観光三重トピックス!

鳥羽市の3つの朝市(旬体験!三重県おでかけ情報:2022年3月25日放送内容)

2022.03.22
鳥羽市の朝市
今日は、鳥羽市で開催されている朝市についてご紹介します。

※ぎふチャン(岐阜放送)ラジオ「旬体験!三重県おでかけ情報」<2022年3月25日(金)放送内容>
AM1431kHz(岐阜)/AM720kHz(高山)/AM1197kHz(下呂)
パソコン・スマホ: http://radiko.jp/#GBS
パーソナリティ:伊藤伸久さん、竹内万理さん
鳥羽市の朝市
竹内:三重県の旬の観光情報をお届けする番組「旬体験!三重県おでかけ情報」。
今日は、鳥羽市で開催されている朝市についてご紹介します。紹介いただくのは、鳥羽市観光協会 山本 洋平さんです。山本さん、よろしくお願いします。

山本:おはようございます。よろしくお願いします。
鳥羽市では現在、あらしま朝市、今浦朝市、国崎おいない朝市の3つの朝市が、定期的に開催されています。

伊藤:朝市といえば、その土地ならではの季節の新鮮食材や特産物、名物料理がたくさん並ぶので、旅先でも観光の一つとして人気がありますね。

山本:鳥羽市の朝市も、まさにそんな朝市で、新鮮・おいしい・楽しい・お得がいっぱい!早起きしてでも行く価値ありです。今日は、その中でも人気のあらしま朝市を、ご紹介したいと思います。
鳥羽市の朝市
竹内:鳥羽市安楽島町で行われる朝市ですね。

山本:はい。安楽島町は、活気ある漁師町で、小高い丘の上からは、沖に浮かぶ離島や湾内を一望できる鳥羽のビュースポットとして知られるエリアです。
安楽島湾の奥深く波静かな水面にいくつもの牡蠣筏が浮かぶ姿は、このエリアならではの風景です。海と人間の関わりを今も色濃く残す町です。

伊藤:海と人間の関りが深い町・・ですか。景観が美しいだけではない魅力がありそうですね。

山本:そうなんです。安楽島町で始まったあらしま朝市は、誰もやらなければ自分たちでやってしまおう!そんな肝っ玉かあちゃんたちの意気込みから始まった朝市です。
何もなかったこの地域で、朝市を通じて地域を繋げ、そして、やりがいと生きがいのために。その勢いは、とどまるところを知りません。

竹内:魅力的な人たちとの出会いがたくさんありそうな朝市ですね。どんな朝市なのでしょうか。

山本:あらしま漁港前で、毎月第2、第4日曜日の朝8時から10時。地元の漁師さん・海女さん・農家さん・スーパーなどの有志が連携して開催しています。
青空の下、漁師さんや海女さんが自ら獲ってきた新鮮な海産物を、お値打ち価格で買えるとあって、県内外から多くのファンが訪れるほど、人気の朝市です。
鳥羽市の朝市
伊藤:朝市が始まって、何年くらいになりますか。

山本:2011年の9月が第1回目で、今年で11年目になります。

竹内:地元のお母さんたちが始めた朝市が、ここまで続く人気の朝市になったのですね。

山本:はい。私が思う長く続く秘訣ですが、買っている人も売っている人も、みな“笑顔”なんです。あらしま朝市は、活気に満ち溢れ、並ぶ商品は、海産物だけでなく、野菜や加工品なども販売しています。お漬物もすべて手作り。
新鮮そのものの野菜はすべて出展者自ら育てたものです。加工品には、地元の牡蠣とワカメの茎を炊いたオリジナル商品の佃煮や、里芋のコロッケなど、まさに、海の幸から山も幸まで、安楽島自慢の品々がずらりと並びます。

伊藤:皆さんの手間と思いが詰まった品、そして笑顔が並ぶ朝市なんですね。
お店の方が元気な笑顔で接してくださると、訪れる私たちも、自然と笑顔になりますよね。

山本:お店の人との会話も、朝市の大きな魅力ですよ。

竹内:是非、訪れてみたくなりました。ただ、そんなあらしま朝市も、新型コロナウイルスの影響で開催を自粛していた時期があったそうですね。

山本:はい。現在は感染対策を行いながら開催しておりますが、思うように開催できない時期もありました。安楽島の品を皆さんに届けたい思い、また、お客様からも安楽島の味をお求めになる声がありました。
実はそんな朝市を開催したくてもできない中、生まれたサービスがあるんですよ。
鳥羽市の朝市
伊藤:どんなサービスですか。

山本:「あらしま海の直送便」といいます。あらしま海の直送便とは、安楽島町の海女さんや漁師さんから、新鮮な海の幸の詰め合わせが届くサービスです。
毎日、何が獲れるか釣れるかわからないのが海の漁。事前に予約されたお客様に、新鮮な魚介が水揚げされた時に、獲れたものを直送するのが、「あらしま海の直送便」というわけです。

伊藤:水揚げに応じて、いつ・何が届くかわからない、ワクワク・ドキドキするサービスですね。箱を開けた時の感動もまた、サービスの1つですね。

山本:はい。今では、全国から問い合わせがあるほどの人気です。

伊藤:料金は、おいくらですか。

山本:送料・代引き手数料込みで、4,500円です。
漁師さんお勧めの食べ方や調理方法付きなので、お家でも簡単に調理できます。
鳥羽市の朝市
竹内:お求めやすい価格ですね。しかも漁師さんお勧めの食べ方や調理方法までついているというが、いいですね。注文方法を教えてください。

山本:はい。ご注文は必ず、FAXまたはメールで、ご注文ください。
FAX番号とメールアドレスは後程、伊藤さんにお伝えしていただきますが、ご注文の際は「ご希望のセット名」「お届け先」「日中つながる電話番号」を、ご連絡ください。あらしま海の直送便、そしてあらしま朝市をご利用いただき、皆さんに美味しいものを、たくさん召し上がっていただきたいです。
そして、笑顔と元気をお届けできたらと思います。お待ちしております。

伊藤:それでは、あらしま海の直送便のお申込先です。
FAX番号 0599-26-6112。
メールアドレス ara.shinsen@gmail.com

あらしま朝市は、鳥羽磯部漁協安楽島支所前、毎月第2、第4日曜日、午前8時から10時開催。売り切れ次第終了の人気の朝市です。
あらしま漁港前へのアクセス方法です。お車をご利用の場合は、伊勢自動車道「伊勢I.C」から、伊勢二見鳥羽ライン経由、パールロード方面へおよそ15分。公共交通機関でお越しの場合は、近鉄・JR「鳥羽駅」から、鳥羽市コミュニティバス 安楽島行きで、およそ20分です。
あらしま朝市の問い合わせ先 電話番号 090-7950-4425。

伊藤、竹内:山本さん、今日はありがとうございました。

山本:こちらこそ、ありがとうございました!

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 自然豊かな三重県で楽しい想い出をつくろう!

    自然豊かな三重県で楽しい想い出をつくろう!

    2022.07
  • おかげ横丁グルメ・お土産44選!人気のものから穴場まで詳しく紹介します【2022年】<br />

    おかげ横丁グルメ・お土産44選!人気のものから穴場まで詳しく紹介します【2022年】

    2022.09
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス特集♪<br />
9月から10月にかけて楽しめるコスモスの名所をご紹介します♪<br />

    「秋の桜」コスモス特集♪
    9月から10月にかけて楽しめるコスモスの名所をご紹介します♪

    2020.09
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。
赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。
掲載日:2022.09.22
赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。

フォトコンテスト

初夏
初夏
  • 三重県のおすすめグランピング特集
  • 宿の予約
ページトップ