観光三重トピックス!

かくまい宿からお茶屋さんへ。むらい萬香園は、伊賀流忍者と伊賀茶の文化を発信する穴場的スポット。(三重県応援団:2020年2月18日放送内容)

2020.02.18
むらい萬香園
伊賀忍者の里にある老舗のお茶屋さんが、むらい萬香園。
国内外からニッチなファンが多数訪れる観光スポットでもあります。
この地に刻まれた忍者文化のサイドストーリー、人々を引き付ける魅力とは何なのでしょう。



<この記事は、2020年2月18日に三重テレビ「三重県応援団」にて放映された内容をもとに構成しています。>
むらい萬香園
いかにも老舗のお茶屋さんらしい佇まい。
足を踏み入れると、レトロ感漂う店内に並ぶお茶と茶道具、そして忍者の武器や道具の数々。親しみやすく楽しげな雰囲気の中、三代目の村井元治さんにお話をお聞きしました。
むらい萬香園
そもそも、なぜ“お茶と忍者”なのでしょう。

「もともとは“かくまい宿”だったんです」と村井さん。彦根藩主の命を受けて仇討にやってきたものの、目的を果たせずにそのままこの地に住み着いたのがはじまり。以来、彦根から伊勢や大阪への道中、宿がなくて困った人を泊めるようになり、接待でお茶を出すより売った方が手っ取り早いとお茶屋さんを始めたのだそうです。面白いですね。

当時から多くの人が集まる場所だったというこのお店。祖父の宗吉さんと祖母の登美子さんは、近くに中央魚市場があるからと朝4時から夜2時まで店を開けていました。胡坐をかいたまま寝ていたと言われる宗吉さん。元治さんも横になって寝ている姿を見たことがないそうです。
むらい萬香園
当時、かくまい宿には多くの上級忍者が訪れ、後継者がいないことから武器や道具を宗吉さんに託し、忍術までも伝授。その後、忍術に興味を持った宗吉さんは、お茶屋さんの傍ら忍術学校を開き、その極意を伝えていたといいます。
忍者にとって一番重要な情報収集の為に、網膜に映像を焼き付ける修業をしたり、鼓動を止めて死んだふりをする技術も身に着けていたといいますから驚きです。

ある日、近所の人に「いっぺん術を見せてくれ」と冷やかされた宗吉さん。
前の道を歩く女性に鶏の真似をする催眠術を掛け、「コケコッコー」と大きな声で叫ばせたそうです。以来、「あそこを通ると忍術をかけられる」と子供たちがお店の前を避けて通るようになった。
そんな面白いエピソードも教えてくれました。
むらい萬香園
楽しすぎるお話を聞きながら、ふと店内に目を移すと気になる展示が。手裏剣をはじめとする忍者の武器や道具が並んだ「伊賀まちかど博物館」の横にある「自由意術本部」と書かれた木製の大きな看板。次から次へと興味が尽きません。
むらい萬香園
2000年8月ごろにはじまった「伊賀まちかど博物館」。

自慢のコレクションや伝統の技、手仕事などを見せながら想いを語るこの企画で、父の尊(たかし)さんは、宗吉さんの遺品を並べ、「自由意術本部」の看板を掲げて忍術学校をしていました。するとある日、市会議員の方がやってきて「やっぱり伊賀は忍者だよね」ということで意気投合。元治さんと二人で毎日忍者の衣装を着るようになり、お祭りやイベントだけでなくホームセンターへのお買い物もそのまま行ったといいますから筋金入りですね。

当時、黒装束で世を忍ぶ忍者は、決して良いイメージとは言えず、観光として使うのは好ましくないという意見も多かったそうですから、今では考えられない話です。
むらい萬香園
今や、海外で伊賀といえば“忍者のまち”として広く知られていますが、そうなったのはごく最近のこと。そして、そのムーブメントは、人から人へと歴史が語り継がれること、伝統を守るための小さな行動を積み重ねることで生まれたものなのです。
むらい萬香園
尽きることのない面白い話。これが人気の秘密かと思ったら、それだけではないようです。赤い忍者服に手?を通して、忍者と化した看板猫の茶々。座布団の上に鎮座しての堂々の店番ぶりで、元治さんを凌ぐ人気者です。
むらい萬香園
もう一つの売り物が、忍者パフェなど忍者にちなんだ数々の甘味。忍者の覗き目が気になる抹茶茶碗や巻物の箸置きなど、気が利いた小物も魅力です。
むらい萬香園
最後に登場したのは自由意術の「極意書」。
そこには、「生命は愛なり 生命の生命は新氣なり 健康は金銭財宝に勝る 健康に比較すべき富貴なし 壮健ならざれば愉快なく 徳行ならざれば幸福なし 健全の身体は労働より生ず 神佛霊感自由意術」と記されていました。徳を積んでいけばいつか自分に返ってくる。健康でいれば堂々と生きられる。その極意はそのまま人生にも当てはまるもの。

今も毎日、開店から閉店まで人が絶えないというこのお店。多くの人が集まるのは、元治さんが代々受け継がれる教えを守り、お天道様に恥じない、堂々と明るい人生を生きているからなのでしょう。その人柄がにじみ出た味のある素敵なお店でした。


【むらい萬香園 基本情報】
住所:〒518-0866 三重県伊賀市上野小玉町3130
TEL:059-521-1173
営業時間8:00~20:00(カフェ9:00~19:00)
定休日 木曜のみ(不定休)



動画は三重テレビ番組「三重県応援団」にて放送されたものです。
インターネットテレビ伝七ステーションでは、動画をフルサイズでアーカイブ配信しています。
ぜひご覧ください。

〇むらい萬香園(伊賀市)
https://www.den7st.net/home/videographydetail/654



PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    2022.06
  • 蓮・睡蓮が見頃です!

    蓮・睡蓮が見頃です!

    2022.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します
志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します
掲載日:2022.07.01
志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します

フォトコンテスト

清流宮川
清流宮川
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約
ページトップ