三重の歴史街道

初瀬街道

初瀬街道地図
初瀬街道

松阪市六軒で伊勢街道から分岐し、青山峠を越え名張を経て奈良の初瀬(桜井市)へと至る街道。古代には、天照大神に仕えた斎王が伊勢へ往来したとされ、長い歴史を持つ街道でもあります。

見どころ

阿保宿
阿保(あお)宿は、伊賀上野に通じる上野街道と津市美杉町に通じる八知街道が分岐する交通の要衝。上野・名張とともに藤堂藩から伊賀の地で三ヵ所だけ許された商業の町として栄えた地域です。また、宿場町としても賑わい、今も街道沿いにはロマンを秘めた史跡や遺跡が幾つか残り、往時の面影を偲ばせています。
阿保宿
美旗~名張旧市街
古代日本の中心であった大和と山ひとつ越えた距離にあり、古くから大和文化が流入し、東西往来の要衝として早くから開けた名張。町には幾つかの遺跡が残り、中でも美旗(みはた)古墳群は、名張が誇る重要な文化遺産です。江戸時代には津の藩主藤堂氏の城下町として、また、お伊勢参りの街道筋の宿場町としても栄え、現在でも市街地には往時を偲ぶ面影が数多く見られます。
美旗~名張旧市街

歳時記

大村神社祭(伊賀市)
古くから阿保(あお)の鎮守神として地元の人々の信仰を集めてきた大村神社で、毎年11月3日に行われる秋の例祭。当日は、阿保祭り、大村の獅子舞いなどが催され、特に2日の宵宮には、各地区から正装に身をかためた人々が、古式のままに古来の慣例にならって 奉納される獅子神楽を舞い、祭りは夜遅くまで続きます。
大村神社祭(伊賀市)
観阿弥(かんあみ)まつり(名張市)
当地で創座した能楽の大成者・観阿弥の功績をたたえて、毎年11月第1日曜日に市内の愛 好者が謡曲や仕舞、狂言などを奉納する祭り。場所は翁にゆかりの深い上小波田の地で、 ここには「能楽大成者 観阿弥創座之地」と刻まれた記念碑が立っています。当時30歳の 観阿弥が、この場所で念願の一座を結成し、初めて猿楽を奉納したと伝わっています。
観阿弥(かんあみ)まつり(名張市)
蛭子(えびす)まつり(名張市)
毎年2月7日が宵祭り、8日が本祭りとされ、蛭子神社で行われる伝統ある祭り。神社で はねこ柳の枝に飾りをつけた縁起物を参詣者が買い求め、沿道には蛤や植木苗などの市が 軒を連ねます。別名「八日えびす」、また、昔から戎には蛤がつきもので、毎年決まって 蛤の市が始まるので「はまぐりまつり」ともいわれています。
蛭子(えびす)まつり(名張市)

観光三重ピックアップ!

  • 三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    2020.05
  • 三重県には花の名所がいっぱい!季節ごとに鑑賞できるお花の名所をご紹介します。

    三重県には花の名所がいっぱい!季節ごとに鑑賞できるお花の名所をご紹介します。

    2020.05
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 三重県の観光物産ネットショッピング特集!#コロナに負けるな!

    三重県の観光物産ネットショッピング特集!#コロナに負けるな!

    2020.04
  • お土産にも最適!お家で食べられる三重のお持ち帰りグルメ特集!

    お土産にも最適!お家で食べられる三重のお持ち帰りグルメ特集!

    2020.04

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「#三重の想い出SNS投稿キャンペーン」実施中!
「#三重の想い出SNS投稿キャンペーン」実施中!
掲載日:2020.05.28
「#三重の想い出SNS投稿キャンペーン」実施中!

フォトコンテスト

鬼ヵ城の星空と一つの灯り
鬼ヵ城の星空と一つの灯り
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約
ページトップ