観光三重トピックス!

紀北町長島地区「船だんじり」(旬体験!三重県おでかけ情報:2018年1月12日放送内容)

2018.01.12
紀北町長島地区「船だんじり」
紀北町長島地区でおこなわれます「船だんじり」についてご紹介します。

※ぎふチャン(岐阜放送)ラジオ「旬体験!三重県おでかけ情報」<2018年1月12日(金)放送内容>
AM1431kHz(岐阜)/AM720kHz(高山)/AM1197kHz(下呂)
パソコン・スマホ: http://radiko.jp/#GBS
パーソナリティ:西金之助さん、竹内万理さん
紀北町長島地区「船だんじり」
竹内:三重県の旬の観光情報をお届けする番組「旬体験!三重県おでかけ情報」。
今日は、紀北町長島地区でおこなわれます「船だんじり」についてご紹介します。
紹介いただくのは紀北町観光協会の西尾寛明さんです。
西尾さん、よろしくお願いします。

西尾:おはようございます。紀北町観光協会の西尾です。
紀北町は三重県南部で、世界遺産の熊野古道も通っている自然豊かなまちです。
今日はそんな紀北町から、明日1月13日(土)に行われる「船だんじり」という祭りについてご紹介させていただきます。

西:「船だんじり」とは、どんな祭りですか?

西尾:はい、紀北町長島地区の長島港は、伊勢えびなど魚介類の水揚げがありまして、漁師町という風情のまちですが、そこで行われる大漁祈願のまつりとなります。

竹内:漁師町の大漁祈願のお祭りですか、活気がありそうですね。
どんな内容ですか?

西尾:はい。カツオの一本釣りを模した船の山車(だんじり)で町を練り歩きます。
だんじりは、「だし」とも呼ばれる祭りで引くものですね。
その船だんじりに、漁師の家系に限られるのですが、小中学生の男子が釣り竿をもって乗り込みます。

西:その小中学生がカツオの一本釣りをする漁師ということですね。


西尾:そうです。竿の先にはカツオのぬいぐるみが付いていまして、
釣りあげる動作を繰り返します。そして、所々で止まって飴を撒きます。
紀北町長島地区「船だんじり」
竹内:漁師のお父さんやおじいちゃんの姿をお手本に、その子どもたちが山車の上で、一本釣りを繰り広げるのですね。飴を撒くのには、何か意味がありますか。

西尾:はい。カツオの一本釣りですから、エサのイワシに見立てた福(ふく)飴(あめ)を撒きます。
見物客がカツオのように集まって、飴を拾うのです。

西:なるほど!面白いですね。確かにたくさんのカツオが集まりそうですね。

西尾:そうです。「チョーサヤ、チョーサヤ」という掛け声に合わせて綱を引き、1kmほどの道のりを1時間以上かけてゆっくり進みます。そして、時々止まっては飴を撒きます。
最後に長島神社に到着すると餅撒きがあります。

竹内:見物客も、飴や餅といった福をたくさんいただけていいですね。
こうして地元の皆さんと見物客とが、船とカツオになって大漁を願う、そんな祭りの雰囲気も楽しんでいただきたいですね。
ところで、この「船だんじり」は、いつ頃から始まったのでしょうか。

西尾:船だんじりの歴史は古く、始まりは江戸時代前期と推察されています。
江戸時代中期の延享3年(西暦1746年)にかかれた『団尻仲間定』という文書には、喧嘩口論をしてはならないなど決まりごとが書いてあります。
紀北町長島地区「船だんじり」
西:当時の漁師さんたちの熱気が伝わってくるような内容ですね。
それでは「船だんじり」のスケジュールを教えてください。

西尾:はい、「船だんじり」は明日午後1時から、長島港の漁協前で、手踊りと神輿が始まります。
そして、午後2時30分頃に長島港の漁協前から、船だんじりが出発、午後3時30分頃に、長島神社に到着し、餅撒きがあります。

竹内:明日の午後1時から、船だんじりのお祭りが開催されるということです。
西尾さん、漁師町の風情と共に是非、お楽しみいただきたいですね。

西尾:はい。漁師町ということで「魚まち」とも呼ばれているのですが、干物屋が並ぶ通りや、江の浦橋という船が通るときに橋が上がる昇降橋などもあり、街歩きをしていただいても面白いですよ。

西:昇降橋は珍しいですね。

西尾:はい。橋には見張っている人がいて、船が通るときに橋を上げるのですが、橋が上がるときには、アメージンググレースの音楽が流れます。

竹内:神に感謝し讃える、とても美しい讃美歌ですね。
その音楽と共にゆったりと橋が上がり、船が行き来する様子も、一見の価値がありますね!

西尾:はい!そんな魚まち、紀北町長島地区長島港で、明日開催の船だんじり、ぜひお楽しみください!
紀北町長島地区「船だんじり」
西:「船だんじり」へのアクセス方法です。
お車でお越しの場合は、紀勢(きせい)自動車道「紀伊長島(きいながしま)IC」よりおよそ5分。
公共交通機関でお越しの場合は、紀勢本線「紀伊長島駅」下車徒歩20分、または、南紀特急バス「みえ熊野古道商工会前」下車徒歩10分です。
1月13日が雨天の場合は、「船だんじり」は、翌14日に延期されます。
問い合わせは、三重外湾漁業協同組合紀州支所
電話番号 0597-47-0600。
詳細は、紀北町観光協会のホームページでもご確認いただけます。

竹内、西:西尾さん、今日はありがとうございました。

西尾:こちらこそ、ありがとうございました!

観光三重ピックアップ!

  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2017.10
  • 世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    2016.11
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

春の花の始まりはしだれ梅から。続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り!
春の花の始まりはしだれ梅から。続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り!
掲載日:2020.02.22
春の花の始まりはしだれ梅から。続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り!

フォトコンテスト

マリーナ河芸
マリーナ河芸
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約
ページトップ