• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 古きよき街並み「東海道関宿」で、「見て」「食べて」「体験」できる注目スポットをご紹介!
取材レポート

古きよき街並み「東海道関宿」で、「見て」「食べて」「体験」できる注目スポットをご紹介!

10,285ビュー

東海道五十三次の47番目の宿場町として知られる「関宿」。国の重要伝統的建造物群保存地区でもあり、当時の貴重な建物が数多く残るその景色はまさに圧巻です。今回は、関宿の街並みを楽しみながら「見て」「食べて」「体験」できるスポットをご紹介します!何となく懐かしさや温かみを感じる関宿。ぜひ一度訪れてみませんか?

関宿(三重県亀山市)

東海道五十三次の47番目の宿場町として知られる「関宿(せきじゅく)」。
関宿では、当時の街並みを楽しみながら、「見て」「食べて」「体験」できるスポットがいくつもあるのでご紹介します!

関宿(三重県亀山市)

まずは、貴重な「体験」ができるスポットをご紹介。
関宿は中町(なかまち)から少し歩いたところにある「工房 而今禾(ジコンカ)」。
こちらはオリジナルの布製品の染めだけでなく、染め直しもできる工房として2018年10月にオープン。
今回は、持参した布製品を使って藍染め体験をしてきました!

関宿(三重県亀山市)

工房而今禾には二つの藍甕(あいがめ)があり、徳島県で作られたスクモを使った天然灰汁発酵建てによる藍染めが行われています。
今回は、オフホワイトのフェイスタオルと淡い黄緑色のランチマットを藍染め。

ちなみに当日の持ち物は、ビニール手袋(必要な方)・染める布や衣類・染めた布を入れるビニール袋・エプロン・タオルです!

関宿(三重県亀山市)

ゆっくりと藍液につけ、引き上げて絞って軽く風にさらす工程を3回ほど繰り返します。
実は甕(かめ)の中の藍液、ほんのり温かくてとても気持ちいい!というのも、26度くらいに保たれているからなのです。

甕はとても深いため、布を離すと甕の底に沈んでしまい、布にスクモが付着してしまいます。
手を放さないように持ち手を変えながら、酸素を藍液に入れないように静かに漬け込むのがポイント。

関宿(三重県亀山市)

最後に井戸水できれいにすすぎ、脱水して天日に干します。
今回、ここまでの作業時間はおよそ30分。ただし、染める布の大きさや染めたい色の濃さによって異なるようです。

オフホワイトのタオルも、こんなに色鮮やかな藍の色に染まりました!

関宿(三重県亀山市)

布をしばらくお日様に干す間 、工房内を見学。
こちらはお茶室スペース。もともとは古民家なので、お庭もまさに絶景です!
ゆっくりとくつろげるようになっていて、イベント時などに使われるとのこと。

干している時間はおよそ30分、紫外線に当てて藍の色を布に定着させていきます。
体験中に完全には乾かないので、ある程度干したらビニール袋に入れてお持ち帰り。

関宿(三重県亀山市)

藍染めは古くから着物や野良着などに施され、毎日の暮らしに寄り添う存在でした。
写真は、江戸時代、実際に使用されていた足袋。下の足袋は藍染めが施されていて、今も変わらぬ藍の鮮やかさにビックリ。
この他にもさまざまな藍の古布を見せていただけます。

関宿(三重県亀山市)

藍染め体験後にいただいたのが「藍の葉茶」とドライフルーツ(なつめ)。お茶うけはその時々で、木の実やドライフルーツの種類が変わるとのこと。

藍染めに触れ、古来の暮らしに思いを馳せながら味わってみてはいかが?

【工房 而今禾(ジコンカ) 基本情報】
・住所:三重県亀山市関町木崎250-1
・電話番号:0595-96-3339
・駐車場:あり
・営業時間:10:00~12:00(事前確認要)
・定休日:藍染体験は予約制のため、事前確認要
・公式URL:http://www.jikonka.com/
・藍染め体験料金:40円/g
 ※お一人様 250グラムが目安
 ※1日に4名様まで

関宿(三重県亀山市)

関宿の街並みに、真っ白なのれんを発見!
こちらも2018年10月にオープンされた食工房「Cercle(セルクル)」。
アメリカンビーフを使った料理がご自慢のお店です。ランチタイムの落ち着いた頃、お邪魔させていただきました。

関宿(三重県亀山市)

靴を脱いで店内に入ると、左手にテーブル席とカウンター席が。温かみのある照明と外光がほどよく当たる落ち着いた空間です。
木目調の店内は目にも優しく、ついつい長居してしまいそうな雰囲気であふれています。

関宿(三重県亀山市)

スペシャルランチセット3つのなかから「ローストビーフ」(税込1,800円)を注文。
前菜は海の幸の白ワイン蒸し、そしてメインのローストビーフにスープ・サラダ・ライス・漬物がついてボリューム満点!

この他には、ハンバーグ(税込1,500円)、ヒレカツ(税込2,200円)があり、ヒレステーキ丼(税込1,800円)など丼物もラインナップ。

関宿(三重県亀山市)

食後は、ドリンク(コーヒー・紅茶)+週替わりデザート(税込500円)をいただきました。
今回は抹茶のシフォンケーキ。なんと、デザートはオーナーの娘さんが担当とのこと!
ほどよい生クリームの甘さとイチゴの甘酸っぱさがマッチして、最後まで大満足のランチタイムでした!

関宿(三重県亀山市)

入口のレジカウンターを挟んで右手に進むと、ソファーが置かれたギャラリースペース。そして広い畳の間には釣り釜と、奥には風情ある中庭が。
実はCercleさんの建物自体、ペリー来航(1853年)と同じ年に建てられた古民家を使用されているのです!
こちらでは先日お茶会が催され、多くの人で賑わったのだそう。

関宿(三重県亀山市)

オーナーの奥様が、リメイクした洋服や雑貨を販売してみえるとのことで、今回は日傘をチェック!
中央左の鯉柄は、赤ちゃんの産着をリメイクしたもの。

どれもすべて一点もので、古いものを大切に慈しむ気持ちが「関宿」に重なるひと時でした。

【「食工房 Cercle(セルクル)」基本情報】
・住所:三重県亀山市関町木崎558
・電話番号:0595-86-5127
・駐車場:あり(12台)
・営業時間
 ランチタイム11:30~14:30(ラストオーダー 14:00)
 ティータイム14:00~17:00
・定休日:水・木・金曜日
・公式URL:https://cercle.therestaurant.jp/

関宿(三重県亀山市)

関宿の街並みを歩いていると、何やら職人さんの姿を発見。
こちらは明治15年創業の「桶重」。三重県指定伝統工芸品に指定されている「関の桶」を熟練の技で手づくりしてみえます。
店内に入り、作業風景を見学させていただきました。

関宿(三重県亀山市)

桶重の四代目、服部健さん。
さまざまな工具を使い、職人技で曲がりの具合を見ながらカンナで形を整えていきます。
桶の材料は信州の椹(さわら)・杉・高野槙(こうやまき)といった木を、桶の種類に合わせて使っているとのこと。

関宿(三重県亀山市)

桶重では、手桶や寿司桶など、大小さまざまな桶を手掛けています。
すべて受注生産で、それ以外に桶の修理をお願いされることも多いとか。
桶の裏面にあるのは、「関の桶」の焼印。この印があったら、関宿にあるこちら「桶重」産まれの「桶」ですよ!

関宿(三重県亀山市)

上の写真は、二代目のご主人。
大きな味噌桶を手掛けている作業風景です。これほど大きな桶であっても桶職人の手にかかれば、長く使える立派な桶に仕上がります。

そして下の写真は三代目のご主人。
こちら、先ほど四代目が座っていた場所と同じなのがわかるでしょうか?

創業当初から変わらぬ姿で関宿にたたずむ桶重。普段見ることのできない、語り継がれた伝統技術に触れることができます。

桶重の主人も登場する、関宿の伝統を受け継いできた人々の動画をぜひご覧ください。

【桶重 基本情報】
・住所:三重県亀山市関町中町474-1
・電話番号:0595-96-2808
・駐車場:なし

関宿(三重県亀山市)

関宿を散策して疲れたら、ちょっと足を休めて休憩しませんか?
こちらは足湯「小萬の湯」。関宿観光駐車場の東隣に位置し、無料で足湯を楽しむことができます。

関宿(三重県亀山市)

広々とした作りなので、ゆったりのんびり過ごせます。
源泉は関宿温泉自噴水で、パイプで運ばれ希釈・循環加温のうえ利用されています。
疲れたときに足を温めると、すっきりとして気持ちよく、帰り際に利用するのもおすすめ。駐車場からすぐなので、気軽に入れるのも◎。

関宿へ遊びに来たなら、ぜひ立ち寄ってみてはいかがですか?

【亀山市関宿足湯交流施設「小萬の湯」基本情報 】
・住所:三重県亀山市関町新所1974番地1(関宿観光駐車場東隣)
・電話番号:0595-96-1215(亀山市観光振興室)
・駐車場:あり
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:月曜日(月曜日が祝日又は振替休日にあたるときは、その翌日)・年末年始
・公式URL:https://www.city.kameyama.mie.jp/soshiki/seibun/chiikikanko/kankokoryu/docs/2014112312201/

東海道関宿

住所
亀山市関町木崎、中町、新所
電話番号
0595-97-8877(亀山市観光協会)
公式URL
https://www.city.kameyama.mie.jp/soshiki/seibun/chiikikanko/kankokoryu/docs/2014112312294/
公共交通機関でのアクセス
JR関駅から徒歩約5分
車でのアクセス
名阪国道関ICから約5分
カテゴリー
文化&寺社仏閣
季節
オールシーズン
エリア
北勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    2022.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    2020.08

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

かざはやの里とは?季節の花が楽しめる園内の見どころや駐車場を紹介します
かざはやの里とは?季節の花が楽しめる園内の見どころや駐車場を紹介します
掲載日:2022.06.27
かざはやの里とは?季節の花が楽しめる園内の見どころや駐車場を紹介します

フォトコンテスト

梅雨の朝熊登山
梅雨の朝熊登山
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 花手水とは?癒やしの花アートで大注目!おすすめの神社・お寺も紹介します

    花手水とは?癒やしの花アートで大注目!おすすめの神社・お寺も紹介します

    コロナ渦になってから全国の神社やお寺に広がりを見せる花手水。手水舎にプカプカと浮かぶ季節の花がとっても可愛く、SNSでも大人気!そもそも花手水は何のためにあるのか、どこで見られるのか、作り方やどのくらい持つのかを解説しま...

    #
  • 外宮・内宮をお参りしたら、「河崎・勢田川」で伊勢の暮らし・文化を体験しよう!

    外宮・内宮をお参りしたら、「河崎・勢田川」で伊勢の暮らし・文化を体験しよう!

    伊勢まちづくり株式会社は、観光庁の「地域の観光資源の磨き上げを通じた域内連携促進に向けた実証事業」として、下記の実証事業を関連団体、関連事業者等連携して実施します。

    ・伊勢河崎デジタル周遊パス「伊勢の台所河崎蔵まち...

    #
  • 三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)では、第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」が令和4年4月16日(土)から6月12日(日)まで開催されています。この企画は、令和2年に開催予定であったものがコロナ禍の...

    #

季節おすすめ記事

  • 三重県の花手水スポット7選!紫陽花の花手水も紹介します

    三重県の花手水スポット7選!紫陽花の花手水も紹介します

    三重県内で花手水(はなちょうず)を見られる神社やお寺、花園を厳選してご紹介!6月に紫陽花の花手水が見られる場所も詳しく解説します。

    #
  • 大王埼灯台の魅力を紹介!駐車場やアクセス方法も解説します

    大王埼灯台の魅力を紹介!駐車場やアクセス方法も解説します

    大王埼灯台(大王崎灯台)は三重県志摩市大王町にある灯台で、大王崎という岬に建っています。全国に16ある登れる灯台の1つで、展望エリアは海を一望できる絶景ポイント!この記事では大王埼灯台の魅力や駐車場、アクセス方法を紹...

    #
  • 【東海近郊・東海エリア】絶景の花畑・花の名所!三重県にあるおすすめスポットや見頃の時期などを紹介します

    【東海近郊・東海エリア】絶景の花畑・花の名所!三重県にあるおすすめスポットや見頃の時期などを紹介します

    実は、三重県は花の名所なんです!
    バラ、あじさい、ひまわり、コスモス、梅、桜、藤♪
    見頃の時期やおすすめスポットも紹介しています。
    ぜひ、ご覧ください。

    #
ページトップ