• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 「新鹿海水浴場」は海が綺麗で混雑が少ない穴場の海水浴場!大自然に囲まれた非日常空間をご紹介。

取材レポート

「新鹿海水浴場」は海が綺麗で混雑が少ない穴場の海水浴場!大自然に囲まれた非日常空間をご紹介。

掲載日:2019.08.05

41,264ビュー

遠浅でエメラルドグリーンの海・広々と続く白い砂浜。沢山の世界遺産があることで知られる熊野市の一角『新鹿町』にある穴場海水浴場、地域の人々の温かさと大自然に囲まれ非日常の時間を楽しめる『新鹿海水浴場』をご紹介いたします。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

日本でも有数の遠浅で透明度の高い海・白い砂浜が広々と続くビーチ『新鹿(あたしか)海水浴場』。
熊野古道など沢山の世界遺産があることでも知られる三重県は熊野市新鹿町(あたしかちょう)にあります。

リアス式海岸の中の新鹿湾に面した広大な砂州がそのまま海水浴場となっていて、東海地方では有数の広さを誇る海水浴場です。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

本州にいることを忘れてしまうような、こんなにきれいな海と砂浜の新鹿海水浴場ですが、7月8月のピーク時でも比較的人が少なく、全長約1200mと広々としていることもあり、のんびりと海水浴を楽しむことが出来ます。
まさに穴場と言えるのではないでしょうか。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

水質は三重県の遊泳場の中でも最高評価の水質でAAにランク。

足のつま先まではっきり透き通ってみえます。

「快水浴場百選」「日本の水浴場 88選」にも選ばれています。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

きめ細かくサラサラの砂浜は沖縄のビーチとくらべても遜色ないきれいさ。
浜は地元の方々の清掃活動により綺麗に保たれています。

リゾート地のように人の手が加わっていない分、田舎の自然な風景と海を満喫することができますよ。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

また、海岸線が入り江状になっているため波も穏やか。

水上バイクやサーフィンは禁止、7月8月の海水浴シーズンはビーチ内での釣りも禁止の為、子どもとも安心して遊ぶこともできます。


新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

海を目の前に右手奥には川が流れ込んでおり、川遊びと海遊びが同時に楽しめる珍しい場所でもあります。

川に近いほうが遠浅になっていますので、お子様連れの方は川に近い浜がお勧めです。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

川側の浜には休憩場所が無かったため、地元の有志の方が「少しでも日陰で休める場所を 」と手作りされた海の家があります。

軽食やかき氷・ビールなどを楽しむことができますよ。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

日陰に流れ込む海からの涼しい風を感じながら、手作りの木のテーブルとベンチで海遊びで疲れた体を休めるのに最適です。

海の家の中と外では体感で2・3度くらい違うのではないかと感じるほど涼しかったです。

更衣室・シャワーも併設しています。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

新鹿海水浴場では、地元の方が交代で監視を行っており、いざという時は漁業組合と連携して水難事故防止に努めています。

また、毎年8月には海水浴のお客様も一緒に避難訓練を行い、地震などの非常時に備えているので、安心して楽しむことができます。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

海水浴場のすぐそばに、地元の新鹿観光協会があります。

新鹿観光協会がある場所にもシャワー・更衣室・トイレ・駐車場があります。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

こちらは、新鹿観光協会の目の前にある「坂本食堂」。

地元でとれた魚を使った焼魚定食などの定食から焼きそばやうどんといった軽食、20種類以上のかき氷などが楽しめます。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

有料とはなりますが、海岸のお好きなところにテントを張ってキャンプを楽しむこともできますよ。申し込みは不要です。

バーベキューもOK。夜10時までなら花火を楽しむことも。

遮るものがないため、夜は満点の星空を見ることができます。波の音をBGMに、満天の星空を眺める・・なんて贅沢なんでしょう。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

また、毎年夏にはプロ選手も参加するビーチバレー大会・10月には全国から多くの選手が参加するシーカヤック大会などイベントも地域の人々が協力して開催しており、イベント時も多くの人達でにぎわいます。

さらに、熊野と言えば、毎年8月17日に行われる『熊野大花火大会』が有名ですが、新鹿海水浴場では今年で34回目を迎える『新鹿観光追善花火大会』が毎年8月15日に行われます。
打ち上げは20時20分~。15時頃からビアガーデンや屋台も楽しめます。

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

駐車場は町営も含め、新鹿海岸周辺で全部で4か所。100台は駐車可能です。

また、JR新鹿駅から徒歩10分のため、公共交通機関でも行きやすい海水浴場です。
(JR新鹿駅は名古屋駅から約4時間)

新鹿(あたしか)海水浴場:三重県熊野市

最後に新鹿観光協会の会長堀後様からご挨拶。

大自然に囲まれた青い空・緑の山々・清らかな清流・美しい砂浜の海岸
私たちが忘れてしまった風や水の音・土や木の香りを感じながら、素敵なビーチタイムで身も心もリフレッシュしていただき、明日への活力となる素敵な思い出を作っていただければと思います。

世界遺産に登録された熊野古道・新鹿から二木島には『逢神坂峠(おうかみざかとうげ)』など、近隣の町にも沢山の観光スポットがございます。

地元熊野の皆様と自然とが温かく皆様をお迎えする準備をしてお待ちしております。

地元の人々が日本一と誇る新鹿海岸にぜひ一度お越しください!

新鹿海水浴場

住所
熊野市新鹿町
電話番号
080-6920-1313(新鹿観光協会)
公式URL
https://www.atashikabeach.com/
営業時間
7月~8月
2021年海開き:7月4日(日)
公共交通機関でのアクセス
JR新鹿駅から徒歩約10分
車でのアクセス
熊野尾鷲道路 熊野新鹿ICから約5分
駐車場
有料
トイレ
無料 2箇所

お願い
三重県に旅行・観光でお越しいただく際は、「新しい旅のエチケット」を守っていただき、感染リスクを避けて安全・安心な旅をお楽しみください。
新しい旅のエチケット

関連スポット

カテゴリー
花&自然&公園 アクティヴィティー
季節
夏(6~8月)
エリア
東紀州

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    2021.07
  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス!<br />
暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪<br />

    「秋の桜」コスモス!
    暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪

    2020.09
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」
菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」
掲載日:2021.10.19
菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」

フォトコンテスト

初夏
初夏
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」

    菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」

    三重県菰野町の「小島と田光のコスモス畑」を美しく撮影する方法をご紹介。これを見ればあなたもすぐに最高の写真が撮れる⁈
    三重の若手風景写真家が教える、小島と田光のコスモス畑へ撮影に行く際に知っておくべき情報を全公開!

    #
  • 歴史と秋風感じる絶景!斎宮のコスモス畑をご紹介!

    歴史と秋風感じる絶景!斎宮のコスモス畑をご紹介!

    三重県多気郡明和町に所在する日本遺産「斎宮」
    夏の残暑が落ち着くと、歴史ある斎宮が秋風に揺れるコスモスで彩られます。
    今回はコスモスが咲く斎宮跡の魅力をご紹介します!

    #
  • まるでもののけ姫の世界!苔と光の渓谷「赤目四十八滝」

    まるでもののけ姫の世界!苔と光の渓谷「赤目四十八滝」

    まるでもののけ姫にでてくる苔の森のような雰囲気を持つ「赤目四十八滝」を美しく撮影する方法をご紹介。これを見ればあなたもすぐに最高の写真が撮れる⁈
    三重の若手風景写真家が教える、赤目四十八滝へ撮影に行く際に知っておくべき...

    #

季節おすすめ記事

  • 三重県の潜水橋特集 意外と近くに在る秘境?絶景の潜水橋を楽しもう!この暑い夏を快適に過ごす為の「涼」をお届けします!【後編】

    三重県の潜水橋特集 意外と近くに在る秘境?絶景の潜水橋を楽しもう!この暑い夏を快適に過ごす為の「涼」をお届けします!【後編】

    皆さんは潜水橋(せんすいきょう)というものをご存知ですか?三重県内では沈み橋(しずみばし)や潜り橋(もぐりばし)、沈下橋(ちんかばし)とも呼ばれています。以前の記事で「朝明川の洗い越し」を紹介した際に色々と調べる中で...

    #
  • 冬だけじゃない!!夜に煌めく絶景「なばなの里サマーイルミネーション2021」をご紹介!

    冬だけじゃない!!夜に煌めく絶景「なばなの里サマーイルミネーション2021」をご紹介!

    イルミネーションといえば冬の夜を思い浮かべていませんか?
    日本最大級のイルミネーションで有名な「なばなの里」では夏の夜にも特別なサマーイルミネーションが開催されています。
    今回の記事では、家族4人でお出かけした「なば...

    #
  • 【やってきました三重の夏!】第59回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    【やってきました三重の夏!】第59回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    観光三重 第59回フォトコンテスト結果発表!!]
    素敵な作品盛りだくさんなので、現地に行きたくなること間違いなし!
    撮影者コメントや撮影地を添えて詳しくお送りしていきますね♪

    #
ページトップ