三重の文学

本居宣長の才

本居宣長

国学、医学、商売、ファッション…。宣長の才能は、底無しだった!?

本居宣長は、松阪の木綿問屋に生まれ、生涯をその町で過ごした。店は松阪でも隆盛を誇った老舗、しかも彼は長男であつたため、家業を継ぐことは必至であった。ところが店が倒産し、宣長本人にも商才がないということで、母・勝に医学の道を勧められる。 彼は医術を習得するため、5年7ヵ月余りの京都遊学を経験。その間、儒学、国学、和歌など、さまざまな学問にも興味をもつ。のちに国学者・賀茂真淵と出会い、国学に開眼する素地がその時できあがったのである。

京都から帰り、宣長は春庵を名乗って、小児科の開業医となる。彼は、国学の講義中であっても、急患があれば急いで赴き、死の9日前まで診療にあたっていたという。また、彼の几帳面ぶりは特筆もので、『済世録(さいせいろく)』には患者名、薬名、処方、盆暮の支払いなどがこと細かく記録されており、家計簿などもきちんとつけている。商才がなかったはずの宣長だが、松阪商人の気質は、しっかり受け継いでいたのである。そして、この細やかで実務的な性格が、「古事記」の研究、注解に多大なる威力を発揮し、「古事記伝」完成という偉業に結実したのである。

ところで、宣長は鈴屋衣(すずのやごろも)という独自の服を来たり、髪型も一風変わった茶筅風(ちゃせんふう)にしたりと、ファッションの才もあったらしい。当時の松阪は、新しい商法で財をなした越後屋(後の三井財閥)を生んだように、時代を先取りする町であった。宣長の才能もじつはそんな自由な気風の中で、開放されたのである。 松阪のノスタルジックな歴史もいいが、江戸期のブランニューな歴史もぜひご覧いただきたい。

作品紹介

[古事記伝]

本居宣長が35年をかけて完成させた古事記の注釈書。国学者の研究成果では最高峰といわれる。

関連スポット

鈴屋(すずや)[松阪市]
宣長が執筆活動に励んだ、旧宅の2階にある書斎。彼が鈴の愛好家だったことからこう呼ばれている。
近鉄・JR松阪駅からバス市役所前下車徒歩5分
鈴屋(すずや)
本居宣長記念館[松阪市]
宣長の遺稿など一万四千余点を所蔵。国の重要文化財も358点に及び、一部陳列されている。
近鉄・JR松阪駅からバス市役所前下車徒歩5分
本居宣長記念館
本居宣長奥墓(おくつき)[松阪市]
自らの遺言により遺骨が埋葬されている本居宣長の奥墓。墓碑は宣長の直筆。松阪市郊外にある山室山の山頂近くにある。
近鉄・JR松阪駅からタクシー20分
本居宣長奥墓(おくつき)

観光三重ピックアップ!

  • 三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    2020.05
  • ビールを飲んでエールを送ろう!Yell for Japan

    ビールを飲んでエールを送ろう!Yell for Japan

    2020.05
  • “絶対諦めない!”三重県中伊勢温泉郷が「未来宿泊ギフト券」でチャレンジ!

    “絶対諦めない!”三重県中伊勢温泉郷が「未来宿泊ギフト券」でチャレンジ!

    2020.05
  • 色とりどりの春の花を見に行こう!つつじ・藤・ぼたん・バラ!綺麗に咲き誇る春の花特集

    色とりどりの春の花を見に行こう!つつじ・藤・ぼたん・バラ!綺麗に咲き誇る春の花特集

    2020.05
  • 三重県の観光物産ネットショッピング特集!#コロナに負けるな!

    三重県の観光物産ネットショッピング特集!#コロナに負けるな!

    2020.04

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

おうち時間に「火の谷温泉」の美味しいビールを飲んで 医療従事者にエールを送ろう!Yell for Japan
おうち時間に「火の谷温泉」の美味しいビールを飲んで 医療従事者にエールを送ろう!Yell for Japan
掲載日:2020.05.15
おうち時間に「火の谷温泉」の美味しいビールを飲んで 医療従事者にエールを送ろう!Yell for Japan

フォトコンテスト

茶畑の一本桜
茶畑の一本桜
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約
ページトップ