• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 三重県の潜水橋特集 意外と近くに在る秘境?絶景の潜水橋を楽しもう!この暑い夏を快適に過ごす為の「涼」をお届けします!【後編】

取材レポート

三重県の潜水橋特集 意外と近くに在る秘境?絶景の潜水橋を楽しもう!この暑い夏を快適に過ごす為の「涼」をお届けします!【後編】

掲載日:2021.10.01

4,592ビュー

皆さんは潜水橋(せんすいきょう)というものをご存知ですか?三重県内では沈み橋(しずみばし)や潜り橋(もぐりばし)、沈下橋(ちんかばし)とも呼ばれています。以前の記事で「朝明川の洗い越し」を紹介した際に色々と調べる中でその魅力を知り、拙僧自身がとても気になったので各地を探索して来ました!(笑)

記事作成:MAMMY(マミー) #みえ旅カメラ部
僧侶と写真家、二足の草鞋を履く僧侶フォトグラファー

鈴鹿市在住 カメラ歴:Nikon一筋13年
今回の取材では、最近購入したKEENのサンダルが大活躍しました!(笑)

最近は雨予報が続きますが、お日様が顔を出すとまだまだ暑いですね。(汗)お待たせしましたっ!そんな暑さも吹き飛ばす三重県の潜水橋特集【前編】に引き続き、まだご紹介出来ていない潜水橋をご紹介します。「前編見てないや…。」「潜水橋って何?」って方は前編も併せてご覧下さい。

潜水橋と名松線

この橋が見える道を今まで車で何回も通っていたのに、これまでその存在に全く気付きませんでした…。

潜水橋と名松線

茂みの間を進むと見えてきました。「…細いっ!(笑)」人ひとり通るのがやっとなくらいの幅で、歩くとかなり揺れました。

潜水橋と名松線

しっかりとワイヤーで繋がれた流れ橋タイプですね。このサイズの橋桁なら流れてしまっても一人で直せそうです。

潜水橋と名松線

川は浅いですが、大きめの石がゴロゴロしているので歩き辛かったです。周りに緑が多いのと、時折吹く冷んやりとした風が気持ち良かったです。


波篭(はこ)流れ橋(津市)

潜水橋と名松線

道路から降りるとこのような茂みのトンネルを潜って進みます。

潜水橋と名松線

此方の流れ橋タイプですが、先程の橋より橋桁は広いです。木製の橋桁はやっぱり揺れますね。拙僧はそちらの方が楽しいですけどね。(笑)

潜水橋と名松線

これだけたくさんの緑に囲まれているので道路からは橋が見えません。見つけるのは苦労しますが、そのぶん人工物の無い自然いっぱいの写真が撮れますよ。此方の川も浅めで大きな石がゴロゴロしていました。

潜水橋と名松線

今回の取材の中でトップクラスにテンションが上がった一枚がこちら!流れ橋の奥に鉄道橋が有るので通らないかなあと思っていたらタイミング良く来てくれました。次回はまた違うアングルで撮りに来ようと思ってます。


奥津(おきつ)流れ橋(津市)

潜水橋と名松線

此方は川の流れが穏やかで、水の綺麗さが際立ちます。視界一杯に広がる緑がたまりませんね。

潜水橋と名松線

地域差かもしれませんが、前回と異なりここまで全て木製の橋桁です。やはり林業が盛んな美杉周辺だからでしょうか。

潜水橋と名松線

流れが穏やか過ぎて一見すると池の様にも見えますね。拙僧は持っていないですが、撮影時にフィルターを使用すればリフレクションを楽しめそうですし、逆に反射を抑えれば川底が鮮明に見えて一興です。

潜水橋と名松線

流れ橋付近の水深は膝くらいで、上流は砂が多くて歩き易かったです。一方、下流側は苔が付着した石が多く、何回も滑りかけました。手ぶらだと転けても気持ち良いかもしれませんが、大切なカメラを持っているのでかなり焦りました…。(笑)


蓮川 森の沈み橋(松阪市)

潜水橋と名松線

此方は久々のコンクリート製の橋桁ですね。橋の長さも短く、橋柱では無く石垣が積まれているようです。

潜水橋と名松線

他所にも在りましたが、橋の近くに設置されている看板もご紹介。本当に川だけでなく自然の脅威を甘く見てはいけません。こういった情報や知識をしっかり確認して、少しでも異変を感じたり、危険を感じたら直ぐに安全な場所まで避難して下さい。

潜水橋と名松線

道路から橋までのアプローチ。ここは反対側からの方が正解だったかも…。

潜水橋と名松線

水は綺麗ですが流れも速く、水深も深い様なのでここは中洲からの撮影に留めました。


櫛田川 香肌(かはだ)沈み橋(松阪市)

潜水橋と名松線

此方は国道166号から見下ろす形になります。見た瞬間、川の綺麗さに思わず声が出ました。(笑)手前の茂みが凄過ぎて降りれそうにないので反対側に渡る事にしました。橋の左側には以前の橋の跡がありますね。

潜水橋と名松線

こちら側はそれなりに人が通るのか、草が生い茂ってはいますが通り易かったです。

潜水橋と名松線

見てください、この透明度を!本当に綺麗です。

潜水橋と名松線

橋の下は深くなっていて、綺麗な青緑色が深くなるほど色濃くなっています。


七日市(なのかいち)沈み橋(松阪市)

潜水橋と名松線

此方は近くの橋から撮影しましたが、橋桁が途切れていますね…。(涙)これほど橋桁も高いのに増水時には潜水して流されてしまうんですね…。

潜水橋と名松線

橋が途切れているくらいなのでアプローチは荒れていると思ったのですが、それ程でもなかったです。

潜水橋と名松線

ここも結構な深さが有りそうで青緑色が濃いです。直ぐ横にある砂地の所まで行けると良かったのですが簡単には行けそうにありませんでした。


粟野(あわの)沈み橋(松阪市)

潜水橋と名松線

水深は深過ぎず流れも穏やか、川幅も広くて此方も絶景ですね。

潜水橋と名松線

此方の橋は、「平松沈み橋」との表記も有りました。今でもしっかりと使われている様で、地元の方が軽トラで渡っていました。

潜水橋と名松線

橋の近くに砂地もあって遊ぶのに良さそうですが、アプローチが発見できず…。(涙)


赤桶(あかおけ)沈み橋(松阪市)

潜水橋と名松線

此方もすぐ横に架かる橋から撮影しましたが、今回初めて人が遊んでいるところに遭遇しました!(笑)

潜水橋と名松線

高さのある橋桁から若い子達が飛び込んで遊んでいました。後で同じ場所から覗き込んで見ましたが、臆病な拙僧が飛び込むには随分と時間がかかりそうです…。更に上流の方でも小さい子がお母さんと一緒に遊んでいました。よく見ると橋桁の上流側の尖った部分には鉄板の様なもので補強されていました。

潜水橋と名松線

此方は橋のすぐ横から安全に降りる事が出来ました。膝くらいまで入って撮影しながら、拙僧にはこれ位の川遊びで充分だと思いました。(笑)


↓↓ まだまだ続きますので、次のページへどうぞ! ↓↓

カテゴリー
花&自然&公園 絶景&秘境
季節
夏(6~8月) オールシーズン
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 紅葉特集【2021年版】 見頃情報とともにお届けします♪

    紅葉特集【2021年版】 見頃情報とともにお届けします♪

    2020.10
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2020.10
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

なばなの里イルミネーション2021‐2022!期間・料金・アクセス等詳しくご紹介します!
なばなの里イルミネーション2021‐2022!期間・料金・アクセス等詳しくご紹介します!
掲載日:2021.10.25
なばなの里イルミネーション2021‐2022!期間・料金・アクセス等詳しくご紹介します!

フォトコンテスト

梅雨の朝熊登山
梅雨の朝熊登山
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • なばなの里イルミネーション2021‐2022!期間・料金・アクセス等詳しくご紹介します!

    なばなの里イルミネーション2021‐2022!期間・料金・アクセス等詳しくご紹介します!

    今年のテーマは「奇跡の大樹」

    なばなの里イルミネーションは、国内最大級のスケールと最高峰のクオリティで人気のイルミネーション。2020-2021のメインテーマ「奇跡の大樹」や光のトンネルなど、なばなの里イルミネーションの魅力、期間、料金、割引情報、点灯時間...

    #
  • 三重の街へ、笑顔と幸せを届けにやってくる!キッチンカー特集!!

    三重の街へ、笑顔と幸せを届けにやってくる!キッチンカー特集!!

    三重県を中心に活動をするキッチンカーを、ASOBISIAが突撃取材!今回は5つのキッチンカーを紹介します!!どれも個性あふれるキッチンカーで、三重県に笑顔と幸せを届け、盛り上げてくれています!

    キッチンカーの旅へ、LET'S GO!

    #
  • 菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」

    菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」

    三重県菰野町の「小島と田光のコスモス畑」を美しく撮影する方法をご紹介。これを見ればあなたもすぐに最高の写真が撮れる⁈
    三重の若手風景写真家が教える、小島と田光のコスモス畑へ撮影に行く際に知っておくべき情報を全公開!

    #

季節おすすめ記事

  • 東紀州へいらっしゃい!熊野尾鷲道路開通記念キャンペーン♪

    東紀州へいらっしゃい!熊野尾鷲道路開通記念キャンペーン♪

    PR

     2021年8月29日に三重県の尾鷲北ICから尾鷲南ICまでをつなぐ国道42号「熊野尾鷲道路(Ⅱ期)が全線開通!開通を記念して、近隣の5市町で3,000円以上のご利用で、それぞれの地域ならではの景品がもらえるプレゼントキャンペーンを実...

    #
  • 【あんしんみえリア優秀店レポート】「三重の食彩酒場 みえやに」は郷土愛に満ち溢れた居酒屋。三重県産の食材と料理でおもてなし。

    【あんしんみえリア優秀店レポート】「三重の食彩酒場 みえやに」は郷土愛に満ち溢れた居酒屋。三重県産の食材と料理でおもてなし。

    全メニューに三重県産の食材を使うことを目指す居酒屋「みえやに」。食材の仕入先は8割が三重県であり、醤油・味噌・塩などの調味料も三重県産を使うなど、地産地消へのこだわりが強いお店です。三重の食材たっぷりなランチメニュー...

    #
  • まるでもののけ姫の世界!苔と光の渓谷「赤目四十八滝」

    まるでもののけ姫の世界!苔と光の渓谷「赤目四十八滝」

    まるでもののけ姫にでてくる苔の森のような雰囲気を持つ「赤目四十八滝」を美しく撮影する方法をご紹介。これを見ればあなたもすぐに最高の写真が撮れる⁈
    三重の若手風景写真家が教える、赤目四十八滝へ撮影に行く際に知っておくべき...

    #
ページトップ