取材レポート

うなぎの新玉亭さんへ行ってきました♪ 中盛りのまさかの量に驚きます!

掲載日:2017.03.01

24,392ビュー

津市にあるうなぎの老舗「新玉亭」さんへ行ってきました!創業1890年の歴史のあるお店です。過去には日本で一番うなぎの消費量が多かったこともある津市の中でも、人気のお店として知られています。平日のお昼時に伺ったにもかかわらず、なんと駐車場はほぼ満車!お客さんが途切れることなく入ってきました。地元の方のリピーターが多い人気店ですね。

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

津市にあるうなぎの老舗「新玉亭」さんへ行ってきました!創業1890年の歴史のあるお店です。過去には日本で一番うなぎの消費量が多かったこともある津市の中でも、人気のお店として知られています。

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

場所は近鉄津新町から徒歩約10分、車なら津インターチェンジから約5分です。津市のお城西公園、津市役所のすぐ近くにあります。

お店は他の地区ではなかなか見かけられないビルなんです。普通は建物のテナント内にあったりしますが、1つのビルだけでうなぎ屋さんというのは驚かれる方も多いです。

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

こちらがお店の入り口。平日のお昼時に伺ったにもかかわらず、なんと駐車場はほぼ満車!お客さんが途切れることなく入ってきました。地元の方のリピーターが多い人気店ですね。

今回は2016年度津クイーンの3人に協力していただきました。津クイーンについてはこちら https://www.facebook.com/%E6%B4%A5%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3-1450700938495116/

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

お昼時の忙しい時でしたが、厨房に入り撮影させていただきました!写真のように、さばかれたうなぎが炭火で焼かれます。このうなぎはストレスがかかり味が落ちないよう、天然の井戸水に入れ元気な状態で管理していたもの。

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

皮をパリッとさせるために、赤い炭火でしっかりと焼かれます。煽る団扇は年季が入っており、職人さんの腕を感じさせます。

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

そして醤油、みりん、氷砂糖などを煮詰めて一週間以上寝かせたという伝統を受け継いだタレでしっかりと味付けされます。厨房にはうなぎとタレの良い香りが充満しており、とにかくお腹が空きます…

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

タレを付けた後でもう一度炭火の上に置かれ、さらに香ばしくなります。

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

お昼時とあり本当に忙しく作業をされる店員の皆さん。素早く作業される姿は凄い!と思いました。Tシャツのロゴがカッコいいですね。

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

そしてこちらが出来上がったうなぎの上丼。うなぎが4切れ、さらに肝入りのお吸い物付きでお値段は2,750円(税込)。他の地区に比べてかなりお得ではないでしょうか。

なお、うなぎの並丼は1,540円(税込)とさらに気軽にいただけます。地元の方に親しまれ、かつ人気の理由がわかりますね。

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

津市観光協会で発行する「うまっぷ -津のうなぎ徹底攻略ガイドマップ-」の撮影のため津クイーンさんに来ていただきました。3人とも昔からうなぎが大好きな津市民です。

うまっぷには新玉亭さんの他にも、津市内のおすすめのうなぎ屋さんを掲載しています。津市に来た際は必携の1冊。津市観光協会のホームページでもご覧いただけます。
http://www.tsukanko.jp/gourmet/266/

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

ちなみに…新玉亭さんといえば外せないのがご飯中盛り!ご飯だけでこの量です。

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

こちらが実物の中丼でご飯中盛りです。かなりの量がありますので、胃袋に自信がある方は挑戦してください!ご飯にもタレがかかりますので美味しくいただけますよ。私は小食ですので注文しませんでしたが、挑戦はしてみたいような…

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

お店で驚いたのがうなぎ屋さんでは初めて見た「セルフレジ」です!お昼時に会計が混雑するため、お客さんが少しでも早く会計を終えられるように設置したそうです。一度これを体験してみるのもいいのでは?

津市 うなぎの新玉亭さんへ行ってきました 中盛りの量に驚きます!

津市にあるたくさんのうなぎ屋さんの中でも定番といえる新玉亭さん、うなぎの町「津」に来たら味わってみてください!

お店の情報

うなぎの新玉亭
住所:津市丸之内養正町5-1
定休日:毎週月曜日
TEL:059-224-0008
FAX:059-226-3010
営業時間:11:00~14:30(LO 14:00) 
     16:00~20:30(LO 20:00)

ホームページ:http://shintamatei.co.jp/

※掲載されている内容は2017年2月の情報となります

※価格表記のみ上記のホームページに掲載されている価格に修正しました(2021年7月26日)

カテゴリー
食&グルメ
季節
オールシーズン
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のあじさい鑑賞スポット特集!5月から6月頃楽しめるあじさいの名所をご紹介します

    三重県のあじさい鑑賞スポット特集!5月から6月頃楽しめるあじさいの名所をご紹介します

    2022.05
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    2020.08

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

夕日に映える伊勢の花畑「花開道」
夕日に映える伊勢の花畑「花開道」
掲載日:2022.05.20
夕日に映える伊勢の花畑「花開道」

フォトコンテスト

いのち舞う
いのち舞う
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 「浜の雅亭 一井」は全室絶景オーシャンビュー。初夏の味覚「鱧のフルコース」をたっぷり堪能しよう!

    「浜の雅亭 一井」は全室絶景オーシャンビュー。初夏の味覚「鱧のフルコース」をたっぷり堪能しよう!

    PR

    浜の雅亭 一井(はまのみやびてい いちい)は、海の目の前に佇む絶景宿。窓いっぱいにひろがる海は刻一刻と表情を変え、様々な景色を見せてくれます。今回は浜の雅亭 一井で楽しめる「鱧料理」のこだわりと魅力をご紹介します。

    #
  • あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します

    あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します

    志摩市のあづり浜(阿津里浜)は透明度抜群の穴場ビーチ!カフェやキャンプ場、宿が隣接し、夕日や星空が綺麗な場所でもあるんです。そんなあづり浜の魅力を詳しく紹介します。

    #
  • 映画「ニワトリ☆フェニックス」ロケ地巡りの旅!なんとロケ地の98%が伊勢志摩なんです!!

    映画「ニワトリ☆フェニックス」ロケ地巡りの旅!なんとロケ地の98%が伊勢志摩なんです!!

    井浦新(いうらあらた)、成田凌(なりたりょう)を主演とし、かなた狼監督が新たにお送りする映画『ニワトリ☆フェニックス』の98%が、三重の伊勢志摩で撮影されました。そのロケ地の中から、気になったポイントをASOBISIAがチョイス...

    #

季節おすすめ記事

  • ともやま公園(桐垣展望台)は夕日が望める絶景スポット。見所を紹介します

    ともやま公園(桐垣展望台)は夕日が望める絶景スポット。見所を紹介します

    志摩市の「ともやま公園」は英虞湾と夕日を望める絶景スポット!園内の桐垣展望台は夕日の名所でもあるんです。夕日の時間帯やアクセス方法、見所を詳しく紹介します。

    #
  • 1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

    1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

    伊勢志摩の英虞湾に面した高台に立つ日本旅館「汀渚ばさら邸」。空間の立体的な広がりを意識してデザインされた客室はすべてしつらえが異なり、全室客室露天風呂付き。
    館内は他の宿泊者となるべく接触がないように設計されており、...

    #
  • お伊勢さんの「湯ごり」の地にある「湯元榊原館」を取材してきました!【あんしんみえリア優秀店】

    お伊勢さんの「湯ごり」の地にある「湯元榊原館」を取材してきました!【あんしんみえリア優秀店】

    お伊勢さんの湯ごりの地として知られる「湯本榊原館」。でも魅力は温泉だけじゃありません。湯、食、歴史、美、時と五感で味うことができる癒しの温泉旅館!
    徹底した感染対策により安心した温泉旅行を楽しむことができます。

    #
ページトップ