観光三重トピックス!

紅葉の見頃を迎える赤目四十八滝(旬体験!三重県おでかけ情報:2021年10月29日放送内容)

2021.10.29
赤目四十八滝の紅葉
今日は、三重県名張市で紅葉の見頃を迎える赤目四十八滝についてご紹介します。

※ぎふチャン(岐阜放送)ラジオ「旬体験!三重県おでかけ情報」<2021年10月29日(金)放送内容>
AM1431kHz(岐阜)/AM720kHz(高山)/AM1197kHz(下呂)
パソコン・スマホ: http://radiko.jp/#GBS
パーソナリティ:伊藤伸久さん、竹内万理さん
赤目四十八滝の紅葉
竹内:三重県の旬の観光情報をお届けする番組「旬体験!三重県おでかけ情報」。
今日は、三重県名張市で紅葉の見頃を迎える赤目四十八滝についてご紹介します。紹介いただくのは、赤目四十八滝渓谷保勝会 広報担当 増田成樹さんです。増田さん、宜しくお願いします。

増田:おはようございます。赤目四十八滝の、3.3kmに渡る遊歩道沿いには、大小さまざまな23の滝を眺めることができ、中でも代表的な5つの滝は、赤目五瀑と呼ばれ、四季折々様々な表情で訪れる方を楽しませてくれます。

伊藤:美しい景観の赤目四十八滝ですが、この季節はまた格別ですね。
赤目四十八滝 幽玄の竹あかり
増田:そうなんです、赤目渓谷には、たくさんのイロハモミジやオオモミジカエデなどがあり、この季節は、色づいたイロハモミジと黒い岩肌から流れ落ちる白い水しぶき、深い緑の滝壺のコントラストが見事です。

竹内:赤、黄色、橙、黒、白、緑、色彩豊かですね。

増田:赤目四十八滝の紅葉は11月の初旬頃、渓谷の山頂付近から色づきます。長坂山へのトレッキングルートを使えば、6km余りで周遊できます。
山頂あたりから眺める渓谷は、真っ赤に染められた絨毯のような見事な紅葉で、素晴らしい眺望を楽しむことが出来ますよ。

伊藤:真っ赤な絨毯・・息をのむような美しさですね。

増田:そして昼間の紅葉と共にお勧めしたいのが、夕暮れ時のライトアップです。秋の夕暮れは早く、渓谷はあっという間に暗くなります。そんな中でも皆さんに楽しんでもらえるよう、紅葉のライトアップを昨年よりパワーアップして、“幽玄の竹あかり”を開催しております。
赤目四十八滝 幽玄の竹あかり
竹内:幽玄の竹あかり、どのようなライトアップになるのでしょうか。

増田:昨年までは、渓谷入口 日本サンショウウオセンターから不動滝の間およそ300m余りの渓谷一帯に、1,000本以上の大小さまざまな竹灯りを設置したライトアップでしたが、本年は更にエリアを広げ、日本サンショウウオセンター迄の杉の大木に覆われた“森のエリア”に、500本余りの竹灯りを設置しました。

伊藤:渓谷や森に、合計1,500本以上の竹灯りが織りなす光景は見事でしょうね。

増田:はい。この幽玄の竹あかりは、まさに名の通り幽玄で神秘的です。
コロナ禍で疲れを癒す灯りだと、ご好評いただいています。

竹内:たくさんの竹灯りですが、その一つ一つはどのようになっているのですか。

増田:竹灯りは、高さ3.5m前後から30cm余りの竹に、無数に開けた小穴から光がこぼれます。竹の平べったいヒゴで編んだ竹毬が、渓谷の水上や、杉林の空中に浮遊している灯りもあります。とても不思議で幻想的ですよ。

伊藤:大自然の中の光の芸術ですね。

増田:はい。竹灯りと滝のコラボレーションもまた、一見の価値があります。
紅葉の期間は、渓谷内のイロハモミジのライトアップも同時に行っていますので、他では見ることのできない、特別なライトアップと思います。

竹内:期間はどれくらいですか。

増田:10月23日から始まっており、来年1月末まで、開催します。
赤目四十八滝 へこきまんじゅう
伊藤:そして紅葉やライトアップを楽しみながら、食べてほしい地元のグルメがあるんですよね。

増田:はい。赤目と言えばなんといっても、“へこきまんじゅう”が一押しです。
さつま芋を使ったスイーツで、生地がすべてさつま芋、それで“屁こき”っていうんです。破壊力のあるネーミングでびっくりされる方も多いですが、食べていただいたら皆さん大満足、口をそろえて美味しい!とおっしゃいます。

竹内:形も個性的ですか。

増田:たい焼きのような形ですが、実は、「忍者ふくえもん」なんです。

伊藤:キャラクターの形をしているのですね。

増田:さつま芋の生地には、ホイップクリームやシナモンが練り込まれ、中に色んな種類のあんが入っています。中でも一番のお勧めがキリのクリームチーズとクランベリーが入った“ヘコキッチ”です。その他にも、リンゴや粒あんなど6種類以上ありますので、赤目にお越しいただいたら、是非ご賞味ください!

竹内:お土産にも良さそうですね。

増田:伊勢志摩サミットで大評価をいただいた地酒『滝自慢』もお勧めです。他には、味噌や醤油を塗った串団子や、春に摘んだ天然ヨモギのヨモギもち。通り沿いには土産物屋や食堂が軒を連ねていますので、食べ歩きもできますよ。
VR忍者修行体験
伊藤:いいですね。

増田:はい、旅館では、天然温泉の日帰り入浴を楽しむこともできますし、あと赤目四十八滝は、戦国時代 伊賀忍者が修行をした場所であることをご存じですか。当時、忍者がやっていたであろう修行を、何と、森の中で体験していただけます。

竹内:森の中で!

増田:はい。忍者衣装を身にまとい、レンジャー部隊のように綱の上をスルスル渡る修行や、暗い土蔵の中で刀を使う修行、またVRを使った修行もありますよ。ガイド役の忍者の指導の元、90分の時間で様々な修行を体験していただきます。

伊藤:VRを使った修行というのは何ですか。

増田:コンピュータを使った技術、Virtual Reality(バーチャルリアリティ)を利用した手裏剣修行です。本物の手裏剣を使った修行では、丸太を敵に見立てて突き刺すのですが、VRでは、敵の放った手裏剣を避ける修行もできるんですよ。
赤目四十八滝の紅葉
竹内:面白そうですね!お子さんから大人まで楽しめる観光が色々あるのですね。

増田:はい。渓谷の散策と、忍者修行体験、へこきまんじゅうのグルメに温泉、秋の赤目四十八滝はお楽しみが盛りだくさんです。是非お越しください。

伊藤:赤目四十八滝へのアクセス方法です。お車でお越しの場合は、名阪国道「上野IC」下車、およそ45分。公共交通機関をご利用の場合は、近鉄「赤目口駅」から赤目滝行バスでおよそ10分。お問合わせは、赤目四十八滝エコツアーデスク 電話番号 0595-64-2695。

竹内、伊藤:増田さん、今日はありがとうございました。

増田:こちらこそ、ありがとうございました!

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    2022.06
  • 蓮・睡蓮が見頃です!

    蓮・睡蓮が見頃です!

    2022.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します
志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します
掲載日:2022.07.01
志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します

フォトコンテスト

三重の嵐山
三重の嵐山
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約
ページトップ