取材レポート

「かざはやの里 梅まつり」で梅香る春を満喫。園内を詳しくご紹介します!

掲載日:2020.02.28

三重県津市にある、かっぱのふるさと『かざはやの里』は、障がいのある方と施設職員が力を合わせて園芸福祉に取り組んでいる全国でも初めての『福祉と環境を融合した花園』。初春は「梅」、春は「藤」、夏は「紫陽花」を楽しむことが出来ます。
今回は、春の訪れをいち早く教えてくれる『梅』を楽しむため、『梅まつり』に行ってきました。

かざはやの里 梅まつり

三重県津市にある、かっぱのふるさと『かざはやの里』は、久居ICから車で約10分弱。周囲3.8kmに及ぶ風早池のほとり、約7万平米の丘陵地「伊勢温泉ゴルフクラブ」内にあります。

運営しているのは、社会福祉法人「正寿会」。
日本で初めて『園芸福祉』を取り入れた花園として、福祉と環境の融合に取組んでおり、障がいのある方と施設職員が力を合わせて「梅500本、藤1,800本、あじさい75,000株」を管理しているんです。

今回は、春の訪れをいち早く教えてくれる『梅』を楽しむ『梅まつり』をご紹介します。
2020年は暖冬の影響もあり、平年より約2週間ほど早く、約2万平米の敷地に45種500本の梅が見頃を迎えていました。

※取材日:2020年2月18日

かざはやの里 梅まつり

施設名の「かざはやの里」は、敷地内にある「風早(かざはや)池」が由来。
ちなみにこの「風早池」は、垂仁天皇が紀元35年、全国に作った800の灌漑池のひとつです。
戦国時代には津城藩主「藤堂高虎」が灌漑工事を手掛けた土地に「風早」とつけたことから「風早池」と名付けられ、現在も県内有数の田畑の水資源となっているとのこと。

河童のふるさとといわれている所以は、この「風早池」に、近くの雲出川に住んでいたカッパが移り住んだからと言われているそうですよ。

かざはやの里 梅まつり

梅は、「百花魁」(ひゃっかさきがけ)という呼び方もあって、1年のなかで最も早く咲く花として知られています。

雪景色や寒空のなか美しい花をつける梅は、生命力の強さを感じることから縁起の良い花とされ、正月の飾りとしても重宝されてきました。9世紀半ばの平安時代中期までは、「花」と言えば桜ではなく梅のことを指しているほど、「梅」は花の中の主役だったのです。

かざはやの里の梅はカメラマンにも大人気で、InstagramやTwitterでもたくさん投稿されています。


この投稿をInstagramで見る

【公式】観光三重(三重県観光連盟)(@kankomie)がシェアした投稿 -



かざはやの里 梅まつり

 普通自動車300台・大型バス20台を停めることが出来る無料の駐車場に車を停め、【花園入口】の看板横の道を下りていくと、風に乗って梅の香りが漂ってきます。

こちらの受付で入園料一人500円(高校生以下・福祉施設利用者無料)を払い、メイン広場へ向かいます。
受付も、障がいのある方のお仕事。笑顔で迎えてくれていました。

梅・藤・紫陽花と1回ずつ来るだけでも元は取れてしまう大変お得な年間パスポート(1,000円)もあります。

かざはやの里 梅まつり

お子様向けのスタンプラリーも開催されていて、スタンプラリーの台紙は受付に置いてあります。

全部コンプリートすると、プレゼントがもらえます。何がもらえるかはコンプリートしてからのお楽しみ。

かざはやの里 梅まつり

メイン広場で向かう中、ひときわ目を引いたのが、こちら養老梅。

樹齢100年を超える『かざはやの里』のシンボルともいえる木です。
年月を重ねた風格と風情を兼ね備えた幹と枝付き、しばらく足を止めてじっと見入ってしまいます。

かざはやの里 梅まつり

こちらがメイン広場の紅白のしだれ梅。

しだれ梅は繋ぎ木のため、植樹の際に紅白バランスよくなるように基樹を計算しながら植樹されたそうです。
紅白のしだれ梅に青空。インスタ映え間違いなしのポイントです。

かざはやの里 梅まつり

青空の下、緑の芝生の絨毯に紅白のしだれ梅に囲まれ、優しい梅の香りに包まれていると時のたつのを忘れてしまいそうなくらい、穏やかでのんびりとした気持ちになります。

かざはやの里 梅まつり

ドックランやワンちゃんを梅とかわいく撮影できるドックハウスや撮影台も用意されていて、季節を感じながら愛犬とのお散歩を楽しんでいただける愛犬家にもうれしいお散歩スポットでもあります。

かざはやの里 梅まつり

ここからは、園内で見つけた梅をご紹介いたします。

こちらは、ひときわ鮮やかな紅色の梅。

紅梅の代表格で、中輪花で八重咲きのきれいな紅色の花梅、『鹿児島紅梅』(かごしまこうばい)です。
やや遅咲きの品種なのですが、今年は暖冬のためすでに見頃を迎えていました。

かざはやの里 梅まつり

鹿児島紅梅の隣にあったのが、古くから一般的に広がっている『八重唐梅』(やえとうばい)。

花は下向きに咲くため、下から見上げると、陽に透けて花びらがより美しく見えます。

かざはやの里 梅まつり

こちらは『思いのまま』。一つの木から白とピンクの花が咲きます。

枝ごとに違う色を付けるものもあれば、一つの枝で白とピンクが混ざって咲くものもあり、木によっては白だけ・ピンクだけというのもあるそう。

また、毎年同じ枝に同じ色の花が咲くというわけでもないそうで、まさに思いのままに花をつけるめずらしい梅です。

かざはやの里 梅まつり

そんな木や枝によって異なる色の花を咲かせる『思いのまま』ですが、さらに珍しいのがこちら。

一つの花が白とピンクのハーフ&ハーフになっています。

園内に『思いのまま』だけでも数十本あるので、ハーフ&ハーフを探しながら散策するのも楽しいかもしれません。

このハーフ&ハーフ、ある年もあれば、無い年もあるそうなので、去年はここにあったのに…と『毎年記録をつけていく』という楽しみ方もできそうですね。

かざはやの里 梅まつり

こちらは『青軸枝垂』(あおじくしだれ)。

緑白色の八重梅です。青軸性とは、枝が太めで枝やガクが緑色、蕾も緑白色のもののため、花色は白なのですが、全体として緑白色に見えます。

かざはやの里 梅まつり

こちらは『紅千鳥』(べにちどり)。

明るく美しい紅色の丸弁一重咲きの花梅です。花付きがよく美しい紅色のため、1本でもパッと目を引く美しさです。

かざはやの里 梅まつり

メイン広場手前にはバードウォッチングができるスポットもありました。

60種類以上の野鳥や動物が風早池に生息しています。双眼鏡が2台設置されていますので、足休めをかねて探してみてはいかがでしょう。

かざはやの里 梅まつり

バードウォッチング場の向かえの『藤・近道健脚コース』を上っていくと、梅の絶景撮影ポイントがあります。

かざはやの里 梅まつり

その先に待っていたのが、足湯。

絶景を楽しみながら、一休みにご利用いただけます。
タオルを持っていなくても、『かざはやの里』オリジナルタオルを販売していますので安心です。

かざはやの里 梅まつり

こちらは中央にある東屋。中では炭火の暖炉があり、寒い日でもほっと一息つくことができます。

かざはやの里 梅まつり

園内にある「かざはや茶屋」では、津のご当地グルメ『津餃子』・『あの津焼きそば』や、花見といえばの『みたらし団子』が楽しめますよ。

かざはやの里 梅まつり

津のお土産で有名な『東洋軒のブラックカレー』『T2のチョコレート』『銘酒・寒紅梅』『野田あられ』が購入できる園内ショップもあります。

かざはやの里 梅まつり

また、園内には理事長が陶器が好きということで、あちらこちらに置かれた信楽焼や石塔などを楽しむこともできます。

金運を呼ぶワニもいるので探してみてください。

かざはやの里 梅まつり

歩くのが少し辛いと言う方は、駐車場左手にある東屋のところに、無料の送迎カートがありますのでそちらをご利用ください。さきほどの、花園中央にある東屋まで送迎していただけます。
定員は最大4名。

カートの後ろに車椅子も乗せることも出来ます。
帰りは「30分後で」などとおおよそのお時間を伝えていただければ、東屋まで迎えに来ていただくことも可能です。

かざはやの里 梅まつり

こちらは園内にある、とても大きな藤棚。(写真は見頃の時期に撮影したものです)

藤棚は10,000平米の敷地に9つの様々な形の藤棚があります。
今まで見たことがないくらい大きな藤棚で、見頃の4月から5月は写真のように満開となり圧巻の絶景です。

かざはやの里 梅まつり

あじさいも、負けず劣らずの絶景です!(写真は見頃の時期に撮影したものです。写真提供:mie_eetoko

75,000株もの紫陽花が咲き乱れる様子、ぜひシーズンになれば眺めていただきたいと思います。

かざはやの里 梅まつり

清少納言が「枕草子」で “木の花は濃きも薄きも紅梅”があるように、昔は花といえば香りと花を楽しむことができる梅でした。
芝生の絨毯に500本もの梅。ゴルフ場内であることを忘れ、日本庭園を思わせる造りの中で梅の香りに包まれながら、紅白のかわいい梅の花を見ていると、昔の貴族の気持ちがわかる気がしました。紫陽花の時期になると、実梅から収穫した梅の販売も行われるそうです。

『かざはやの里』の入園料や梅の売上は障がいのある方・福祉施設利用者の給金となるそうなので、楽しみながら福祉に貢献できる場所となっています。
また、「伊勢神宮参拝」には国道23号線で70分と伊勢志摩観光の行き帰りの立ち寄りに最適の場所にありますので、三重にお越しの際はぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

梅まつりは毎年2月中旬から3月上旬で行われていますが、その年の天候により、花付きが違うため開園期間はお電話(059-255-5755)でお尋ねください。


※掲載している情報は2020年2月18日時点の情報です。最新の情報はお出かけの前に施設にお問い合わせください。

福祉と環境を融合した花園「かざはやの里」~かっぱのふるさと~

住所
津市戸木町4096伊勢温泉ゴルフクラブ内
電話番号
059-255-5755(福祉と環境を融合した花園「かざはやの里」~かっぱのふるさと~)
公式URL
http://www.kazahayanosato.com
営業時間
8:00~17:00(梅・藤・あじさいまつり期間のみ)
休業日
開花期間のみ無休開園(伊勢温泉ゴルフクラブは年中無休)
料金
福祉と環境の協賛費として大学生以上500円
高校生以下・福祉施設送迎車両での見学は無料
花園の入園はゴルフプレイに関係なくどなたでも入れます。
伊勢温泉ゴルフクラブでコースプレイ、打席練習した方は無料で花園見学出来ます。
公共交通機関でのアクセス
◆近鉄久居駅下車、榊原車庫前行乗車、戸木神社前下車、伊勢温泉ゴルフクラブ方面へ徒歩15分
◆久居交通タクシー久居駅→伊勢温泉ゴルフクラブ¥1,690-
◆三重交通バス時刻表
http://www.sanco.co.jp/krs/dep_time_table.php?pattern=0&week=4&dep=4021&arr=4124
車でのアクセス
◆伊勢自動車道久居ICより5分
165号線青山方面→戸木口交差点右折→社会福祉法人正寿会「かざはや」「福祉と環境を融合した花園」「伊勢温泉ゴルフクラブ」の看板左折→風早池沿い案内看板に従い駐車場へ
◆名古屋・四日市方面
中勢バイパス→ファミリーマート津市野田店を過ぎてスグの側道へ→高架下交差点右折→県道658号線→社会福祉法人正寿会「かざはや」「福祉と環境を融合した花園」「伊勢温泉ゴルフクラブ」の看板右折→風早池沿い案内看板に従い駐車場へ
◆大阪・伊賀方面
国道165号線→津市久居プールへの交差点左折→「花園」「伊勢温泉ゴルフクラブ」の看板右折→案内看板に従い駐車場へ
◆伊勢方面
国道23号線雲出本郷町交差点左折→国道165号線→戸木口交差点右折→社会福祉法人正寿会「かざはや」「福祉と環境を融合した花園」「伊勢温泉ゴルフクラブ」の看板左折→風早池沿い案内看板に従い駐車場へ

※ナビ☎は059-255-3433にて伊勢温泉ゴルフクラブ表示

※Google https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%A6%8F%E7%A5%89%E3%81%A8%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%82%92%E8%9E%8D%E5%90%88%E3%81%97%E3%81%9F%E8%8A%B1%E5%9C%92%E3%80%8C%E3%81%8B%E3%81%96%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%AE%E9%87%8C%E3%80%8D%EF%BD%9E%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%AE%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%EF%BD%9E/@34.689686,136.447674,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x1fddc08ec6ee31f6!8m2!3d34.689686!4d136.447674
駐車場
乗用車常時200台・大型観光バス常時10台
カテゴリー
季節イベント 花・自然・絶景
季節
春(3~5月)
エリア
中南勢

観光三重ピックアップ!

  • 最大半額!お得な「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!詳細は記事へ!

    最大半額!お得な「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!詳細は記事へ!

    2020.07
  • 三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    2020.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!
「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!
掲載日:2020.07.07
「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!

フォトコンテスト

輝く水と森
輝く水と森
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の指定文化財「玄甲舎(げんこうしゃ)」が、令和2年6月より一般公開を開始しました!
    江戸時代後期に田丸城主久野家の家老を務めた金森得水の茶室兼別邸で、風格を漂わす日本家屋の空間に、しみじみと心を落ち着けることがで...

    #
  • 植物×和歌!「万葉の里公園」へ日本の風情を感じる旅に出かけました!

    植物×和歌!「万葉の里公園」へ日本の風情を感じる旅に出かけました!

    いなべ市北勢町にある「万葉の里公園」は、現存する日本最古の和歌集「万葉集」にちなんだ約140種類もの植物が和歌とともに楽しめる公園。6月には、約3,000株のあじさいが見頃を迎え、色とりどりの花に癒されます!梅雨の時期にぴった...

    #
  • 多気町の里山に静かにたたずむ茅葺屋根の日本料理店。伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)を訪ねてみました。【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    多気町の里山に静かにたたずむ茅葺屋根の日本料理店。伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)を訪ねてみました。【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    三重県多気町の静かな里山にたたずむ茅葺屋根の日本料理店、伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)。ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版で1つ星獲得。今回は、伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)のすり流しをご紹介いたします。

    #

季節おすすめ記事

  • 料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    古くから大和、山城、伊勢を結ぶ交通の要衝として栄えた、三重県伊賀市島ヶ原にある創業125年を超える醤油蔵『福岡醤油店』がお届けする、手間暇惜しまずこだわりを追求した昔変らぬ手作りの味。創業以来の蔵と杉桶から生まれる究極の...

    #
  • 日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    1908年三重県津市において日本画家でもあった森田庄三郎が朧染タオル製造法の特許を取得し創業した『おぼろタオル』

    ボリューム感がありながら驚くほどの軽量感と高い吸水性・速乾性を持つ『百年の極』と100年以上にわたり愛されて...

    #
  • 雨の日でも楽しめて遊べる!三重県のお出かけ観光スポット22ヶ所を特集【2020年版】

    雨の日でも楽しめて遊べる!三重県のお出かけ観光スポット22ヶ所を特集【2020年版】

    せっかくの休日なのに雨模様…それでも楽しめる場所が三重県にはあります。屋内で鑑賞できる水族館や美術館、家族で楽しめる体験メニューなど雨の日でもお出掛けしたくなるスポット22ヵ所をご紹介。梅雨シーズンや雨の日でもOK!三重...

    #
ページトップ