観光三重トピックス!

今も生き続ける商人のお屋敷と江戸の街並み。かつて日本の中心地でもあった「豪商のまち松阪」を歴史探訪。(三重県応援団:2020年1月7日放送内容)

2020.01.07

江戸時代、日本の文化を支えた商人とお伊勢参りの人たちでにぎわいを極めた“豪商のまち松阪”。当時の面影を色濃く残すまちを散策しながら、その歴史・文化を学びました。

御城番屋敷
<この記事は、2020年1月7日に三重テレビ「三重県応援団」にて放映された内容をもとに構成しています。>

まずは「豪商のまち松阪 観光交流センター」で情報収集。
松阪の歴史を紐解きながら知識を深めることから始めました。

レクチャーをしていただいたのは、松阪市観光協会 専務理事の竹川裕久さん。
街道を横切ることさえ難しいほどの賑わいだったという当時、お金を持たずに「ええじゃないか、ええじゃないか」と踊りながらお伊勢参りに行く人たちに、松阪商人がおにぎりやお茶、お金までも提供して支えていたと聞いてびっくり。
背中に柄杓一本挿してこの地を訪れれば、食べ物だけでなくお金までもらえたそうです。
たとえ貧しくても、人々の助けを受けながらお伊勢参りができたなんて、とても豊かな時代だったのですね。
豪商のまち松阪 観光交流センター
江戸時代の松阪の街並みをリアルに再現した模型。
街道沿いに整然と立ち並ぶお屋敷や宿と行きかう旅人たち。
竹川さんに促され目線を落としてみると、まるで当時の旅人になったような気分が味わえ、散策の期待と興味がますます高まってきました。
旧長谷川治郎兵衛家
まずは木綿問屋として栄えた代表的な豪商 長谷川家の「旧長谷川治郎兵衛家」へ。

ご案内をしていただいたのは館長の松本吉弘さん。
質素な風情ながら、細部に高価な部材を生かした上品な佇まいに心を奪われます。お庭のキリシタン灯篭の下にひっそりとたたずむマリア像、希少価値の高い木材をふんだんに使った建築様式、広々とした美しい日本庭園。
江戸・明治・大正・昭和と時代ごとに文化を取り入れながら守られ続けたお屋敷からは、当時の豪商の暮らしぶりが偲ばれるとともに、保存に携われた方々の350年にわたるご苦労と歴史が感じられました。
旧小津清左衛門家
続いて、江戸一番の紙問屋の邸宅だった「旧小津清左衛門家」へ。
その栄華を象徴する万両箱・千両箱。
蔵の床下に埋め込まれていたという200kgもあるという石造りの金庫が展示されていました。

そして長谷川家と共に裏千家を支えた家柄を象徴する、落ち着きのある心地よい和空間。
茶道具をはじめとした貴重な資料も、保存状態が良いのに驚かされました。
松阪ガイドボランティア友の会 会長の三好三重子さん
最後は松阪ガイドボランティア友の会 会長の三好三重子さんと共に「御城番屋敷」へ。
90歳の時に「何か新しいことをしたい」としつらえたという自作の甲冑をまとった三好さん。
その姿は、松阪への愛と、歴史を伝えたいという想いに満ち溢れていました。
御城番屋敷
松坂城を警備する武士たちの住まいであったお屋敷には、今も人が住み続けています。
その住人の一人、山本美智代さんは、なんと三好さんが小学校の先生をされていた時の教え子。
歴史を伝える人と暮らし続ける人、松阪を愛する想いで今もつながっているなんて素敵ですね。
松坂城の石垣
最後は「松坂城跡」へ。
天正16年(1588年)、蒲生氏郷によって築城され、総延長2kmに及ぶお堀と石垣に守られていた松坂城。
現在は、その豪壮な石垣が430年前そのままの姿で残されています。
三好さんと一緒に石垣に手をかざしてみると、なるほどひとつひとつの石が語りかけてくるような気がしました。
御城番屋敷
そして、三好さんのお気に入り、高台にある月見櫓跡へ。
整然と並ぶ武家屋敷が一望できるその景観は、まるで先ほど見た観光センターの模型そのもの。
江戸のまちが、そのまま残されていることにあらためて気づかされます。

そして、視線を少し左に向けてみると、ひときわ目立つ赤い木が。
松阪第一小学校の校庭の赤い木
松阪第一小学校の校庭にあるその木は、かつて三好さんが先生をされていた昭和20年の空襲の時に、しがみついて難を逃れた思い出の木なのだそうです。
「私の恩人です。」と静かに手を合わせる三好さん。
ここは絶景スポットであるとともに、三好さんにとっての特別な思い出の場所でもあったのです。
駆け足での歴史探訪。日本を支えた文化と松阪を愛する人々が共存し続けるまちの魅力は、とても一日で体感できるものではありません。ゆっくりと何度でも、江戸の旅人気分を味わうのも“ええじゃないか”。

【松阪市 基本情報】
名古屋からJRまたは近鉄で焼く1時間5分
大阪から近鉄で約1時間35分
お伊勢参りや伊勢志摩への旅行の中継点としても便利です。
「松阪を歩く」URL:https://www.kankomie.or.jp/special/matsusaka/index.html




この動画は、三重テレビ番組「三重県応援団」にて2020年1月7日に放送されたものです。
インターネットテレビ伝七ステーションでは、動画をフルサイズでアーカイブ配信しています。
ぜひご覧ください。

〇松阪まち歩き(松阪市)
https://www.den7st.net/home/videographydetail/620

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    2022.06
  • 蓮・睡蓮が見頃です!

    蓮・睡蓮が見頃です!

    2022.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します
志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します
掲載日:2022.07.01
志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します

フォトコンテスト

清流宮川
清流宮川
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約
ページトップ