• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 観光列車「つどい」で行く癒しとくつろぎの旅 足湯でほんわか気分!冬の到来を告げる湯の山温泉へ

取材レポート

観光列車「つどい」で行く癒しとくつろぎの旅 足湯でほんわか気分!冬の到来を告げる湯の山温泉へ

掲載日:2019.12.27
菰野町 近鉄足湯列車つどい

3両編成の「つどい」が近鉄四日市駅に到着。いざ、足湯列車へ!終点の湯の山温泉駅まで約1時間の旅。それでは、行ってきま~す。

観光列車料金は大人510円、子ども(小学生)260円(※別途乗車区間に応じた乗車券が必要)。足湯を利用する場合は、車内で足湯利用券(大人、子ども(小学生)とも100円)を購入してくださいね。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

1号車のシートは大きな窓に面しており、のどかな田園地帯や迫力ある鈴鹿山麓などの光景を楽しめます。

テーブルも備えられているので、飲食するのに不自由を感じることはありません。

外観と合わせるように内装も落ち着いた色彩でまとめられているので、穏やかな気分でゆったりと過ごせそうです。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

乗車した人全員に「コースター型記念乗車証」と「湯の山温泉割引手形」がプレゼントされます。さらに、車内で行う謎解きゲーム「なぞなぞ!?こもしかツアー」のセットも。
ヒントは各車両の壁に掲げられており、さまざまなアイデアで乗客を飽きさせない工夫がされているのがわかります。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

2号車のバーカウンターには、一番人気の「湯の花せんべい」をはじめ、菰野町産まこも若葉粉末を生地に練り込んだ「どら焼き」、豆腐の入れ物に入った手ぬぐい「木綿湯布」など、菰野町ならではの特産品が取り揃えられています。乗車した記念にと、お財布のヒモも思わず緩んでしまいそう。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

ひときわ目を引くのが、菰野町観光協会公式キャラクター「こもしか」の関連グッズ。缶バッチ、ストラップ、キーホルダーなどさまざまなアイテムが用意されています。

「こもしか」とは、御在所岳に生息するニホンカモシカと、菰野町の名前の由来となったまこもにちなんだネーミングだとか。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

お酒好きにはたまらないのが、車内で菰野町の地酒を楽しめること。地元を代表する「菰野富士」「早春」「菰野乃大物」の3タイプが用意されています。
全部飲みたいという人には、菰野ばんこお猪口が3個付く「地酒三種飲みくらべ」(1000円/税込)というお値打ちセットもありますよ。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

2号車に設けられている足湯キット。時間指定・入替制となっており、順番が来れば車内放送で知らせてくれます。
注がれている足湯は、列車の運行当日に菰野町の職員が、菰野温泉の源泉から汲んでいるとのこと。足湯キット1台につき120リットルもの温泉が使用されています。また、循環ろ過装置も備えられているので衛生面でも安心です。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

順番が来たので、いよいよ足湯体験へ。温度は40度前後に調整されており、包み込むような心地よさが足全体に広がります。やがてジワジワと全身が温かくなり、血行がよくなっていくのがわかります。

ハァ~、日々の疲れが抜け、一気にシアワセな気分に…。やっぱり温泉っていいですね。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

すっかり身体が温まったところで、菰野町の地酒をいただきます。昼間からこんな贅沢な気分を味わえるなんて…。

あぁ、癒やされるぅ。ほんのりヒノキの香りも漂ってきて、ここが列車の中ということを思わず忘れてしまいそう。お肌がツルツル、スベスベになっていくのもウレシイ!

菰野町 近鉄足湯列車つどい

こんな貴重な体験、自分ひとりで楽しんでいるのはもったいない!やっぱり友だちや知り合いに知らせたいと思いますよね。

そんな時のために、このようなインスタ映えする小道具もバッチリ!

「列車の中で温泉気分!」「リラックスできた」。その感動をリアルタイムで、どんどん拡散しちゃいましょう。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

足湯でまったりした後は、乗車する時にもらった「なぞなぞ!?こもしかツアー」に挑戦!

ウ~ン、なぞなぞとはいえ、難易度は結構高い。ヒントを求めて、車内を歩き回るハメに…。ウカウカしていると、終点に着いちゃうよ。少々アセるも、何とか最後まで解いてご褒美のつどいクリアファイルをゲット!

ヤッタァ~、思わず笑みがこぼれます。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

「つどい」には、大人だけでなく、同伴した子どもも楽しめる仕掛けがいっぱい!

3号車に備えられている「こども運転台」では、ボタンやハンドル、レバーを操作すると画面が変化していき、気分はすっかり運転士!鉄道好きの大人も思わず座りたくなってしまうぐらいですが、あくまでも子ども優先でお願いしますね。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

1号車に設置されているキッズスペース「風のあそびば」。その名の通り、外の心地よい風が入ってくるように、壁面にかすかな隙間が設けられています。

フカフカのじゅうたん、カラフルなクッションや椅子で内部をコーディネート。元気いっぱい飛び跳ねたり、大声を出したりしても車内全体に響かない構造になっています。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

やがて、車窓に鈴鹿山系の堂々たる峰々が現れて、列車は終点の湯の山温泉駅へ。

ホント、楽しかったぁ~。降りるのが名残惜しいぐらいの気分です。

足湯も、クイズも、お酒も、グルメも、お土産も、何から何まで目いっぱい体験しちゃいました!

菰野町 近鉄足湯列車つどい

この足湯列車では菰野町役場の職員をはじめ、菰野町観光協会や各団体のボランティアの人たちが特製のハッピを着て、乗客をもてなしてくれます。カメラやスマホのシャッターも、気軽に押してくれるので、遠慮せずに頼んでみてくださいね。

まさに菰野町全体で、歓迎してくれている気持ちがひしひしと伝わってきました。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

足湯列車の余韻が残る中、湯の山方面へ向かいます。
まずは、駅前で三重交通バスの「湯の山温泉1DAYフリーきっぷ」(大人700円、子ども350円)を購入。
御在所ロープウエイや、湯の山温泉街などの観光・宿泊施設に近い停留所を、有効期間中なら何度も乗り降りできる上に、温泉の入浴料やロープウエイ乗車料の割引券も付いているので、かなりオトクです!

菰野町 近鉄足湯列車つどい

20分ほどバスに揺られつつ、御在所ロープウエイ前に到着。温泉街を見渡せる雄大な光景が目の前に広がります。

御在所岳では11月中旬には初雪と初樹氷が観測されたとのことで、山頂付近はうっすらと雪化粧している様子がうかがえました。この辺りも標高400mほどあるので、さすがにちょっと肌寒いですね!

菰野町 近鉄足湯列車つどい

ここまで来たら、やっぱり乗りたい!ということで、ロープウエイ乗り場へ。

2018年に導入されたという新型ゴンドラ「ルミエール」は、鮮やかな赤と黒のツートンカラーと大きくとられた窓が特徴。約1分間隔で次々と発車していく中を、係の人の誘導に従ってゴンドラの中に素早く入ります。

菰野町 近鉄足湯列車つどい

フラップシートで高さが低めになっているので、室内は広々としており、大人8名から10名ぐらいまで乗ることができるそうです。

また床面に設けられた展望窓からは、眼下に広がる御在所岳特有の巨岩、奇岩などを見渡せます。勇気を出して覗き込んでみましたが、やっぱり大迫力です!

菰野町 近鉄足湯列車つどい

山上公園駅まで約15分間、徐々に装いを変えていく遥かなる山々を眺めつつ、高低差780mのゆったり空中散歩を体験しました。

観光列車「つどい」の足湯体験でリフレッシュしながら、本格的な冬へと装いを変えつつある湯の山温泉へ。最後はロープウエイにも乗ることができて、大満足の1日でした!



※足湯列車の運行日程、その他詳細についての問い合わせ

近畿日本鉄道(株)近鉄電車テレフォンセンター

TEL:050-3536-3957

 

※足湯及び車内販売に関する問い合わせ

菰野町観光産業課 観光商工推進室

TEL:059-391-1129

 

※御在所ロープウエイに関する問い合わせ

御在所ロープウエイ株式会社

TEL:059-392-2261

URL:https://www.gozaisho.co.jp/

 

※2019年12月時点の情報です。料金等の情報が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。



カテゴリー
体験 温泉
季節
冬(12~2月)
エリア
北勢

観光三重ピックアップ!

  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2017.10
  • 世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    2016.11
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • 子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    2017.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

美味し国三重の味 伊勢亀山名物「元祖肉の水炊き処”むかい”」 で、最高級松阪牛の料理と一期一会のおもてなしの心を堪能してきました!
美味し国三重の味 伊勢亀山名物「元祖肉の水炊き処”むかい”」 で、最高級松阪牛の料理と一期一会のおもてなしの心を堪能してきました!
掲載日:2020.01.17
美味し国三重の味 伊勢亀山名物「元祖肉の水炊き処”むかい”」 で、最高級松阪牛の料理と一期一会のおもてなしの心を堪能してきました!

フォトコンテスト

遠足
遠足
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 【山本亜依のみえたび!vol.9】大台町の冬の楽しみ方~アウトドア&現代アート体験♪雑貨屋&カフェ巡り♡大台町の新しい魅力発見の旅~

    【山本亜依のみえたび!vol.9】大台町の冬の楽しみ方~アウトドア&現代アート体験♪雑貨屋&カフェ巡り♡大台町の新しい魅力発見の旅~

    今回のみえたびの舞台は多気郡大台町。「大杉谷」があり、町全体が「ユネスコエコパーク」に認定されている自然豊かなこの町で、スタンプを集めてプレゼントがもらえるという「おおだいスタンプラリー」の設置場所や人気スポットを巡...

    #
  • 2019年 三重県の絶景TOP10が決定!Instagram「観光三重」の「いいね!」2019年ランキングを発表!

    2019年 三重県の絶景TOP10が決定!Instagram「観光三重」の「いいね!」2019年ランキングを発表!

    たくさんのいいね!いつもありがとうございます。

    2019年、三重県観光連盟の公式インスタグラム「観光三重」で、最も「いいね!」がついた投稿を発表!ランキング形式で、「いいね!」トップ10をご紹介。どこが1位になるのか!?誰の写真が1位をとるのか!?お楽しみに☆

    #
  • お伊勢参りで明和町に寄り道 ~家族で平安時代にタイムスリップ~

    お伊勢参りで明和町に寄り道 ~家族で平安時代にタイムスリップ~

    PRお伊勢さんに行ったあとは明和町で決まり☆

    伊勢神宮にほど近い明和町は、かつて伊勢神宮に仕える皇女「斎王」が暮らしていた町として知られています。京都からやってきた斎王が日々を過ごした斎宮は、現在では史跡として残り、日本遺産にも認定されています。史跡をめぐりなが...

    #

季節おすすめ記事

  • 地元に息づく歴史や文化を知れる魅力的なスポットがいっぱい! おトクな「おいないさキャンペーン2019秋/冬」を利用して、南伊勢町を楽しもう!

    地元に息づく歴史や文化を知れる魅力的なスポットがいっぱい! おトクな「おいないさキャンペーン2019秋/冬」を利用して、南伊勢町を楽しもう!

    PR

    改元を機に改めて注目を集める「伊勢神宮」。令和初の「お伊勢参り」で三重県に訪れた時におすすめしたいのが、「南伊勢町」のまちめぐり。海と山の自然が織りなす風光明媚なまちは、絶景ポイントやおいしい地元のグルメなど、魅力満...

    #
  • いつ行く?志摩スペイン村の楽しみ方・グルメ・フォトスポットをご紹介♪

    いつ行く?志摩スペイン村の楽しみ方・グルメ・フォトスポットをご紹介♪

    三重県志摩市にある志摩スペイン村パルケエスパーニャは、ファミリーはもちろん「インスタ映えする!」と女子旅にも人気のテーマパーク。そんな志摩スペイン村で、どの時期にどんなイベントやグルメ、風景を楽しむことができるのか、...

    #
  • 「ナガシマ屋内アイススケートリンク」が期間限定でナガシマスパーランドに登場!

    「ナガシマ屋内アイススケートリンク」が期間限定でナガシマスパーランドに登場!

    県下最大級の広々としたアイススケートリンクが、ナガシマリゾートにオープン!本物の氷を張ったスケートリンクは、屋根付きなので天候を気にせずに滑れます。初心者や子どもでも楽しくマイペースに滑ることができるので、スケートデ...

    #
ページトップ