• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 新大仏寺は「穴場紅葉スポット」! 境内を美しく染め上げる紅葉を堪能してきました!【取材日:2018年11月12日】

取材レポート

新大仏寺は「穴場紅葉スポット」! 境内を美しく染め上げる紅葉を堪能してきました!【取材日:2018年11月12日】

掲載日:2018.11.20

5,704ビュー

三重県内には、紅葉スポットが目白押し。今回は、伊賀市にある「新大仏寺」に行ってきました。新大仏寺は「知る人ぞ知る」紅葉の穴場スポット。そこにはとても素敵な紅葉の風景があり、静かに流れる時間にも癒されました。紅葉の穴場スポット新大仏時の見どころなど詳しくご紹介します。

新大仏寺 紅葉

秋のお出かけといえば「紅葉」ですよね!
三重県にはたくさんの紅葉スポットがありますが、今回は穴場の紅葉スポット、伊賀市にある「新大仏寺」に行ってきました!

【取材日:2018年11月12日】

津市の市街地から「国道163号線」を使って、伊賀方面へ車を走らせること、約45分。

「東大寺伊賀別所 新大仏寺」という大きな看板が!!それを右折するとすぐ、趣のある門構えのお寺「新大仏寺」が見えてきました。

一説には、東大寺の大仏殿を復興する際に、モデルになったともいわれる歴史あるお寺です。

新大仏寺 紅葉

境内に入ると、さっそく、迫力のある景色が目に飛び込んできました!

大きなモミジの木が美しく色づいています。

新大仏寺 紅葉

びっくりしたのが、その境内の広さ!11棟の諸堂からなり、伽藍内には木造では類を見ない大きさの大仏様をはじめ、多数の重要文化財などが安置されているとのこと。

境内の奥につながる道を進みます。視点を変えると、また異なる表情の風景を楽しめますね。

新大仏寺 紅葉

周囲を見渡しながら歩いていると、各所に素敵な風景が!
このような細い道と美しい紅葉にも心惹かれます。

新大仏寺 紅葉

これが、市指定文化財の「大仏殿」。
間口6間半、奥行8間半の大仏様式の建物で、荘厳さを感じます!

新大仏寺 紅葉

大仏殿から、歩いてきた道を振り返ってみると、これもまた美しい風景が!!

左側にある赤い建物「鐘楼堂」(しょうろうどう)が景色のアクセントになっていて、見応え十分です。

新大仏寺 紅葉

敷地の一番奥に位置する「宝蔵庫」(ほうぞうこ)及び「新大仏殿」。
ここに「木造の大仏様」がお祀りされているということで、入ってみたいと思います!

新大仏寺 紅葉

4mを超える高さがある本尊の「木彫如来像」(もくちょうにょらいぞう)(快慶作)は、想像以上の大迫力!

この大仏様だけでも一見の価値がありますね。
地元では、「阿波の大仏さん」として親しまれています。

新大仏寺 紅葉

この「新大仏殿」には、もう一つ重要文化財「俊乗房重源上人座像」(しゅんじょうぼうちょうげんしょうにんざぞう)が安置されています。

俊乗房重源上人は、平安時代末期から鎌倉時代に活躍した僧で、東大寺 大勧進職(寺院建立を取り仕切る最高責任者)として、源平の争乱で焼失した奈良東大寺を復興させた人物です。

新大仏寺 紅葉

このお寺の「最大の見所」を堪能した後は、「インスタ映えする写真」を撮るために、周辺をゆっくり散策。

緩やかな坂道になっている遊歩道を歩いて、高台へ。
一際美しく色づいた木と、お寺がきれいに溶け合う風景を見つけることができました!

新大仏寺 紅葉

大仏殿の向かい側にある山を少し登って、モミジの木をより近くで楽しめる場所へ。

赤と黄、緑の色のバランスがきれいで、しばらく眺めていたくなる風景でした。

新大仏寺 紅葉

お寺を案内してくれた副住職の松本昇正さん。
丁寧な案内をしてくださったおかげで、お寺の歴史も学ぶことができました!

松本さんによると、例年11月中旬から下旬にかけて「紅葉の見頃」を迎え、このシーズンは写真好きの方で賑わうとのこと。
取材に伺った11月12日(月)時点でこれから色づき始める木もいくつかありましたので、11月25日(日)頃までは紅葉を楽しむ事ができそうです。

春は「桜」、梅雨の時期には「あじさい」、秋には紅葉だけでなく「秋明菊」(しゅうめいぎく)など、四季折々の花々が楽しめるそうです。
県外からも多くのお客さんが訪れるのも納得。季節を変えてまた訪れたくなる場所でした!

【新大仏寺】
住所 伊賀市富永1238
電話番号 0595-48-0211
公式URL http://www.shindaibutsu.or.jp
料金 【大仏様などを収蔵した宝蔵庫の拝観料(案内付)】一人300円
アクセス 伊勢自動車道「津IC」から約40分、JR関西本線「新堂駅」から車で約35分
駐車場 あり

※掲載している情報は2018年11月12日時点のものです。
※紅葉の状況はお出かけの前に確認されることをおススメします。

三重県の紅葉スポット特集はこちら!

関連スポット

カテゴリー
花&自然&公園 文化&寺社仏閣
季節
秋(9~11月)
エリア
伊賀

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のあじさい鑑賞スポット特集!5月から6月頃楽しめるあじさいの名所をご紹介します

    三重県のあじさい鑑賞スポット特集!5月から6月頃楽しめるあじさいの名所をご紹介します

    2022.05
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    2020.08

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

夕日に映える伊勢の花畑「花開道」
夕日に映える伊勢の花畑「花開道」
掲載日:2022.05.20
夕日に映える伊勢の花畑「花開道」

フォトコンテスト

Sunset
Sunset
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 夕日に映える伊勢の花畑「花開道」

    夕日に映える伊勢の花畑「花開道」

    三重県伊勢市の「花開道」を美しく撮影する方法をご紹介。これを見ればあなたもすぐに最高の写真が撮れる⁈
    三重の若手風景写真家が教える、花開道へ撮影に行く際に知っておくべき情報を全公開!

    #
  • 三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)では、第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」が令和4年4月16日(土)から6月12日(日)まで開催されています。この企画は、令和2年に開催予定であったものがコロナ禍の...

    #
  • 志摩市観光農園の芝桜が2022年も開園!新設のネモフィラやフォトスポットも紹介します

    志摩市観光農園の芝桜が2022年も開園!新設のネモフィラやフォトスポットも紹介します

    志摩市観光農園は7種類の芝桜が広大な敷地に咲き、2022年からはネモフィラとフォトスポットが新設!この記事では2022年の開園期間や料金、見どころをご紹介!

    #

季節おすすめ記事

  • 真っ赤な紅葉が美しい「飯南高校 ハナノキ」の見頃や撮影ポイントを紹介

    真っ赤な紅葉が美しい「飯南高校 ハナノキ」の見頃や撮影ポイントを紹介

    笠松河津桜ロードは約350本の河津桜を鑑賞でき、絶景のリフレクションが見られることでSNSで話題になりました。この場所で河津桜を綺麗に撮影する方法をご紹介!

    #
  • 【紅葉の名所】天開山泰運寺の見所を紹介!駐車場・アクセス方法も解説

    【紅葉の名所】天開山泰運寺の見所を紹介!駐車場・アクセス方法も解説

    天開山泰運寺は松阪市飯高町の波瀬地区にある寺院で、子授けの観音様として親しまれています。秋は美しい紅葉が広がり、松阪を代表する秋名所の1つです。そんな泰運寺の見所や撮影ポイントをご紹介!

    #
  • 日本の棚田百選「深野のだんだん田」の歴史や見所を紹介

    日本の棚田百選「深野のだんだん田」の歴史や見所を紹介

    深野のだんだん田は松阪市飯南町の深野地区にある棚田。石積みの棚田が約120段あり、室町〜江戸時代に開拓されたと言われています。歴史ある棚田の見所や駐車場の場所、観賞スポットを紹介します。

    #
ページトップ