取材レポート

四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館の魅力を詳しく紹介します!

掲載日:2018.09.22

四日市市にある「四日市市立博物館」「GINGA PORT401(プラネタリウム)」「四日市公害と環境未来館」は、四日市の様々なことを学べる素敵な空間。四日市ぜんそくという公害を乗り越えるため、環境改善に取り組み、産業の発展と環境保全を両立した四日市市。楽しみながら学べる博物館と、世界一の星空を映し出すことのできるプラネタリウムで、さらに四日市を深く知りましょう。
なお、これらの施設三つを合わせて、「そらんぽ四日市」という名称で親しまれています。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

四日市市にある「四日市市立博物館」と「GINGA PORT401(プラネタリウム)」と「四日市公害と環境未来館」へ行ってきました!
博物館というと、ただ見て回るだけ…と思いがちですが、ここでは見るだけでなく実際に学ぶ、自分で調べるといった要素が満載なんです!今回は館内をさらに楽しむ方法もご紹介しちゃいます♪ 

近鉄四日市駅から西へ徒歩3分。すると、ガラス張りのおしゃれな建物が見えてきました!

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

四日市市立博物館、プラネタリウム、四日市公害と環境未来館の施設三つを合わせて、「そらんぽ四日市」という名称で親しまれています。
それでは、さっそく中に入ってみましょう!

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

5階建ての構造で、入ってすぐ1階がエントランスホールになっています。

1階には総合受付、ミュージアムショップ、講座室と、「四日市公害と環境未来館」の学習エリア(図書コーナー、研修・実習室)があります。
2階にあるのが「四日市公害と環境未来館」の展示エリア。
3階には「四日市市立博物館」の常設展(時空街道)と「丹羽文雄記念室」があります。
4階は「四日市市立博物館」の特別展示室。
5階には、プラネタリウム「GINGA PORT401」があります。

「四日市公害と環境未来館」と、「四日市市立博物館」の常設展(時空街道)は無料ですが、特別展示室とプラネタリウムは有料なので、まず1階で受付を済ませましょう。

それでは、1階からご紹介します。まずは博物館といえば、ミュージアムショップ!

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

博物館らしく鉱物、化石などもありますが、四日市に関するものやプラネタリウムの思い出になるような宇宙のグッズもありました!

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

企画展示に関するお土産もあります!現在ばんこ焼きのようです。
豚の蚊取り線香入れがとってもカワイイですね~♪ お帰りの際はぜひ立ち寄ってみましょう。

次は、「四日市公害と環境未来館」の図書コーナーです。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

公害、環境に関する本などを1万冊以上所蔵しているとのこと。
貸し出しもできるので、子供の学習の場にぴったりですね。
横にはちょっとした自習スペースもあるので、一緒に活用するのもいいかもしれません。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

こちらは研修・実習室ですが、あれれ…?
小学校の教室と、窓からは工場…?

なんと、このお部屋は、四日市市内の塩浜地区にある小学校を再現しており、窓からは工場風景が見えるようにようにデザインされているんです。
写真にはありませんが他にも講座室があり、そこでは様々な講演会が行われています。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

1階を一通り見終わったところで、次は「四日市市立博物館」の常設展へ行ってみましょう!
近未来なエレベーターで3階まで登ります。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

館内を見て回る前に…実は、この「四日市市立博物館」と「四日市公害と環境未来館」を回るときにとっても便利なサイトがあるのをご存じですか?
それが、展示ガイドというサイトです!
→ 展示ガイド(四日市市立博物館・四日市公害と環境未来館)

スマートフォンや、タブレットから展示ガイドを解説付きで見ることができるうえに、音声ガイドを聞いたりクイズを楽しむこともできるんです!
タブレット端末を無料で貸し出してくれるので、スマホを持っていない子どもだけでも利用できます。一緒に利用すれば、より学びが深まりそうですね。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

それでは、原始・古代から江戸時代までの四日市の歩みを紹介する展示エリア「時空街道」に行ってみましょう。

ボランティアの方がいるので、希望すれば無料で案内してもらうこともできます。
自分で見ているだけでは分からないことを質問できるので、ぜひ案内してもらいましょう!

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

中に入ってみると…弥生時代の竪穴住居が見えてきました!
まるでタイムスリップしたようです。人がとってもリアルで今にも動き出しそうです!

写真撮影OKのところも多いので、写真をとって自由研究などにも利用できます。
なのでどんどん撮っちゃいましょう。 (一部撮影禁止エリアあり)

よくよく見ていると、照明が変わっていき、季節と時間がどんどん変化していくので、同じ場所でも朝昼夜、春夏秋冬さまざまなシチュエーションで見ることができます。
一つの場所にいても飽きないですね~

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

先へ行くと、時代は一気に室町時代へ。
”四日市”の名前の由来である四のつく日に開催された”市”が再現されています。

ここは建物や人以外にも壁の背景に注目してみましょう。これを書いた人は、実はすごい人なんですって!気になる方はボランティアの方に聞いてみましょう♪

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

次は宿場町のエリアにやってきました!
旅人でにぎわっていた江戸時代の四日市を体感することができます。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

ここの人形もとってもリアルです…
よくよく見ると、背丈や骨格が現代の私たちにだんだんと近づいてる感じがしませんか?
この時空街道では、人形の背丈などのリアルさにかなりこだわって作っているそうです!訪れた時はそこにも注目して見てていきたいですね。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

まんじゅう屋の横にある高札場には幕府からのおふれが書かれています。
うーん…内容が読めない…博物館の催し物では古文書教室をやっているので、ここに通えば読めるようになるかも?!
定員がすぐ埋まる人気の催し物なので、お申し込みはお早めに!

展示エリアのラスト、四日市湊(みなと)の映像を見た後は、丹羽文雄記念室へ行ってみましょう。
四日市市出身の文化勲章受章作家である丹羽文雄氏の業績を見ることができます。
室内は写真撮影禁止なので中の様子を画像でお伝えできないのですが、ここの応接間は中に入れるようになっており、洋風の内部は一見の価値ありです!

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

続いては3階から2階へ階段を下って、「四日市公害と環境未来館」へ。
日本の四大公害病の一つ「四日市ぜんそく」を引き起こしてきた歴史と、環境改善に向けた様々な取組について学ぶことができます。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

まずは「産業の発展とくらしの変化」ゾーンへ。
戦時中~戦後の高度成長期までの様子がわかりやすく展示されています。
中でも目を引くのが、当時の生活を再現したスペース。
さっきまで人が住んでいたかのようにリアルです!戦時中の質素な暮らしがしのばれます。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

こちらは、高度成長期の生活の様子。
戦後、日本の産業は急速な発展を遂げ、人々はより便利な生活を求め、豊かになってきました。たった何年かの間で日本人の生活が驚くほど変化したことが実感できます。
しかし、これが公害への伏線だったのです、、、

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

続いては、「公害の発生」ゾーン。壁一面にズラリと並んだ写真は白黒で生々しく、公害の恐ろしさがひしひしと伝わってきます。

こちらは、当時の東京タワー周辺の写真。周りの町が立ちこめる煙で埋まってしまっています!
大量生産に伴いたくさんの工場が無造作に建てられました。公害の原因はこの工場が出す煙のようです。
工業都市の四日市も、東京同様に大気汚染が進み、健康被害が深刻化していったことが視覚的に理解できます。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

なお写真の下には、子供がのぞき込めるほどの高さの引き出しがあり、隠れた解説を見つけながらアクティブに学習を楽しむことができますよ。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

おや、ところどころにモニターがあるようです。ボタンをぽちっ!と押してみると、、、実際に四日市公害の被害にあわれた方の証言が流れてきました。
本人から語りかけられているようで、より鮮明に当時の状況を想像できますね。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

もっと知りたいと思った方には、情報検索コーナーがおすすめ。
ここでは、四日市公害にかかわった人々の貴重なインタビュー動画が自由に観覧できます。被害者側、企業側、医師側、行政側など様々な角度からの証言を聞くことができるので、立場や視点の違いによるぶつかり合いを感じてみてください。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

さらに進むと、、、なんと青空が広がっています!
ここ「環境改善の取り組み」ゾーンには、公害に対し立ち上がった様々な立場の人々の取り組みが展示されています。
たくさんの人たちの努力があったからこそ、綺麗な四日市の青空を取り戻すことができたのですね。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

おや、この興味をそそる装置は何でしょうか?
四日市公害に対策するにあたって、とても重大な働きをしたそうです。答えはご自身でお確かめを!

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

最後は、現在の四日市と環境についての展示があります。
今、当たり前にある風景や環境が、過去のとてつもない努力によって守られ保たれていること知りました。それを受け継いだ僕たちは、同じ過ちを繰り返さないために過去から学び今に生かすことができる唯一の存在なんですね。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

出口には、来館者の公害に対する思いや感想が書き綴られています。中には、外国からの来館者の方も。

等身大の模型やアクティブに学べる仕組みなど、細部への妥協しないこだわりが、まるで近代から現代までを旅してきたかのように感じさせてくれます。
そして、環境問題も四日市から始まり、日本、世界、地球のこととして捉えさせてくれます。

さあ、ついに過去から現代まで戻ってきました。次は、地球から宇宙へと旅立ちましょう!

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

5階へあがると・・ここは宇宙ステーション?
窓を模したスクリーンには宇宙が映し出され、まるで宇宙にいるように錯覚してしまいます。ここは最上階にあるGinga Port 401(ギンガポートよんまるいち)。宇宙の港を意識して作られています。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

なんとJAXAから提供された宇宙服が出迎えてくれます。

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

ハニカム構造でデザインされたコズミックギャラリーを進むと…

そらんぽ四日市(四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館)

搭乗口という表記が!
さっそくプラネタリウムで宇宙の旅へ出発!!

カテゴリー
文化&寺社仏閣 雨の日でもOK
エリア
北勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 特設サイト:安全・安心 みえの旅

    特設サイト:安全・安心 みえの旅

    2021.02
  • #AMAふれんち 鳥羽市相差の海女小屋でフレンチディナーを楽しむ夜!

    #AMAふれんち 鳥羽市相差の海女小屋でフレンチディナーを楽しむ夜!

    2021.02
  • ULTRA SALE!三重の遊び体験 ぜーんぶっ 半額!

    ULTRA SALE!三重の遊び体験 ぜーんぶっ 半額!

    2020.09
  • 【三重県民限定】県民が支える!三重県観光キャンペーン<br />
(2月15日スタート)

    【三重県民限定】県民が支える!三重県観光キャンペーン
    (2月15日スタート)

    2021.02
  • 【キャンペーン終了】県内で実施されているキャンペーンのポータルサイトとして継続中

    【キャンペーン終了】県内で実施されているキャンペーンのポータルサイトとして継続中

    2020.08

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

日本有数の大自然を独り占め!  関西屈指の秘境 奥伊勢大台で体験するワーケーションステイ
日本有数の大自然を独り占め! 関西屈指の秘境 奥伊勢大台で体験するワーケーションステイ
掲載日:2021.02.22
日本有数の大自然を独り占め! 関西屈指の秘境 奥伊勢大台で体験するワーケーションステイ

フォトコンテスト

浮遊
浮遊
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 海の博物館は「海と人間」をテーマにした日本でめずらしい博物館!昔の海の暮らしを体験しよう!

    海の博物館は「海と人間」をテーマにした日本でめずらしい博物館!昔の海の暮らしを体験しよう!

    海は私たちが生きていく上で切っても切り離せない存在です。豊かな海に恵まれ、古くから海と生きる人々の技術と知恵が受け継がれてきた鳥羽市には、海で生きる人々の暮らしや知恵を伝えていきたいという想いから創られた「海の博物館...

    #
  • 伊勢名物「へんば餅」は200年以上続くお伊勢参りゆかりのお餅!こんがり焼き目が香ばしいお餅のおいしさの秘訣に迫ります!

    伊勢名物「へんば餅」は200年以上続くお伊勢参りゆかりのお餅!こんがり焼き目が香ばしいお餅のおいしさの秘訣に迫ります!

    伊勢名物のひとつ、へんば餅を販売する老舗和菓子店「へんばや商店」。江戸時代に創業してから約200年、当時はお伊勢参りに訪れた人々の憩いの場として、今では地元民や観光客にも広く愛され続けています。両面にこんがり焼き色のつい...

    #
  • 大紀町の頭之宮四方神社は日本で唯一「あたまの宮」と名づく神社。“頭”や“知恵”に関する御神徳でパワーアップ!

    大紀町の頭之宮四方神社は日本で唯一「あたまの宮」と名づく神社。“頭”や“知恵”に関する御神徳でパワーアップ!

    度会郡大紀町にある「頭之宮四方神社(こうべのみやよもうじんじゃ)」は、頭の守り神様による御神徳が得られると、学力向上や合格祈願に訪れる学生や、仕事運アップを願う人々が県内外各地から訪れる神社で、“頭”にまつわる不思議な...

    #
ページトップ