• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

取材レポート

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

掲載日:2021.03.30

503ビュー

全国に40の温泉旅館・温浴施設を展開する、温泉エンターテインメントグループ「大江戸温泉物語」。「温泉と旅の楽しさをもっと気軽に何度でも」のコンセプトの通り、いろいろな施設に足を運んでほしいという想いから、個性豊かな宿を展開しています。
「大江戸温泉物語 伊勢志摩」の支配人、安江忠弘さんに聞きました。「うちの特徴は、英虞湾の絶景というロケーションのもと、地元浜島で湧き出す温泉と、なにより季節ごとに変化のある創作バイキングを楽しめることです」。
伊勢志摩ならではの魅力が堪能できる宿を、徹底リポートします!

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

伊勢志摩国立公園の一部で、真珠養殖の一大産地としても知られる「英虞湾」。複雑な曲線が織りなす美しい海岸が連なり、いくつもの島々が浮かぶ、その海を見下ろす位置に建つのが「大江戸温泉物語 伊勢志摩」。
2012年のオープン以来、県内外から多くのお客さんが訪れる人気の温泉施設です。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

チェックインを済ませたら、フロント前にある浴衣コーナーで、さっそく浴衣選びを! 数種類の中から、お好みの色・柄デザインを探して、温泉情緒を楽しみましょう。
サイズの目安を示した身長メジャーと、大きな姿見もセットされているので、鏡で見ながらお気に入りを選べます。
浴衣コーナーの脇に見えているのは、子ども用スリッパの棚。ここでぴったりサイズを探していきましょう。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

客室は、海側と山側のどちらかをセレクト。「オーシャン・ビューは、マスト!」「緑を眺めて、とにかくリラックスしたい」など、気分に合わせて選べるように、さまざまな部屋タイプがあります。

「海側の和室」の目の前には、雄大な海とその上を行き交う船、養殖真珠の筏など、ずっと眺めていても飽きることのない風景が広がっています。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

「山側の洋室ツイン」は、シックで洗練された空間。ベッドタイプのお部屋は、ご年配の方に好評だそうです。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

車椅子の方が過ごしやすいように設計された「洋室バリアフリーフォース」。部屋の中央に配置された大きなソファーでゆったりくつろげます。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

一部屋だけの「民芸風大部屋」は、開放感あふれるパノラマビューが圧巻です! 離れにあって隣にも上下にも接する部屋がありませんから、ちょっとぐらい騒いだって大丈夫! 大人数の旅行や合宿にはぴったりです。
オーシャン・ビューの「海側 和室32畳」もまた、一連の客室とは離れているので、自由な使い方ができそう。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

続いて、自慢の温泉施設をご紹介。

源泉名は「浜島(はまじま)温泉」で、泉質は「療養万能泉」といわれる「ナトリウム-塩化物温泉」。少し塩味を感じるお湯は、神経痛や関節痛などに対して効果が期待できます。

大きなガラス窓が開放的な、内湯の「大浴場」。さえぎるもののないおだやかな英虞湾の風景と、良質なお湯が、からだの疲れを内と外からじんわり和らげてくれます。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

波音をBGMに癒しのひとときを過ごせる「露天風呂」。通り抜ける潮風も気持ちいい!

この温泉は、日帰りでも楽しめるほか、夕食のバイキングとセットで満喫する「日帰りディナーバイキング」というプランもあります。※入浴は、宿泊客が優先されます。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

露天風呂から眺める「朝焼けに染まる海」は、感動すら覚える美しさ。幻想的な風景にうっとりして、思わず長湯しちゃいそう。

※朝陽の位置は季節によって変わります。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

薬湯など、月替わりのお湯が楽しめる、「かわり湯」も見逃せません。なかでも「コラーゲンの湯」は、湯上がりのお肌がとぅるんとぅるんで、しっとり感が特に女性に好評です。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

温泉からあがって、ほてった体を冷ます時間が、なんだか手持ちぶさたなアナタ! 名作がずらりと並ぶ「まんがコーナー」へどうぞ。「このあたりは温泉街ではありませんから、夜に遊ぶ所もありませんしね」と安江さん。
このまんがコーナーだけでなく、温泉に定番の卓球コーナー、ゲームコーナーなど施設内には楽しいアミューズメントが充実していましたよ! ※一部の施設は有料。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

木目調の自動販売機を発見! 背景になじむ工夫が施されているので、和の雰囲気の中でも違和感がないですね。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

きめ細やかなサービス精神が感じられる館内。エレベーター前にはベンチが設置され、エレベーターを待つご年配のお客さまに好評なんだとか。こういうちょっとした心遣いにもおもてなしを感じますね。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

夕食は、人気の「創作バイキング」! 全長24mのライブキッチンで繰り広げられる料理人たちのパフォーマンスが、できたてつくりたての味わいをさらに引き立てます。よく見ると、キッチンと客席の間に柱が見当たりません。つまり、どの席からもライブ感あふれる調理風景が楽しめるということ!

品数は、デザートも含めると、なんと80種! 季節ごとに展開する「料理フェア」でメニューが変わるのも、「大江戸温泉物語 伊勢志摩」の魅力! 訪れるたび、新しい味に出会えるんです!

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

やはり人気は、伊勢志摩ならではの海の幸! なかでも鮮度抜群のお刺身は絶品です。それもそのはず、和食出身の料理長が、いちばんおいしい温度の管理や、添える薬味にまで目を光らせ、「見た目もごちそう!」と、華やかな盛り付けで提供してくれるんですから。
目の前で揚げたてのアツアツ天ぷら、焼きたてのホタテ貝や海老のおいしさは格別。ネタを選んでその場で握ってもらうお寿司食べ放題なんて、なんと贅沢なんでしょう!

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

デザートは別腹! ということで、種類豊富なスイーツもたくさんいただきました!

大人の満足だけじゃありません。ベビーフードのコーナーも設けて、赤ちゃんにも対応してるんです! これって、乳児連れのファミリーが宿を選ぶ時の、一つのポイントになりませんか?


オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

「朝食バイキング」もまた、「大江戸温泉物語 伊勢志摩」の自慢! 
ライブキッチンから提供される焼きたての、地物の干物がおいしい! 太陽の光に照らされた英虞湾を見ながら、ゆったりとした朝を過ごしてください。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

朝食バイキングで味わってほしいのが、「自分で作るのっけ丼」。どんぶりからあふれるくらい具材を乗せられるなんて、贅沢すぎる!

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

温泉周辺の自然をもっと楽しみたいなら、「英虞湾満喫クルーズ」へ。スタートは、敷地内にある桟橋から! 「日本のエーゲ海」ともいわれる変化に富んだ「英虞湾」を周遊しながら、ここにしかない光景を満喫できます。

オーシャンビューの温泉と創作バイキングを堪能! 「大江戸温泉物語 伊勢志摩」でリフレッシュ

クルージングの途中、海中に仕掛けたカゴを引き上げる「カゴ漁」も体験できるんです。運よく魚や海老が獲れたら、そのまま船の上で網焼きにしてもらって味わえる、なんてラッキーが待っています。
レンタルの釣竿やえさを使って、桟橋で海釣りにチャレンジするのも面白そう! ※有料

「温泉とグルメとロケーションの他にも、この伊勢志摩地域には観光の魅力がたくさんあります。ここにお泊りになって、ゆっくりおくつろぎいただくためにも、コストパフォーマンス重視の姿勢をつらぬいていきます。これからも、多くの方々に喜んでいただけて、伊勢志摩の魅力を満喫できる温泉宿をめざしていきます」と、安江さん。くつろぐための環境と設備を兼ね備える温泉宿には、おもてなしの心を感じました!

大江戸温泉物語 伊勢志摩

住所
志摩市浜島町浜島1035
電話番号
0570-041264(大江戸温泉物語 伊勢志摩)
公式URL
https://iseshima.ooedoonsen.jp/
営業時間
チェックイン15:00〜、チェックアウト翌日11:00
料金
11,308円(税込)〜(2名利用時/1名/1泊2食付)
公共交通機関でのアクセス
近鉄鵜方駅から無料送迎バスあり(約25分)
車でのアクセス
伊勢自動車道「玉城IC」から車で約60分
駐車場
約100台(無料)
カテゴリー
宿泊
季節
オールシーズン
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重のええとこご紹介!!<br />
みえ旅カメラ部始動しました!

    三重のええとこご紹介!!
    みえ旅カメラ部始動しました!

    2021.03
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 観光三重の人気記事BEST25♪

    観光三重の人気記事BEST25♪

    2021.01
  • 観光三重の定番特集BEST25♪

    観光三重の定番特集BEST25♪

    2021.01

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。
おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。
掲載日:2021.03.31
おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。

フォトコンテスト

廻る
廻る
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 美しい景色を一望できる「一楽温泉ホテル」 人気中華料理店がプロデュースする料理が自慢!

    美しい景色を一望できる「一楽温泉ホテル」 人気中華料理店がプロデュースする料理が自慢!

    リアス海岸で有名な英虞湾に面した「一楽温泉ホテル」。客室からは、白いアーチが印象的な志摩パールブリッジや、真珠筏が織りなす美しい幾何学模様の景色が一望できます。
    大阪の人気中華料理店「香港海鮮飲茶楼」がプロデュースし...

    #
  • 伊勢志摩サミットの会場となった「志摩観光ホテル ザ クラシック」 非日常の空間で豊かなひとときを

    伊勢志摩サミットの会場となった「志摩観光ホテル ザ クラシック」 非日常の空間で豊かなひとときを

    2016年に開催された「G7伊勢志摩サミット」の会場となったことで、世界中から注目を集めた「志摩観光ホテル」。同年にリニューアルされ、著名な建築家・村野藤吾氏が設計した「ザ クラシック」、全客室がスイートルームの「ザ ベイス...

    #
  • 伊勢志摩随一の絶景を謳う「石鏡第一ホテル 神倶良」は、 太平洋と初代ゴジラの舞台など見どころ満載!

    伊勢志摩随一の絶景を謳う「石鏡第一ホテル 神倶良」は、 太平洋と初代ゴジラの舞台など見どころ満載!

    石鏡(いじか)と聞いてピンときたアナタ、もしかして怪獣マニアですか? 実は、1954年公開の映画「ゴジラ」の第一作で、ヤツが初上陸した場所こそが、ここ三重県鳥羽市石鏡なのです。今回は、劇中に登場した海岸を、今もそのまま眺め...

    #

季節おすすめ記事

  • 三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    鳥羽展望台や横山展望台などの海が見える展望台、工場夜景が見える垂坂公園の展望台など、三重県には展望台の名所がいっぱい!三重を4年間撮り続けてきた私がオススメする「三重の展望台」を20箇所、お教えします。

    #
  • 初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    三重県の北勢地区にそびえる地元のシンボル「鈴鹿セブンマウンテン」!
    初心者でも気軽に挑戦出来る山から、ベテランこそやみつきになるリピーターが絶えない登山スポットです!
    春は花、夏は新緑、秋は紅葉、冬は樹氷、四季折々の...

    #
  • 新人職員はじめての取材 ~なばなの里イルミネーション編~(みえ旅カメラ部:第0話)

    新人職員はじめての取材 ~なばなの里イルミネーション編~(みえ旅カメラ部:第0話)

    はじめまして!カメラ部顧問の井上です。
    今回は、第0話ということで、カメラ部発足のきっかけとなった私の初めての取材を、前日譚として振り返りたいと思います。
    新人職員である私の目線から、笑いあり、涙あり(?)で楽しくお...

    #
ページトップ