取材レポート

伊勢神宮・内宮の別宮が志摩にある!? 神秘さが漂う「伊雑宮」(いざわのみや)へ。

掲載日:2018.12.07

伊勢神宮の別宮である志摩市の「伊雑宮」に行ってきました!「お伊勢さん」と親しまれる伊勢神宮は、「内宮と外宮だけではない」んです!正式名称「神宮」といい、内宮・外宮の両正宮を中心として14社の別宮、109社の摂社・末社・所管社あわせて125社の総称です。その別宮の一つ、志摩市に鎮座する「伊雑宮」をご紹介します。

伊雑宮

「お伊勢さん」と親しまれる伊勢神宮は、「内宮と外宮だけではない」ということはご存知ですか。
正式名称は「神宮」で、皇大神宮(こうたいじんぐう/内宮)、豊受大神宮(とようけだいじんぐう/外宮)の両正宮を中心として、14社の別宮(べつぐう)、109社の摂社・末社・所管社あわせて125社の総称です。

その別宮の一つ、志摩市に鎮座する「伊雑宮(いざわのみや)」へ行ってきました。
※取材日:2018年12月7日(金)


伊雑宮

「伊雑宮」がある志摩市の「上之郷」(かみのごう)は、伊勢道・鳥羽道など、交通の要衝として発展した地域。今は閑静な住宅地になっていますが、そのまち並みからは、旅館や商店が立ち並んでいた当時の面影が感じられます。

駐車場に車を停め、風情あるまち並みを歩いていると、入口に到着。「正宮につぐ重要なお宮」だという「別宮」とはどんな場所なのか、楽しみです。

伊雑宮

鳥居をくぐり、境内に入ると、右手にあるのが、「宿衛屋」(しゅくえいや)。

ここで、お札やお守、御朱印などが受けられます。
パンフレットも置いてあります。

伊雑宮

「宿衛屋」の向かい側にあるのが、「手水舎」(てみずしゃ)。

ここで両手を清め、清々しい気持ちでお参りへ。

伊雑宮

自然あふれる参道は、正宮にひけをとらないほど、美しい光景が広がっています。

静寂に包まれた空間の中を歩いているだけで、心が洗われていくような気持になってきました。

伊雑宮

「忌火屋殿」(いみびやでん)と「祓所」(はらえど)。

「忌火」とは、「清浄な火」という意味で、火鑽具(ひきりぐ)を用いて火を起こし、お供えものを準備します。
「忌火屋殿」の前庭は、「祓所」と呼ばれ、祭典の前に神饌と神職を祓い清めます。

伊雑宮

参道を歩いていて驚いたのが、2本並んだ大きな杉の木があること。

1本は天に向かって真っすぐ伸び、片方は斜めに傾いたまま成長しています。
このような木にも神々しさを感じますね。

伊雑宮

ついに、伊雑宮の本殿に到着!

神宮では、20年に1度、殿舎や御装束神宝を新たにして大御神(おおみかみ)にお遷りを願う「式年遷宮(しきねんせんぐう)」を行います。

第62回式年遷宮が、平成25年秋に両正宮で行われ、伊雑宮でも、平成26年秋に式年遷宮が行われました。

伊雑宮

「伊雑宮」は、古くから「天照大御神」(あまてらすおおみかみ)の「遙宮」(とおのみや)として広く信仰を集め、地元の人々によって海の幸、山の幸の豊饒(ほうじょう)が祈られてきました。

その歴史に想いを馳せながら、参拝。

※「遙宮」:神宮から遠く離れた「別宮」を意味します。

伊雑宮

境内にある「勾玉池」(まがたまいけ)。

そのネーミングの通り、本当に勾玉の形をしていますね!

伊雑宮

「伊雑宮」を離れ、南へ歩いていくと、「磯部の御神田」(おみた)という文字が刻まれた石碑を発見。

「御神田」とは、伊雑宮の南側に隣接する御料田(ごりょうでん)とのこと。

伊雑宮

【写真提供:志摩市観光協会】

毎年6月24日に「御神田」で行われる「伊雑宮の御田植祭(おたうえまつり)」の様子。

その始まりは、鎌倉時代もしくは平安時代の末期ともいわれ、「磯部の御神田」という名で、国の重要無形文化財に指定されています。
近郷漁村の青年たちが大きな団扇(うちわ)のついた忌竹(いみだけ)を奪い合う「竹取神事」などが行われ、多くの人で賑わいます。


伊雑宮

「伊雑宮」より800メートルほど南にある「佐美長神社」(さみながじんじゃ)は、「伊雑宮所管社」の一つ。

「所管社」とは、正宮や別宮に直接関わりがある神々が祀られている神社のこと。
伊雑宮だけでも5社の所管社があるということもびっくり!

伊雑宮

「佐美長神社」の「本殿」。お祀りされている「大歳神」(おおとしのかみ)は今も地主の神として崇められ、地鎮(とこしずめ)などの信仰があります。

正宮と関わりの深い神をまつる格の高いお宮である「別宮」。
その一つ、「伊雑宮」の自然や空気からは神聖なパワーを感じ、参拝を終えると心身ともに清められた気持ちになりました。

「磯部の御神田」や「佐美長神社」など、「伊雑宮」にまつわる歴史も学び、改めて「神宮」の奥深さを知りました。

【伊雑宮(いざわのみや)】
住所 志摩市磯部町上之郷
電話番号 0599-55-0038
公式URL  http://www.isejingu.or.jp/about/naiku/izawa.html
アクセス 近鉄「上之郷」駅より徒歩3分、第二伊勢道路「白木」ICより約10分
駐車場 あり

季節
冬(12~2月)
エリア
伊勢志摩

観光三重ピックアップ!

  • 三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    2020.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    2020.06

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!
「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!
掲載日:2020.07.03
「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!

フォトコンテスト

鬼ヵ城の星空と一つの灯り
鬼ヵ城の星空と一つの灯り
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

季節おすすめ記事

  • 料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    古くから大和、山城、伊勢を結ぶ交通の要衝として栄えた、三重県伊賀市島ヶ原にある創業125年を超える醤油蔵『福岡醤油店』がお届けする、手間暇惜しまずこだわりを追求した昔変らぬ手作りの味。創業以来の蔵と杉桶から生まれる究極の...

    #
  • 日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    1908年三重県津市において日本画家でもあった森田庄三郎が朧染タオル製造法の特許を取得し創業した『おぼろタオル』

    ボリューム感がありながら驚くほどの軽量感と高い吸水性・速乾性を持つ『百年の極』と100年以上にわたり愛されて...

    #
  • 玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の指定文化財「玄甲舎(げんこうしゃ)」が、令和2年6月より一般公開を開始しました!
    江戸時代後期に田丸城主久野家の家老を務めた金森得水の茶室兼別邸で、風格を漂わす日本家屋の空間に、しみじみと心を落ち着けることがで...

    #
ページトップ