取材レポート

歴史深い忍びの里 伊賀をアクティブに散策しよう!大人から子どもまで、気分は伊賀忍者!

掲載日:2019.11.07

「忍者市」宣言しているだけあって、市内のあちこちに忍者にちなんだスポットが点在し、堂々たる風格の伊賀上野城がそびえる伊賀市。家族で楽しめる忍者博物館から老舗茶屋まで、「スマホでみえ得キャンペーン」の対象施設を巡りながらオトクに楽しんできました!

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

伊賀市観光案内所
市内のあちこちに忍者にちなんだスポットが点在し、堂々たる風格の伊賀上野城がそびえる伊賀市。
家族で楽しめる忍者博物館から老舗茶屋まで、「答えてラッキー!スマホでみえ得キャンペーン」の協力施設を巡りながらお得に楽しんできました!

まずは伊賀の観光情報を手に入れるため、「みえ旅案内所」である伊賀市観光案内所へ!
観光案内所は、伊賀鉄道伊賀線「忍者市駅」の目の前にある複合商業ビル「ハイトピア伊賀」の1階にあります。
伊賀の観光スポットはもちろん、開催されているイベントや、近隣で食事ができるお店なども教えてもらえるので、スタッフの方に聞いてみるといいですね。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

観光パンフレットもこんなにずらり!
近年増加する外国人観光客の方に向けての、食事処の案内が書かれた外国語版のパンフレットなどもありました。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

案内所のカウンターに設置されている「スマホでみえ得キャンペーン」のPOPに記載のQRコードから簡単なアンケートに回答しスタッフの人に見せると、ここはなんと「みえ旅おもてなし施設」でもあるので、「おもてなしサービス」として紙手裏剣が1枚もらえます。
手作りのカラフルな紙手裏剣は旅の思い出にぴったりですね。
伊賀らしい素敵なおもてなしです!


【みえ旅案内所・みえ旅おもてなし施設 おもてなしサービス】
 サービス内容 スマートフォンアンケート確認後、紙手裏剣進呈。

施設名/伊賀市観光案内所
住所/伊賀市上野丸之内500 ハイトピア伊賀1階
電話/0595-24-0270
営業時間/9:00~17:45
休業日/年末年始、12月29日~翌年1月1日
公共交通機関でのアクセス/伊賀鉄道「上野市駅」から徒歩約1分
車でのアクセス/名阪国道「上野東IC」から車で北へ約7分、名阪国道「中瀬IC」より車で約7分
駐車場/地下駐車場 22台、駅前駐車場 46台(有料)
HP/https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_23169.html

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

伊賀上野城
観光案内所で伊賀の見所をチェックしたら、さっそく伊賀の旅へ出発!
まずは、伊賀観光といえばはずせない「伊賀上野城」へ!
先ほどの伊賀市観光案内所から歩いて10分ほどのところにあります。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

三層の真っ白な城郭が特徴で、その見た目から「白鳳城」とも呼ばれている伊賀上野城。
藤堂高虎(とうどうたかとら)により築城され、現在は当時の内堀と石垣に加え、昭和10年に建てられた天守閣が残っています。
城跡は昭和42(1967)年に国史跡に、天守は昭和60(1985)年に伊賀市の文化財に指定されています。

お城を見上げると、どっしりと風格あるたたずまいに圧巻!高さ約30メートルと、日本有数の高さを誇る石垣も見どころで、その下から写真を撮るのがおすすめです。
春はこの下に桜の花が満開になり、とてもきれいなのだそう♪

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

天守閣内には、お城や伊賀市に関係する歴史資料がたくさん展示されています。
特に、珍しい形の「唐冠形兜(とうかんなりかぶと)」などの甲冑は迫力満点!
その他、天守閣を復興した川崎氏の書画、伊賀焼作品や、藤堂家の調度品などが展示されていてます。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

藤堂家の家紋「藤堂蔦」が入った重箱などがありました。
鮮やかな朱色でとてもきれいですね。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

さらに階段を上って行くと、天守の最上階からは伊賀市の景色が一望できます!
東西南北すべての方角に窓があり、双眼鏡も設置されているので、それぞれから違った景色を楽しむのもいいですね。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

さらに、注目してほしいのがこの階の天井です!
天守閣復興を祝う1メートル四方の大色紙46枚が飾られていて、並んだ絵や文字がとても芸術的。
思わず見とれてしまいました。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

思い出に、登閣記念のスタンプを押してお城を後にします♪

施設名/伊賀上野城
住所/伊賀市上野丸之内106
電話/0595-21-3148(公益財団法人 伊賀文化産業協会)
営業時間/9:00~17:00(入館は16:45まで)
休業日/12月29日~12月31日
料金/大人600円(500円)、小人300円(250円) ( )内は、30名以上の団体料金
公共交通機関でのアクセス/伊賀鉄道「上野市駅」から徒歩約8分
車でのアクセス/名阪国道「上野東IC」から車で約10分、名阪国道「中瀬IC」から車で約10分
駐車場/周辺に約500台あり(有料)
HP/http://igaueno-castle.jp/

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

伊賀流忍者博物館
続いて、伊賀といえば伊賀忍者!家族連れにもおすすめなのが、「伊賀流忍者博物館」です。
忍者・忍術関連の資料が多数展示されていて、忍者や忍術について知ることができる博物館。

さっそく、入館券売り場にてキャンペーンのアンケートに回答!ここでは入館料が100円引きに!
お得に入館できるうれしいサービスです。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

ここに来たらまず見てほしいのが、「忍者屋敷」です。見た目はごく普通の農家ですが、探してみるとあちこちに隠された仕掛けがいっぱい!
なんでも、忍者たちは今で言う『スパイ』であり、当時日本では最先端技術であった火薬の調合方法や忍術などの情報が盗まれないよう、屋敷にさまざまな仕掛けをしていたそうです。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

壁の裏にくるっと隠れられる「どんでん返し」や隠し階段、仕掛け戸などのおもしろいからくりを、忍者やくノ一(女忍者)が実演つきで解説してくれます。
忍者が壁の裏に隠れるスピード感や、床に隠された刀を素早く出現させる様子に思わず釘付けに!
子どもにもわかりやすいように説明してくれるので、家族みんなで楽しめますよ。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

もう一つおすすめなのが、忍者ショーです。
手裏剣や刀、鎌、吹き矢などの武器を使って、忍者たちが説明を交えながらホンモノさながらの戦いを繰り広げます。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

途中ヒヤッとするシーンや、ちょっと笑える場面も!?
勢いある技や躍動感は思わず瞬きを忘れるほど!迫力満点のショーに大人も子どもも大満足です。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

その他にも、「忍術体験館」では、忍者たちが使っていた手裏剣や水蜘蛛などの忍具を見ることができます。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

「忍者伝承館」では、忍者の歴史や生活についての展示を見ることができます。
忍者の技や衣装、食べ物や暮らしなど…現代の私たちの生活に通じるようなものもあり、とても面白かったです!

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

館内のショップ「Ninja坊」ではここでしか手に入らない忍者グッズなどが揃っていて必見ですよ♪

【みえ旅おもてなし施設 おもてなしサービス】
 サービス内容 入館料金100円引き
 サービス提供条件 タブレット等の案内画面提示につきお一人様1回限り有効

施設名/伊賀流忍者博物館
住所/伊賀市上野丸之内117
電話/0595-23-0311(伊賀流忍者博物館)
営業時間/9:00~17:00(入館受付16:30まで)
休業日/12月29日~1月1日
料金/大人800円(700円)、小人500円(400円) ( )内は、20名以上の団体料金
※別途料金 忍者ショー 1人500円(400円)、手裏剣打ち 1人6枚 300円
公共交通機関でのアクセス/伊賀鉄道「上野市駅」から徒歩約5分
車でのアクセス/名阪国道「上野東IC」から車で約5分、名阪国道「中瀬IC」から車で約5分
駐車場/周辺に約500台あり(有料)
HP/http://www.iganinja.jp/

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

むらい萬香園
遊んだ後は、のんびりひと休み♪
伊賀市で創業110年の老舗茶屋「むらい萬香園」は、お茶の甘味処として伊賀散策途中のおやつにぴったりです。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

店内には所狭しとお茶や茶道具、忍者グッズなどが並び、眺めているだけでも楽しめるほか、レトロな雰囲気のある席でお茶を飲んで休憩していくこともできます。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

看板猫の茶々も出迎えてくれますよ♪

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

人気メニュー「忍者パフェ」(880円・税込)を注文!
抹茶とバニラのソフトクリームにフルーツ、白玉団子、あんこ、手裏剣の形のかたやきがトッピングされた、ボリュームも大満足のパフェです。
伊賀ならではのおいしいスイーツを堪能しました!

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

ここのおもてなしサービスは、アンケートに答えると1グループの全員がお茶を無料でいただくことができ、さらに、グループ全員が手裏剣投げを1人5回、無料で体験できちゃいますよ♪


【みえ旅おもてなし施設 おもてなしサービス】
 サービス内容 スマートフォン提示で1グループ全員お茶無料。
 手裏剣投げ1人5回無料を全員。

施設名/むらい萬香園
住所/伊賀市上野小玉町3130
電話/0595-21-1173
営業時間/9:00~19:00
休業日/木曜
車でのアクセス/名阪国道「上野東IC」から車で約5分、名阪国道「中瀬IC」から車で約10分
駐車場/あり

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

ヒルホテルサンピア伊賀
伊賀の旅を心ゆくまで満喫したら、宿泊は「ヒルホテルサンピア伊賀」へ。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

サンピア伊賀一番のおすすめは、たっぷり遊んで疲れた身体も癒やしてくれる「天然温泉 芭蕉の湯」。

和風・洋風の異なる浴場が男女日替わりで楽しめ、宿泊する夜と翌朝で違ったお風呂に入れるのが魅力です♪
朝6:00から宿泊での利用は24:00までと、利用できる時間が長いのもうれしいですね。

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

芭蕉の湯は日帰りでの利用もできます。受付カウンターにて「スマホでみえ得キャンペーン」のアンケートに答えると、入浴料が200円引きになりますよ!

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

食事は、1階の「れすとらん花ごころ」にて。
モーニングからランチ、喫茶、ディナーまでさまざまに利用できるレストランです。
流通量が少なく、伊賀市以外の地域で食べることは難しいといわれている「伊賀牛」をはじめ、伊賀米や地元酒造の自慢の伊賀酒、その他伊賀の食材を使った料理が味わえます。

サンピア伊賀名物の「伊賀牛炙り丼」(1500円・税込)はそんな希少な伊賀牛をリーズナブルに食べられると人気!

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

お部屋は洋室、和室、和洋室、バリアフリールームなどがあります。
ツインベッドにゆったりとした6畳の和室がついたお部屋は、広々と使えて家族連れにもぴったりです♪

伊賀歴史旅レポート【スマホでみえ得キャンペーン紹介記事】

季節のレジャーも充実していて、テニスコートや伊賀ならではの忍者体験のほか、夏はプール、冬はスケートと、いろいろな楽しみ方もできます。
スケートリンクは屋内なので天候の心配もいらず、雨の日も家族で楽しく遊べますよ!

スケートリンク 2019年度営業
営業期間/2019年12月21日(土)〜2020年3月15日(日)まで
営業時間/12月21日〜1月7日・土日祝日 10:00〜17:00、その他平日13:00〜17:45
利用料金/滑走料 中学生以上1,100円(1,000円)、小学生以下700円(600円)、65歳以上900円(800円)
 ※()内は15名以上の団体料金
    貸し靴400円、貸しそり300円(30分)

季節
秋(9~11月) 冬(12~2月)
エリア
伊賀

観光三重ピックアップ!

  • 最大半額!お得な「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!詳細は記事へ!

    最大半額!お得な「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!詳細は記事へ!

    2020.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    2020.06

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!
「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!
掲載日:2020.07.07
「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!

フォトコンテスト

Gojira ‼ が吠える!
Gojira ‼ が吠える!
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

季節おすすめ記事

  • 料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    古くから大和、山城、伊勢を結ぶ交通の要衝として栄えた、三重県伊賀市島ヶ原にある創業125年を超える醤油蔵『福岡醤油店』がお届けする、手間暇惜しまずこだわりを追求した昔変らぬ手作りの味。創業以来の蔵と杉桶から生まれる究極の...

    #
  • 日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル

    日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル

    1908年三重県津市において日本画家でもあった森田庄三郎が朧染タオル製造法の特許を取得し創業した『おぼろタオル』

    ボリューム感がありながら驚くほどの軽量感と高い吸水性・速乾性を持つ『百年の極』と100年以上にわたり愛されて...

    #
  • 玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の指定文化財「玄甲舎(げんこうしゃ)」が、令和2年6月より一般公開を開始しました!
    江戸時代後期に田丸城主久野家の家老を務めた金森得水の茶室兼別邸で、風格を漂わす日本家屋の空間に、しみじみと心を落ち着けることがで...

    #
ページトップ