取材レポート

大人の休息にふさわしい古きよき旅館「新八屋」 絶景温泉&絶品料理で極上のおもてなしを体感!

掲載日:2021.03.30

美しい景観を誇るとともに、人と自然の深い関わりが感じられる「伊勢志摩国立公園」。その園内にある“旅館”「新八屋」では、美しい太平洋の景色を望む温泉、採れたての「海の幸」を生かした料理など、伊勢志摩ならではの楽しみをとことん味わうことができます。宿泊客のニーズに合わせた多彩なプランがそろっているのも魅力です!
上で“旅館”と記したのには理由があります。それは、このお宿が、伝統的な日本旅館の良さをしっかりと守り続けているから。さっそく探りに行きましょう。

太平洋に面し、古くから続く漁村文化が今も残る鳥羽市石鏡町。どこか懐かしさを感じる風景が広がるこのまちで、旅館「新八屋」の建物はひときわ存在感を放っています。

開放感あふれるロビーが宿泊客をお出迎え。「これぞ旅館」という風格が感じられる内装です。全面窓からはもちろんオーシャン・ビューが。前日の風雨にもかかわらず、窓ガラスが随分ときれい! 普段からのまめなお手入れぶりがうかがえます。

「新八屋」の客室は、すべてのお部屋がオーシャン・ビュー。広い窓から太平洋の美しい眺望を楽しむことができます。
ん? 普通のオーシャン・ビューとは何か違うような…?

あぁ! 窓の開口部の位置が低い! ふつうは大人の腰の高さから窓が開いているものですが、ここは膝の高さから窓です! その分、視界に入る眼下の海の面積が大きい! このわずかな違いで、部屋から見える景色の雄大さがワンランクアップするんですね。設計した人、すごい!

3階から上にある通常客室の広さは10畳で、5名の利用でもゆったりくつろげます。
よく見ると、テレビが設置されたスペースに、障子窓が! せっかく旅行に来たんですから、テレビを消して日常から離れてみては? というご提案でしょうか。家族やカップルの会話を弾ませるための、さりげない心配りです。

露天風呂付きの「華彩庵」は、新八屋で唯一1階にある人気の客室。12畳+6畳の部屋で、赤と金で彩られた内装はまさに華やか! マッサージチェアもあり、贅沢なひとときを過ごせます。

プライベートな湯浴みに美しい海の景色が加わると、癒しレベルは極上に! 海風も心地よくて、何度でも入りたくなりますよね!

2階の角部屋にあたる「風月亭」も、おすすめの客室。どこまでも広がる大海原と青空は圧巻の眺望!
よ~く見てください、窓の開口部が床からになってます。そのうえ窓の中央部分が、なんと一枚ガラス。ほぼ畳2帖分。視界を邪魔するものはなんにもありません。

別の日に、窓に近づいて撮影した画がこちら。
カメラのレンズを通したら、一枚ガラスの大きさが伝わりにくいみたい。この感激は、実際に来て、見ていただかないと伝わりません!

竹を平面状に編み込んだ「網代天井」もステキ! 和モダンな空間は、さまざまなこだわりによってつくられています。
時代が付いたしつらえは、決して古びることはなく、深みやぬくもりを蓄えているよう。

「風月亭」は、新八屋で唯一、朝陽が見える部屋。「視界をさえぎるものは何もないロケーションで、水平線から昇る太陽をじっくり眺めることができます。私も初めてみた時は、あまりの美しさに言葉を失うほど感動しました」と、フロントスタッフの小久保亜紀さんは話してくれました。

温泉は、三重県屈指の名泉といわれる「白山温泉」を汲み入れています。ツルツルとした湯ざわりの「アルカリ性単純泉」で、湯上がり後も体ポカポカ。まずは大浴場でゆったり。

続いて、大浴場の外にある露天風呂へ。オーシャン・ビューを堪能しながら、時間を忘れて、心ゆくまでリラックス!

大浴場の脱衣場で、今どき珍しいものに出会いました。使い込まれた籐製の脱衣かご! こういった昔ながらのものは、今の時代にこそ新鮮で、大切なんじゃないでしょうか。

2種類ある貸切露天風呂も好評! 大浴場とは別棟にあるので案内してもらいました。
露天風呂へと続く通路も風情たっぷり。通路には石畳が敷かれていたり、蹲踞(つくばい)が置かれていて、和の雰囲気をより魅力的に演出。お風呂に着くまでの道中も楽しめます。

露天風呂に到着すれば、あとはお湯に身を任せるだけ。紺碧の海、木々の緑、そして太陽の光が織りなす風景には見とれるばかりです。

※貸切露天風呂のお湯は温泉ではありません。

「海女のふるさと」として知られる「石鏡町」にある旅館なので、料理の食材はとにかく新鮮! 素材が持つ本来の「旨味」を生かした料理を味わえます。

そして、食事はすべて部屋食! 効率化に走らず、この伝統にこだわっている点も、新八屋が人気な秘密です。「ウィズ・コロナのご時世ですから、いっそう喜ばれますね」と小久保さん。
インバウンドの宿泊客が戻ってきたときには、純日本的サービスとして喜ばれることうけあいです。

季節が香るような料理がテーブルに並ぶと、テンションMAX! 野趣あふれる活け造りは、盛り付けが楽しい! その身はプリっとして、旨みたっぷり。

季節限定の「別注料理」も充実!
新八屋オリジナルメニューの中でも特に人気なのが「鮑のステーキ」。お刺身でいただくのとはまた違った食感。鮑の肝のオリジナルソースで味わう鮑は絶品です。

「伊勢海老鬼殻焼き」は、本場の伊勢海老を秘伝のタレで焼き上げた一品。豪快にかぶりついてご賞味あれ!

2日目の朝は、ボリューム満点の朝ごはん。

体にやさしいメニューを味わって、ココロとカラダに元気をチャージ!

「この旅館は、石鏡町の高台にあるので、館内のいたるところから四季の移ろいや、水平線をお楽しみいただけます。雄大な自然の中で、ゆっくりと羽を伸ばして、のんびりお過ごしください」と小久保さん。
自然あふれるロケーション、絶景温泉、絶品料理…。伊勢志摩の旅で外せないポイントがすべてハイクオリティ。古きよき旅館の品格があり、大人の休息にふさわしいお宿です!
名称

新八屋

住所
〒517-0026 鳥羽市石鏡町338-1
電話番号

0599-32-5321

料金

12,000円(税込)〜(2名利用時/1名/1泊2食付)
※現在日帰り入浴は受付しておりません。(2023.1.20現在)

営業時間

チェックイン15:00〜、チェックアウト翌日10:00

駐車場

20台(無料)

公共交通機関でのアクセス

JR・近鉄鳥羽駅から無料送迎バスあり(約25分)

車でのアクセス

伊勢自動車道「伊勢IC」から車で約35分

カテゴリー
季節
エリア

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ