取材レポート

ライブハウス「B&Wカフェ」は最先端の感染症対策機器を完備!コロナ禍でも安心して楽しめるライブ空間を提供【あんしんみえリア優秀店レポート】

掲載日:2021.10.29

津市大門の「B&Wカフェ」は新型コロナウイルス感染症対策機器を開発する北村裕紀さんが作り上げたライブハウス。徹底した感染症対策と空間除菌、換気を行い、ライブに必要なステージ機材とオンライン配信設備を完備。コロナ禍に対応した最先端のライブハウスの感染症対策を紹介します。

B&Wカフェとは

B&Wカフェは2020年3月末にオープンした津市大門のライブハウス。

新型コロナウイルス感染症対策機器の開発者「北村裕紀(きたむらひろき)」さんが設計・作り上げた施設であり、新型コロナウィルス対策の専門家ならではの視点で感染症対策が実施されています。

今回はこのお店が「みえ安心おもてなし認証制度(あんしんみえリア)」で優秀店に選ばれたということで、実際に取材に行ってきました!

北村裕紀さんの経歴と実績

かつては大手電機メーカーで空気浮遊物対策の研究に従事した北村裕紀さん。これまでの知識を活かし、「コロナックス」※を始めとしたコロナウイルス対策機器の開発を行い、数々のテレビ番組や新聞で報道されました。

現在は北村音響のサポート役としても活動。コロナ禍でアーティストのライブ活動が停滞する今、「音響屋でコロナ感染症対策機器を作る人がライブハウスを作ったらどうなる?」をコンセプトに出来たのがライブハウス「B&W Cafe」です。

※ コロナックス・・・新型コロナウイルスの家庭感染防止の隔離シェルター。商品名の由来は「コロナを無くす」の語呂合わせで「コロナックス」

コロナ禍に対応した最先端のライブハウス

ライブをやりたい人・見たい人の不安を払拭するため、今求められるライブハウスの理想をとことん追求し、それを形にしました。B&Wカフェの感染症対策を詳しく解説していきます。

人が集まるフロアを空間除菌

コロナックスタンドで浮遊ウイルスを不活性化

コロナックスの思想を引き継いだ「コロナックスタンド」をライブフロア・飲食フロアに配備。この装置は紫外線の力で空気中の浮遊ウイルスを不活性化し、83%の浮遊殺菌率を実現。

この装置を人が集まる飲食エリアに置くことで、空間除菌が常に行われる環境になり、新型コロナウイルスの空気感染を予防できます。

オゾン発生器で空間除菌の精度向上

さらに、換気の風上にはオゾン発生装置を配備し、全フロアにオゾンを行き渡らせることで空間除菌の精度を上げています。オゾン濃度が人体の有害にならないように、オゾン濃度計をお客様が確認できる位置に置いています。

科学的根拠に基づいた空気循環を実施

エリアを3つ(飲食・ライブ・アーティスト控室)に分けることで1箇所に空気が滞留しない空間設計になっています。さらに、人々の密集を防ぐため、管理区域では最大10人の人数制限を実施。管理区域の場所は出入口に掲示された「換気方向についての表示」の張り紙で確認できます。

各フロアに換気設備を設置

各フロアには換気設備を必ず設け、飲食フロアを風上、アーティスト控室を風下、出入口を常に開放するこで、全フロアに新鮮な空気が行き渡る空気循環を実現しています。

ライブフロアに立つと微風があたるので、空気の流れを肌で感じられます。

お客様・アーティスト・従業員への徹底した感染症対策

① お客様への感染症対策

出入口には非接触型の消毒装置と検温装置を設置し、来場者への感染症対策を徹底しています。

万が一マスクを忘れたり、マスクの紐が破れても大丈夫なように、出入口のテーブルにはマスクが置かれています。

②アーティストへの感染症対策

アーティストのマイクは紫外線除菌装置に入っており、ここに3分間入れると除菌可能です。

従業員への感染症対策

従業員には徹底した感染症対策を指導しており、「アルバイトを含む従業員様への徹底事項」と記載された張り紙が店内各所に掲示されています。

安心を見える化!感染症対策を目で確認

二酸化炭素濃度の計測

ライブフロアには二酸化炭素濃度が見える装置を設けており、空気循環の精度を常に確認できます。

飲食物への感染症対策

従業員は必ずマスクを着用し、飲食物を提供する際は手袋も着用。ドリンク提供時にはコップをラップで覆い、持ち主の名前を記載したタグも装着します。こうすることで他人のドリンクを誤って飲むことを防止でき、ラップにより飛沫対策も可能です。

ソーシャルディスタンスを保つ目印を床やテーブルに設置

ソーシャルディスタンスを保つ目的として、各フロアの床にはシールやテープが貼られています。これを目立たせる色合いや形にすることで、来場者へソーシャルディスタンスを呼びかけることができます。

席に座った人同士が密集しないように、テーブルにアクリル板の設置や座席間隔を空けるための張り紙が置かれています。

エンジニアがいるからこそ実現できる豪華なライブ演出

ステージの利用料金にはエンジニアの機材操作代が入っており、照明や音響機器の操作、オンライン配信など、全てをサポートしてくれます。

ライブ演出をより引き立てるスモーク設備も完備しています。

カメラは2か所をズームアウトすることができ、様々な角度でライブ映像をネットワーク配信できます。

ステージ内の音響機器は全て自由に利用することができ、ライブ演出に必要な機材が一通り揃っています。

利用料金について

利用料金はシンプルで、1時間単位の料金と、5時間・12時間のお得なパック料金があります。

土日祝
 1時間:11,500円
 5時間:49,800円
12時間:99,800円
金曜日・祝前日
 1時間:8,800円
 5時間:39,800円
12時間:79,800円
月〜木曜日の平日
 1時間:7,500円
12時間:59,800円
備考
※価格は全て税別です。
※来場者は別途ドリンク代が必要です
※機材使用代・エンジニア機材操作代など、全て含まれた価格です

いかがでしたでしょうか

音響屋のこだわりと新型コロナウィルス対策の専門家が作り上げた究極のライブハウスが「B&Wカフェ」です。

「うちの感染症対策はライブハウスだけでなく、全施設が意識して導入できると思うので、ぜひ参考にしてほしいですね。」と北村さんは語ってくれました。

B&Wカフェのオーナー「北村裕紀」さんはコロナックスタンドの導入や感染症対策のご相談を承っています。気になる方は営業情報に記載の電話番号へご連絡ください。

B&Wカフェの営業情報

住所
〒514-0027 三重県津市大門23−5 プロファーストビル2F
営業時間
11時半〜15時半(1部)
19時〜21時(2部)
※当面の間、コロナ対策により1部の時間帯は要予約
定休日
1部は土曜日・日曜日
2部は年中無休(臨時休業あり)
電話番号
090-4111-1127
公共交通機関でのアクセス
近鉄津駅から三重交通バス「警察学校行」乗車、京口立駅下車、徒歩1分
車でのアクセス
伊勢自動車道 津 ICから10分
備考
駐車場は最寄りのコインパーキングを利用
※土日祝は1日300円〜、平日は1日500円〜が相場。

B&Wカフェ周辺のスポット

B&Wカフェがある津市大門にはこんなスポットがあります。

津観音
津観音
開山は西暦709年で、日本三観音の一つです。本尊は、聖観世音菩薩。歴代将軍家や津藩主藤堂家の祈願所であり、数多くの文化財を有する真言宗の古刹。
平治煎餅本店
平治煎餅本店
創業大正2年、三重県津市の阿漕の浜に伝わる孝子物語の主人公「平治」の忘れ笠を模った「平治煎餅」「平治最中」をはじめとした各種和菓子を販売。
蜂蜜まん本舗
蜂蜜まん本舗
創業45年、水谷養蜂場ゆかりの初代が「蜂蜜をもっと身近に」との想いから生み出した「蜂蜜まん」を販売するお店。
御菓子處 とらや本家
とらや本家
季節の和菓子がいろいろ揃う和菓子店。名物はいちご大福。その他に、ぱいん・栗あずき・ばなな・巨峰・梨が入った大福など、旬のフルーツが入った大福を季節ごとに販売。
カテゴリー
季節
エリア

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ