取材レポート

「伊勢・安土桃山文化村」

掲載日:2011.06.29

618ビュー

安土桃山時代の歴史と文化が体験できるテーマパーク「伊勢・安土桃山文化村」を取材してきました!(2011年6月)

安土城

お知らせ
伊勢・安土桃山文化村は、2019年3月から「ともいきの国 伊勢忍者キングダム」と施設名を改め営業を行っております。

「ともいきの国 伊勢忍者キングダム」の記事はこちら↓↓
「伊勢忍者キングダム(旧 伊勢安土桃山城下街)」で戦国時代にタイムスリップ!

なお、当記事は伊勢・安土桃山文化村時代の記事としてお楽しみください。




伊勢二見鳥羽ラインを走ると、ひときわ目を引く安土城。二見ヶ浦料金所で降りて、「伊勢・安土桃山文化村」へ。入り口の門のところで、ご存じ・ニャンまげや、芝居に登場する役者さん達が出迎えてくれました。

安土城

芝居上演時刻表をチェックして、まずは「大忍者劇場」へ。忍者たちが、舞台と客席を縦横無尽に駆けめぐり、大迫力のアクションを披露してくれました! 真剣さの中に、笑いを交えてくれるのが楽しいですね☆

安土城

その次は、「忍者からくり迷路」へ。迷子にならないか不安でしたが、数々の仕掛を見破って無事にゴールへ。それから、ここもちびっ子に大人気の「伊賀忍者妖術屋敷」へ。平衡感覚が狂わされる不思議な異空間でしたよ。

安土城

お昼になったので、看板が気になった「ねぎ玉豚丼」(800円)を食べました。イチバンの人気メニューだそうです。甘辛いタレで豚肉を煮込んだもので、たっぷりのったネギとの相性が抜群でした。

安土城

お腹を満たした後は、「ちょんまげ3Dっぽい劇場」へ。欽ちゃんが監修した、とっても笑える劇場。通常の3Dとは違うもので、役者さん曰く、世界初のメガネ不要の3D?劇場だそうです! なお、日によって、「山田奉行所(大岡越前のおさばき芝居)」、「大江戸劇場紅屋(絢爛豪華な花魁芝居)」と演目が変わります。

安土城

「ニャンまげ劇場」を見てから、駕篭(かご)バスに乗って、山の上にそびえるの「安土城」へ行きました。時代考証に基づき原寸大(高さ43m)で再現してあるそうで、なんとも立派。内部は、桶狭間の戦いの様子などが再現されており、6階展望台からの眺めは、とってもすばらしかったです。動画はコチラ→http://www.youtube.com/watch?v=PHOWzmXSqJA&feature=youtube_gdata&rel=0

安土城

そして、この景色と並んでスゴイのが、7階の「黄金の間」。壁や天井すべてに金箔がはられていて、まばゆいばかり。「ちょんまげ3Dっぽい劇場」で登場した「欽猫」も陣取っていました。

安土城

今回私はしませんでしたが、ここでは、好きな衣装に着替えて、写真撮影はもちろん、そのまま村内を楽しむこともできます。衣装は、甲冑はじめ、忍者、水戸黄門、そして花魁まで幅広く揃っていますので、ぜひ!(料金は、撮影:千円~、外歩き:3千円~

安土城

そして、最後はお土産ですね。忍者衣装や刀、まげdeっちなどのキャラクター商品もたくさん。おもしろかったのが、「おぬしも悪よの」(1050円)という饅頭。人気ナンバー1だそうです。その名の通りの仕掛がある、もらってウレシイ笑えるお土産☆ これはぜひ!

安土城

今回、楽しく笑える伊勢・安土桃山文化村を特別にご案内いただいたのは、この人・斎藤やすさん。TVにも出演されていますね。肩書きは、営業奉行所・同心とのこと。ここでは、バスのことを駕篭、入場券のことを入村手形と言ったり、まさに異空間。ぜひ訪ねてみてください♪

※掲載されている内容は2011年6月の情報となります

お知らせ
伊勢・安土桃山文化村は、2019年3月から「ともいきの国 伊勢忍者キングダム」と施設名を改め営業を行っております。

「ともいきの国 伊勢忍者キングダム」の記事はこちら↓↓
「伊勢忍者キングダム(旧 伊勢安土桃山城下街)」で戦国時代にタイムスリップ!

なお、当記事は伊勢・安土桃山文化村時代の記事としてお楽しみください。


関連情報

  • 伊勢・安土桃山文化村
    住所:伊勢市二見町三津1201-1
    時間:9:00~17:00(11/16~3/16は9:30~16:00)
     入村手形:大人2500円、中・高校生1200円、小学生900円
     通行手形:大人3900円、中・高校正2500円、小学生2000円(パスポート)

    お問い合わせ先:伊勢・安土桃山文化村 
     電話 0596-43-2300
    伊勢・安土桃山文化村
カテゴリー
テーマパーク&レジャーランド 文化&寺社仏閣
季節
オールシーズン
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重のええとこご紹介!!<br />
みえ旅カメラ部始動しました!

    三重のええとこご紹介!!
    みえ旅カメラ部始動しました!

    2021.03
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 観光三重の人気記事BEST25♪

    観光三重の人気記事BEST25♪

    2021.01
  • 観光三重の定番特集BEST25♪

    観光三重の定番特集BEST25♪

    2021.01

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。
おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。
掲載日:2021.03.31
おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。

フォトコンテスト

曲線描く夕景
曲線描く夕景
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 新人職員はじめての取材 ~なばなの里イルミネーション編~(みえ旅カメラ部:第0話)

    新人職員はじめての取材 ~なばなの里イルミネーション編~(みえ旅カメラ部:第0話)

    はじめまして!カメラ部顧問の井上です。
    今回は、第0話ということで、カメラ部発足のきっかけとなった私の初めての取材を、前日譚として振り返りたいと思います。
    新人職員である私の目線から、笑いあり、涙あり(?)で楽しくお...

    #
  • 春に行きたい大紀町!!野原農村公園の藤と大平つつじ山のツツジ、大内山動物園を家族で楽しんできました♪

    春に行きたい大紀町!!野原農村公園の藤と大平つつじ山のツツジ、大内山動物園を家族で楽しんできました♪

    三重県大紀町(たいきちょう)には美しい藤棚が楽しめる公園やツツジが咲き乱れる山、暖かくなり動物たちが元気になる大内山動物園など、春に行きたいスポットがいっぱい!!それぞれの名所をまとめて紹介します!!

    #
  • 二千百年の歴史!稲生(いのう)に鎮座する伊奈冨(いのう)神社。紫躑躅(ムラサキツツジ)や獅子舞など見所がいっぱい!意外と知らない参拝作法やマナーも一緒にご紹介します。

    二千百年の歴史!稲生(いのう)に鎮座する伊奈冨(いのう)神社。紫躑躅(ムラサキツツジ)や獅子舞など見所がいっぱい!意外と知らない参拝作法やマナーも一緒にご紹介します。

    西暦より古い歴史を持つという、紀元前より現代に続く鈴鹿市の稲生町に鎮座する伊奈冨(いのう)神社の魅力や、忘れがちな神社での参拝の作法やマナーも含めてご紹介します!稲生山の数千本と言われる紫躑躅(ムラサキツツジ)や、北勢・...

    #

季節おすすめ記事

  • 三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    鳥羽展望台や横山展望台などの海が見える展望台、工場夜景が見える垂坂公園の展望台など、三重県には展望台の名所がいっぱい!三重を4年間撮り続けてきた私がオススメする「三重の展望台」を20箇所、お教えします。

    #
  • 初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    三重県の北勢地区にそびえる地元のシンボル「鈴鹿セブンマウンテン」!
    初心者でも気軽に挑戦出来る山から、ベテランこそやみつきになるリピーターが絶えない登山スポットです!
    春は花、夏は新緑、秋は紅葉、冬は樹氷、四季折々の...

    #
  • 美しい景色を一望できる「一楽温泉ホテル」 人気中華料理店がプロデュースする料理が自慢!

    美しい景色を一望できる「一楽温泉ホテル」 人気中華料理店がプロデュースする料理が自慢!

    リアス海岸で有名な英虞湾に面した「一楽温泉ホテル」。客室からは、白いアーチが印象的な志摩パールブリッジや、真珠筏が織りなす美しい幾何学模様の景色が一望できます。
    大阪の人気中華料理店「香港海鮮飲茶楼」がプロデュースし...

    #
ページトップ