• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • いつきのみや梅まつりのクライマックスは、梅林を背景に斎王登場!親子で楽しめるイベントで「雅」に魅了されてきました。

取材レポート

いつきのみや梅まつりのクライマックスは、梅林を背景に斎王登場!親子で楽しめるイベントで「雅」に魅了されてきました。

掲載日:2019.02.01

2,101ビュー

「いつきのみや梅まつり」は毎年2月末から3月の初めに、明和町の斎宮歴史博物館の南にある梅林の見ごろに合わせて開催されます。熱気球のフライト体験や、ゆるキャラとのふれあい、ステージイベントなど親子で楽しめるイベントも満載です。クライマックスには斎王が登場し、息を飲むような華麗な姿を見ることができます。

いつきのみや梅まつりの斎王

毎年2月末から3月の初め、明和町の斎宮歴史博物館の南にある梅林の見頃に合わせて開催される「いつきのみや梅まつり」。
第14回を迎えた今年は3月3日(土)、春の訪れを感じさせる快晴の中で開催されました。

いつきのみや梅まつりの斎王

広い芝生広場にはイベント開始前から大勢の人たちが訪れていました。
向こうには熱気球の姿も特別企画で「熱気球係留フライト体験」が開催されています。5分間の空中散歩が楽しめます。

いつきのみや梅まつりの斎王

会場にはいか焼き、たこ焼きといったおまつりの定番から地元明和町の特産品や地場野菜までさまざまな販売テントが並んでいます。
どんなお楽しみが待っているのかワクワクしますね!

いつきのみや梅まつりの斎王

“ゆるキャラ”たちも応援に駆けつけてくれています。こちらは明和町のマスコットキャラクター「めい姫」。
他にも伊勢市の「伊勢まいりんくん」や、玉城町の「玉夢(たーむ)」など南勢エリアの人気者たちが会場内に出没し、子どもたちを楽しませてくれていました。

いつきのみや梅まつりの斎王

特設ステージでは太鼓やチアダンスなど、さまざまな演目が披露されます。
地元の小学生たちが梅林をバックに披露するのは「斎王の舞(いつきのまい)」。雅な調べの中、凛とした姿が素敵です。張り詰めた中にも華麗な雰囲気を漂わせる舞に、熱心に練習を重ねてきたことが窺われます。

毎年6月には「斎王まつり」が賑わいを見せるなど、特に明和町の人にとってはなじみ深い「斎王」ですが、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。
その昔、天皇に代わって伊勢神宮の天照大神に仕えるために都から特別な皇族女性が伊勢に派遣されていました。それが斎王という存在。その斎王が暮らしていた場所がここ斎宮なのです。天武天皇(670年頃)の時代から記録に残っています。

いつきのみや梅まつりの斎王

まつり会場に隣接する斎宮歴史博物館では当時の斎宮の様子を資料や模型、映像を使って紹介しています。
また、斎宮駅北口の「いつきのみや歴史体験館」では斎王華やかなりし頃の平安時代の文化を体験できる施設で、なかでも十二単の着付け体験が大人気。ちなみに、いつきのみやというのは斎宮の別称です。

「斎王まつり」では毎年選考会で選ばれた女性が斎王役を務め、総勢120名で「斎王群行」を行い、平安時代の王朝絵巻を再現します。そんな華麗な斎王の姿を拝めるのも「いつきのみや梅まつり」の魅力ですが、それはまつりのラストを飾る話。
しばらく会場内を楽しむことにしましょう。

いつきのみや梅まつりの斎王

朝から人だかりができていたのは、梅まつり名物「梅の種飛ばし大会」。
梅林の梅から作った梅干しの種を口に含んで、思いっきり飛ばします。
梅まつりを開催するにあたって地元の人たちがどんなイベントをしようかと頭をひねっていたときに、真っ先に決まったのがこの梅の種飛ばし。第1回から実施している人気イベントなのです。

いつきのみや梅まつりの斎王

こちらの男性の視線の先、小さな梅の種が空に向かって勢い良く飛び出しているのがわかりますでしょうか?
大会はこどもの部と、大人は男女別に分かれていて、男性部門の優勝記録は10メートル以上!
そんなに飛ばすことができるものなんですね。

いつきのみや梅まつりの斎王

子どもたちの歓声が聞こえる方向へ足を向けてみると、可愛らしい動物たちと触れあう姿が。
多気町の「五桂池ふるさと村」からウサギやひよこ、モルモットなど“ふわふわ”したお客さんがやってきていたのです。

おっと、ふわふわしたものたちばかりではありませんでした。

いつきのみや梅まつりの斎王

リクガメも子どもたちの人気を集めていました。リクガメは穏やかな性格でペットとしての人気も高いんです。
そんな様子を見守る動物園担当のお兄さんは腕にトカゲを乗せて子どもたちに触らせてくれていました。

いつきのみや梅まつりの斎王

木の枝から削り出した柄の長い槌を使って、毬(木の球)を打つ遊び「 毬杖(ぎっちょう)」。
平安時代の様子を記した「年中行事絵巻」には子どもを中心に4~5人が毬杖を楽しんだ様子が描かれています。
「いつきのみや歴史体験館」でも毬杖をはじめ、「蹴鞠(けまり)」やトランプの神経衰弱のような「貝覆い」といった昔の遊びを楽しむことができますよ。

いつきのみや梅まつりの斎王

古(いにしえ)の遊びに興じた後は、一転、現代風の遊びも楽しんでみましょう。
ねじを組み合わせてロボットを作る「変形合体ネジー」は三重県生まれのおもちゃ。2体以上を組み合わせると違う形に“変形合体”します。

いつきのみや梅まつりの斎王

地元の農産物販売や特産物販売のテントが軒を連ねる中には、バルーンアートづくりもありました。
丁寧に教えてもらえるので親子で協力して作ればこんな大作も15分程で完成させることができます。

いつきのみや梅まつりの斎王

会場では手作りの甘酒を振る舞ってくれます。
暖かな日差しとまつりの賑わいの中で味わう甘酒、いつにも増して美味しく感じますね。身体もぽかぽかしてきます。

いつきのみや梅まつりの斎王

露店ではたこ焼き、イカ焼きやおでん、みたらしなどお腹を満足させてくれるメニューも揃っています。

いつきのみや梅まつりの斎王

お腹が満たされたら、お散歩も兼ねて会場内の梅林見物。
紅梅・白梅合わせて100本あまりの梅の木があり、 知る人ぞ知る名所となっています。
芝生に座って、春風に漂う梅の香りを楽しむ。なんとも風情がありますね。

会場内では5箇所に設置されたクイズを解いて回って素敵な景品をゲットする「斎王クイズラリー」も実施。中には「斎王さんは1年間に何回、伊勢神宮に行ったんでしょうか」という問題も。
答えは伊勢神宮で大切な祭りのある3回。斎王さんはそれ以外1年のほとんどを斎宮で過ごし、神々を祀る日々をおくっていたんです。

いつきのみや梅まつりの斎王

会場内を見て回っていると、ステージの辺りが賑やかになってきました。
ゆるキャラたちが「めい姫」を中心にダンスを披露。続いて「斎王の舞(いつきのまい)」も披露された後、いよいよ「斎王」の登場です。

いつきのみや梅まつりの斎王

梅林の奥から斎王が静々と近づいてきます。
ベストショットを求めて何時間も前から準備していたカメラマンたちのシャッター音が響きます。
ゆっくりと優美に歩を進め、ようやくステージへ。

いつきのみや梅まつりの斎王

さすが、まつりのフィナーレを飾る主役。息を飲むような美しさに魅了されます。

いつきのみや梅まつりの斎王

ステージでは伊勢物語第六十九段の「狩の使」を再現。
伊勢の国に狩の使いとして訪れた男(在原業平)と斎王の逢瀬を描いた物語です。歌を詠んだ文を受け、返歌を詠み上げる場面が演じられます。
伊勢物語、言の葉の美しさ、奥ゆかしさに久しぶりに読み返してみたくなりました。

いつきのみや梅まつりの斎王

華麗な斎王の姿をレンズに収めようと、大勢の来場者がカメラを向けています。
斎王も向きを左右に変えたりしながら撮影に協力してくれました。
ひとしきり写真撮影の時間を取ってくれた後、斎王はふたたび静々と退場していきます。それを追いかけてカメラを持った人たちも大移動。

いつきのみや梅まつりの斎王

「いつきのみや梅まつり」は、明和町で斎宮に関わるさまざまな団体が「斎宮跡観光協議会」として共同で開催しているイベントです。そのとりまとめにあたっているのが明和町観光協会。
東谷泰明会長は盛況の内にまつりが終了してほっと一息。
「14回目を数える中でメンバーたちも顔なじみになってきて、運営もスムーズに回るようになってきました。毎年、子どもさんが楽しめるイベントも多数揃えていますので、ぜひご家族で遊びにきてください」とメッセージをいただきました。
まつりは町の人たちの結びつきを深めることにも一役買っているのですね。

明和町観光協会では「いつきのみやの“春”フォトコンテンスト」を開催しています。斎王の姿を捉えた会心の1枚を応募してみるのもいいですね。


【基本情報】

■開催時期
 3月初め
■開催時間
 10:00~14:00
■会場
 斎宮歴史博物館 ふるさと広場梅林周辺
■住所
 〒515-0325 多気郡明和町竹川503
■電話番号
 0596-52-0055(明和町観光協会)
■料金
 入場無料 ※有料イベントもあり
■公共交通機関でのアクセス
 近鉄「斎宮駅」から徒歩で約15分
■車でのアクセス
 伊勢自動車道「玉城IC」から北へ車で約20分
■  駐車場
 無料(約200台)

カテゴリー
イベント&祭り 花&自然&公園 文化&寺社仏閣
季節
春(3~5月)
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重のええとこご紹介!!<br />
みえ旅カメラ部始動しました!

    三重のええとこご紹介!!
    みえ旅カメラ部始動しました!

    2021.03
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 観光三重の人気記事BEST25♪

    観光三重の人気記事BEST25♪

    2021.01
  • 観光三重の定番特集BEST25♪

    観光三重の定番特集BEST25♪

    2021.01

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。
おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。
掲載日:2021.03.31
おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。

フォトコンテスト

早春の絶景
早春の絶景
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 【一生忘れられない三重の景色!】第58回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    【一生忘れられない三重の景色!】第58回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    観光三重 第58回フォトコンテスト結果発表!!
    今回の応募総数はなんと497枚!
    前回よりも多く、過去最大級の応募数でした。
    このページでは、その中から選りすぐりの作品をご紹介していきます♪
    素敵な作品盛りだくさんなので...

    #
  • 三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    鳥羽展望台や横山展望台などの海が見える展望台、工場夜景が見える垂坂公園の展望台など、三重県には展望台の名所がいっぱい!三重を4年間撮り続けてきた私がオススメする「三重の展望台」を20箇所、お教えします。

    #
  • 初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    三重県の北勢地区にそびえる地元のシンボル「鈴鹿セブンマウンテン」!
    初心者でも気軽に挑戦出来る山から、ベテランこそやみつきになるリピーターが絶えない登山スポットです!
    春は花、夏は新緑、秋は紅葉、冬は樹氷、四季折々の...

    #

季節おすすめ記事

  • 春に行きたい大紀町!!野原農村公園の藤と大平つつじ山のツツジ、大内山動物園を家族で楽しんできました♪

    春に行きたい大紀町!!野原農村公園の藤と大平つつじ山のツツジ、大内山動物園を家族で楽しんできました♪

    三重県大紀町(たいきちょう)には美しい藤棚が楽しめる公園やツツジが咲き乱れる山、暖かくなり動物たちが元気になる大内山動物園など、春に行きたいスポットがいっぱい!!それぞれの名所をまとめて紹介します!!

    #
  • 二千百年の歴史!稲生(いのう)に鎮座する伊奈冨(いのう)神社。紫躑躅(ムラサキツツジ)や獅子舞など見所がいっぱい!意外と知らない参拝作法やマナーも一緒にご紹介します。

    二千百年の歴史!稲生(いのう)に鎮座する伊奈冨(いのう)神社。紫躑躅(ムラサキツツジ)や獅子舞など見所がいっぱい!意外と知らない参拝作法やマナーも一緒にご紹介します。

    西暦より古い歴史を持つという、紀元前より現代に続く鈴鹿市の稲生町に鎮座する伊奈冨(いのう)神社の魅力や、忘れがちな神社での参拝の作法やマナーも含めてご紹介します!稲生山の数千本と言われる紫躑躅(ムラサキツツジ)や、北勢・...

    #
  • 【ミツマタ&薄墨桜】写真家がオススメする春の美杉

    【ミツマタ&薄墨桜】写真家がオススメする春の美杉

    こんにちは、写真家のYuto Nakaseです。

    今回は、森の中に一面に広がる黄金の絨毯「ミツマタ」と、華燐さと力強さを同時に感じられる「薄墨桜」の魅力を、写真家の目線でお伝えしようと思います。
    タイミングは例年3月下旬です。
    ...

    #
ページトップ