り、「海女文化」を満喫してきました!「女性の願いなら必ず一つは叶えてくれる」として人気の「石神さん」にお参りして、現役の海女さんが焼いてくれる新鮮な海の幸を堪能!鳥羽市の旅のレポートをぜひご覧ください。

はちまんかまどの料理

今回の旅は、「日本一海女が多い町」鳥羽市相差(おうさつ)町を訪れ、このまちを中心に鳥羽市の魅力をじっくり探ってみたいと思います。

まずは「相差海女文化資料館」へ。

はちまんかまどの料理

館内には、伊勢志摩鳥羽の観光パンフレットが数多く揃っています。テレビや雑誌の取材で訪れた有名人の写真もたくさん飾られていて、つい見入ってしまいます。

はちまんかまどの料理

奥にある展示スペースでは、相差の歴史や海女の暮らし、海女漁などについて、さまざまな資料で紹介されています。
中央にある「海女の等身大の人形」はなかなかリアル!

【相差海女文化資料館】
住所 鳥羽市相差町1238
電話番号 0599-33-7453
公式URL http://www.toba.or.jp/amabunka/amabunka.htm
営業時間 9:00〜17:00
休業日 年末年始
料金 無料
アクセス 第二伊勢道路「鳥羽南・白木」ICより約10分

はちまんかまどの料理

「相差海女文化資料館」のすぐ脇にあるゆるやかな坂道。この道を歩くだけでも、風情を感じますね。
この先に、海女さんの間で古くから「女性の願いを一つ叶えてくれる」と信仰されている「石神さん」があるとのこと。

はちまんかまどの料理

「相差海女文化資料館」から歩くこと約5分。「神明神社(しんめいじんじゃ)」の鳥居に到着。この神社の参道にあるのが「石神さん」です。

はちまんかまどの料理

参拝の作法として正しいのは、境内の一番奥にある「本殿」からお参りすること。
相差の氏神さまで、天照大神の主宰神として祭られています。ここでまず日頃の感謝を伝えました!

はちまんかまどの料理

本殿の隣にある「長寿の館」。参拝者は、鎮座する御神木のクスノキにふれることができ、長寿にあやかれるようになっています。
荘厳な大木はまさにご利益がありそうで、やさしくなでなで。

はちまんかまどの料理

そして、いよいよ「石神さん」へ。その前に「祈願用紙」に、心に決めた願い事を一つ書き入れます。

はちまんかまどの料理

鈴を鳴らしてから、祈願用紙を願い箱へ。二礼二拍手一礼の参拝方法で、気持ちを込めてお願いをしました!
平日にもかかわらず、若い世代や年配の方まで、多くの女性が参拝に訪れていました。

はちまんかまどの料理

参拝者に人気なのが、「石神さんお守り」。左が海女さんの磯着に見立てた麻布のお守り(800円/税込)で、右がストラップお守り(1,000円/税込)。
それぞれの裏側には、星(セーマン)と格子(ドーマン)の「魔よけのマーク」が描かれています。これは大事に持っておこう。

はちまんかまどの料理

「お礼参り絵馬掛け」には、たくさんの絵馬が!!これが「石神さん」のパワーを証明していますね。「必ずお礼参りに来よう」と心に決めました。

【石神さん(神明神社)】
住所 鳥羽市相差町1385
電話番号 0599-33-7453(相差海女文化資料館)
公式URL http://www.oosatsu.net/midokoro/ishigami/
アクセス 第二伊勢道路「鳥羽南・白木」ICより約10分

はちまんかまどの料理

帰りの参道を歩いている途中で、「行き」に気になっていたお店へ。
古民家を改装したショップ&カフェ「海女の家 五左屋(ござや)」です。

はちまんかまどの料理

1階がショップになっていて、相差の海女さんに関するグッズや地元の特産品など、幅広いラインナップ。
そのディスプレイにもこだわりを感じます!

はちまんかまどの料理

「五左屋」の人気商品を集めてみました!「手前左」は、人気NO.1の「がーぜはんかち」(380円/税込)。「手前右」は、オリジナル商品「どーまん・せーまん 叶え香」(925円/税込)。「奥左」は、「香りの石いかり」(1,545円/税込)。

どれもお土産にしたくなる、おしゃれなアイテムですね。

はちまんかまどの料理

2階のカフェスペースは、ゆったり落ち着ける雰囲気。窓際の席で、外の景色を見ながら過ごすのもおすすめです。

はちまんかまどの料理

人気メニューの「ところてん」(300円/税込)を注文。
相差町では、きなこをかけて食べるとのこと。この組み合わせを初めて食べましたが、とても合います!

はちまんかまどの料理

「コーヒー」(300円/税込)もパスポートの提示で、100円引き。なにかと出費してしまう旅先では、この割引はとてもうれしい!

はちまんかまどの料理

相差町を愛する店長の杉本さん。石神さんの参道におしゃれなお店をつくることで、地元の活性化に一役買っています。

はちまんかまどの料理

店長の杉本さんのように、店先で「せーまん・どーまん看板」を持って写真を取り、SNSにその写真を投稿すると、この缶バッジをもらえます。

【海女の家 五左屋(ござや)】
住所 鳥羽市相差町神明神社参道1406
電話番号 0599-33-6770
公式URL http://www.oosatsu.net/midokoro/amanoie/
営業時間 9:00〜17:00(LO16:30)
休業日 不定休
アクセス 第二伊勢道路「鳥羽南・白木」ICより約10分

はちまんかまどの料理

ここで少し遅めの昼食タイム。
今回の旅の目玉、現役の海女さんとのふれあいができる「海女小屋 はちまんかまど」を訪れました。

はちまんかまどの料理

小屋の中は、「かまど」(囲炉裏)が二つ。
ここで海女さんに介類を焼いてもらえるとのこと。楽しみ〜!

はちまんかまどの料理

予約しておいたのは、「海女小屋体験セレブ気分コース」(4名様以上・1人6,000円/税別/写真は1名分)。
アワビをはじめとした新鮮な海の幸の迫力に圧倒されます。

はちまんかまどの料理

その海の幸を、現役の海女さんが自ら焼いてくれます。
これは食材以上に贅沢な体験ですね。海女さんとの会話も楽しい!

はちまんかまどの料理

海女さんとお話をしているうちに、アワビやサザエがあっという間に焼き上がりました!この焼きたてを食べられるなんて最高です!

はちまんかまどの料理

アツアツの海の幸に、鯛のお刺身、伊勢エビ汁が付くという、豪華すぎるメニュー。どれも新鮮さが際立ったさすがのおいしさ。

「これ以上ない贅沢」を楽しませていただきました。

はちまんかまどの料理

これだけで終わらないのが、「はちまんかまど」の海女小屋体験のすごさ。
海女さんが「自らの仕事」について、実際の道具を使って説明してくれます。

はちまんかまどの料理

体験の締めくくりには、海女さんたちが「相差音頭」を披露してくれます。この踊りを見ていると、幸せな気持ちになりました!

はちまんかまどの料理

至れり尽くせりの時間をありがとうございました!

「海女小屋 はちまんかまど」の詳しい取材レポートはこちら!

【海女小屋 はちまんかまど】
住所 鳥羽市相差町819
電話番号 0599-33-1023(兵吉屋)
公式URL http://amakoya.com
営業時間 10:30〜17:00 ※要予約、詳細はHPをご覧ください
休業日 1/1〜5、8/13〜15、12/30〜31、不定休あり
アクセス 
 第二伊勢道路「鳥羽南・白木」ICより約15分、     
 JR・近鉄「鳥羽」駅からの無料送迎「海女ばす」運行(約25分)

はちまんかまどの料理

旅のラストに立ち寄ったのが、大きな船がインパクト大のお店、「伊勢志摩みやげセンター王将」鳥羽本店です。

カテゴリー
文化&寺社仏閣 モデルコース
季節
オールシーズン
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    2021.07
  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス!<br />
暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪<br />

    「秋の桜」コスモス!
    暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪

    2020.09
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」
菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」
掲載日:2021.10.19
菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」

フォトコンテスト

三重の嵐山
三重の嵐山
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 歴史と秋風感じる絶景!斎宮のコスモス畑をご紹介!

    歴史と秋風感じる絶景!斎宮のコスモス畑をご紹介!

    三重県多気郡明和町に所在する日本遺産「斎宮」
    夏の残暑が落ち着くと、歴史ある斎宮が秋風に揺れるコスモスで彩られます。
    今回はコスモスが咲く斎宮跡の魅力をご紹介します!

    #
  • 「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】

    「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】

    元体操のお兄さんの「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家「浅田政志」さんから人物撮影や家族写真のレクチャーを受ける様子をお届けします。

    #
  • 『浅田家』写真家・浅田政志が高田本山など地元津市のゆかりの場所をめぐる。

    『浅田家』写真家・浅田政志が高田本山など地元津市のゆかりの場所をめぐる。

    写真家・浅田政志さんがみえ旅カメラ部部長に就任!後編では、映画「浅田家!」のロケ地となった高田本山や浅田さんの高校時代のアルバイト先の焼肉天福などを巡ります♪浅田さん本人が撮影した浅田さんならではの写真は必見!!

    #

季節おすすめ記事

  • 東紀州へいらっしゃい!熊野尾鷲道路開通記念キャンペーン♪

    東紀州へいらっしゃい!熊野尾鷲道路開通記念キャンペーン♪

    PR

     2021年8月29日に三重県の尾鷲北ICから尾鷲南ICまでをつなぐ国道42号「熊野尾鷲道路(Ⅱ期)が全線開通!開通を記念して、近隣の5市町で3,000円以上のご利用で、それぞれの地域ならではの景品がもらえるプレゼントキャンペーンを実...

    #
  • 【あんしんみえリア優秀店レポート】「三重の食彩酒場 みえやに」は郷土愛に満ち溢れた居酒屋。三重県産の食材と料理でおもてなし。

    【あんしんみえリア優秀店レポート】「三重の食彩酒場 みえやに」は郷土愛に満ち溢れた居酒屋。三重県産の食材と料理でおもてなし。

    全メニューに三重県産の食材を使うことを目指す居酒屋「みえやに」。食材の仕入先は8割が三重県であり、醤油・味噌・塩などの調味料も三重県産を使うなど、地産地消へのこだわりが強いお店です。三重の食材たっぷりなランチメニュー...

    #
  • "自衛隊体操"で話題!三重県出身の元自衛官「かざり」さんが【みえ旅YouTube隊】特別派遣隊員に!

    "自衛隊体操"で話題!三重県出身の元自衛官「かざり」さんが【みえ旅YouTube隊】特別派遣隊員に!

    “恐ろしく美しい”元自衛官タレントとして、多方面で活躍するかざりさんに、現在の活動や三重県の魅力、みえ旅YouTube隊への意気込みについてお伺いしました。

    #
ページトップ