御火試・粥試神事 オヒダメシ・カユダメシシンジ

御火試・粥試神事
御火試・粥試神事
御火試・粥試神事
御火試・粥試神事
御火試・粥試神事
御火試・粥試神事
御火試・粥試神事
御火試・粥試神事

開催日:2021年1月16日(土)

火・粥占い 二つを合せて行う年始めの神事

夜6時30分頃から境内で大ドンドが焚かれ、調舎(ちょうや)で御火試・粥試の神事が行われます。
稲の作柄の豊穣を祈る予祝神事。

御火試は、調舎の囲炉裏の前に浄衣姿の神主と白衣・白袴を着た添え役2人が座り、月数を書いた12本の樫の割木の先を囲炉裏で焼き、月数をしるした板にその焼け先を乗せ消えるのを待ち、灰の色を観察しながら、晴れ・半晴れ・雨などと唱えながら1年間の天候を占います。

粥試は、早生・中生・晩生のしるしを付けた長さ15センチほどの笹竹の管3本を入れた小豆粥を炊き込み、管に入った小豆や米粒の量によって稲作の吉凶を占います。
氏子たちは、この小豆粥を食べると夏病気しないと、分け合って食べていきます。

(松阪市無形文化財)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、かんこ踊りの奉納は中止です。

詳細情報

開催期間
2021年1月16日(土)
会場
阿射加神社
住所
松阪市小阿坂町120番地
電話番号
0598-58-2500 (阿射加神社)
公共交通でのアクセス情報

近鉄・JR「松阪」駅から小野行バスにて「阿坂小学校前」下車、徒歩3分

車でのアクセス情報

伊勢自動車道松阪ICから車で約10分

※ 2020年11月時点の情報です。日程、料金等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ