三重の歴史街道

伊賀街道

伊賀街道地図
伊賀街道

津から長野峠を越えて上野に至る全長12里の街道。慶長年間、伊勢・伊賀二国の大名であった藤堂高虎が本城である津と支城である伊賀上野を結ぶ重要な官道として整備しました。

見どころ

平田宿
伊賀と伊勢を結ぶ伊賀街道。その宿場の名残を今に伝える平田宿は、平松宿(ひらまつじゅく)と同じく藤堂藩が公用荷物の運搬のため領内の主要街道に設けた宿場で、上柘植(かみつげ)・佐那具(さなぐ)・島ヶ原(しまがはら)・簗瀬(やなせ)・阿保(あお)・上野町とともに、伊賀八宿と呼ばれていました。村の中心部にある街道筋の面影の残る通りで、「植木神社祇園祭」の舞台となっています。
平田宿
五百野~長野宿周辺
昔から伊賀や大和と伊勢とを結ぶ交通の要衝であった長野峠の峠下には、津藩領の幹線道路として、伊勢の津と伊賀の上野を結ぶ伊賀街道が通るようになりました。近世になると、北長野は峠下の宿場町として旅籠や茶屋が軒を並べて賑わい、今も道端に佇む常夜燈や旧街道沿いの集落には御神燈や万度石が立ち、往時の面影を見ることができます。
五百野~長野宿周辺

歳時記

植木神社祇園祭(伊賀市 植木神社)
7月最終土・日曜日に行われる山里に古くから伝わる夏まつり。当日は、2台の神輿(みこし)と3台のだんじりなどが、太鼓、囃子の音とともに往時の面影を残す平田の街道筋を五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈って練り歩きます。だんじりも神輿も約400年も前のものであるといわれ、県の無形文化財に指定されています。
植木神社祇園祭(伊賀市 植木神社)
上野天神まつり(うえのてんじんまつり)(伊賀市)
学問の神様・菅原道真(すがわらのみちざね)を祀る、上野天神宮(菅原神社)の秋祭りは、毎年10月23~25日に行われ、豪華絢爛なだんじりや個性豊かな鬼など延々2kmにも及ぶ行列が城下町を練り歩きます。その歴史は天正年間にさかのぼるという大変由緒あるまつりで、歴史の町並みをまつり一色に染める伊賀上野の秋の風物詩です。
上野天神まつり(うえのてんじんまつり)(伊賀市)

観光三重ピックアップ!

  • 三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    2020.05
  • 三重県には花の名所がいっぱい!季節ごとに鑑賞できるお花の名所をご紹介します。

    三重県には花の名所がいっぱい!季節ごとに鑑賞できるお花の名所をご紹介します。

    2020.05
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 三重県の観光物産ネットショッピング特集!#コロナに負けるな!

    三重県の観光物産ネットショッピング特集!#コロナに負けるな!

    2020.04
  • お土産にも最適!お家で食べられる三重のお持ち帰りグルメ特集!

    お土産にも最適!お家で食べられる三重のお持ち帰りグルメ特集!

    2020.04

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「#三重の想い出SNS投稿キャンペーン」実施中!
「#三重の想い出SNS投稿キャンペーン」実施中!
掲載日:2020.05.28
「#三重の想い出SNS投稿キャンペーン」実施中!

フォトコンテスト

雪解けて目を覚ましだす風景
雪解けて目を覚ましだす風景
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約
ページトップ