• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 津市を最高に楽しむモデルコース♪ 温泉・フォトジェニック・いちご狩り!人気スポットを巡ります!
取材レポート

津市を最高に楽しむモデルコース♪ 温泉・フォトジェニック・いちご狩り!人気スポットを巡ります!

三重県津市観光スポット

入口にある売店では、オリジナルスイーツや観葉植物などが、販売されています。
かわいい商品が揃っているので、女性へのお土産選びはここでバッチリ!
約1時間半で、里山の自然を堪能することができました。四季折々の自然を楽しめる場所なので、また異なる季節に訪れてみたいです。

レッドヒル ヒーサーの森(赤塚植物園)

住所
津市高野尾町2877
電話番号
059-230-7789(定休日を除く)
公式URL
http://www.redhill.co.jp
営業時間
9:30 ~ 17:00
※最終入場は営業終了時刻の60分前まで
※閉園時間は季節により異なります
 冬季(11月中旬~)は閉園16:00、最終入場は15:30までです
休業日
毎週木曜日

※木曜日が祝日の場合、開花状況等によって開園いたします
※夏季・冬季休業のほか、園内のメンテナンスや自然災害等のため休園日が発生する場合があります
料金
里山維持協力費 500円~1,200円

※季節により変動します
※中高生は半額、保護者1名につき小学生以下のお子様2名まで無料
公共交通機関でのアクセス
津駅からバスをご利用の場合
津駅東口4番乗り場
「豊が丘」行き乗車・・・「F北山」降車 徒歩5分
(土日祝のみ、レッドヒルヒーサーの森・朝津味へ乗り入れ)
「椋本」行き乗車・・・「高野尾クラブ前」降車 徒歩約8分
車でのアクセス
・伊勢自動車道「芸濃IC」から車で約5分
・津駅から車で約20分
カーナビ検索 マップコード「213 175 858」
三重県津市観光スポット

こちらは、さきほどのレッドヒルヒーサーの森から車で5分ほどの所にあるいちご園「こうちく男爵 いちご園」。
ここでは、1月から5月にかけていちご狩りを楽しむ事ができます。

三重県津市観光スポット

約3000坪の広々としたハウスで、三重県の育成品種「かおり野」を栽培しています。美味しいいちごをたくさんいただいちゃいましょう♪
立ったままでいちご狩りを体験できるのが嬉しいです。バリアフリーなので車いすの方も安心!

こうちく男爵 いちご園

住所
津市高野尾町字西大谷2275-3
電話番号
059-230-2833
公式URL
http://www.koutiku-dansyaku.com/
営業時間
10:00~16:00
休業日
不定休
料金
時期により変動します。詳細は公式HPでご確認ください。
車でのアクセス
伊勢自動車道「芸濃IC」より車で約5分
三重県津市観光スポット

「レッドヒル ヒーサーの森」や「こうちく男爵 いちご園」から約30分で、本日のお宿に着きました。
「洞窟座敷」があることで有名な「磨洞温泉 涼風荘(まどうおんせん りょうふうそう)」です。

三重県津市観光スポット

玄関はアットホームで素朴な雰囲気。初めて利用する旅館ですが、どこか懐かしい気分になります。

三重県津市観光スポット

案内していただいたのは、期待通りの「これぞ純和風の旅館」というお部屋。
窓からは田園と里山の風景を楽しむことができます。

三重県津市観光スポット

食事の前に、大浴場「高虎(たかとら)の湯」で、一日の疲れを癒します。
天井はガラス張りになっていて、半露天の気分でゆっくり時間を過ごせるのもいいですね。

三重県津市観光スポット

温泉を楽しんだあとは、ついに「洞窟座敷」へ。中がどうなっているのか楽しみです!

三重県津市観光スポット

これが名物の「洞窟座敷」。古くは伊勢湾の海賊や鈴鹿山脈の山賊が、互いの大漁を祝い、この地の洞窟で宴を楽しんだといわれる場所です。こんな場所で食事できるなんて、特別な思い出になります!

三重県津市観光スポット

料理は、洞窟座敷プランの「松阪肉と伊勢湾の幸」。
世界のブランド「松阪肉」あり、津名物の「あさりの浜焼き」などの魚介類あり、という三重の恵みを味わえるメニューに大満足でした。

磨洞温泉涼風荘

住所
津市半田2860-1
電話番号
059-228-8413(磨洞温泉涼風荘)
公式URL
http://www.ryoufu.com/
営業時間
チェックイン  15:00〜
チェックアウト ~10:00
(日帰りプラン)11:00~22:00(LO20:00) 
公共交通機関でのアクセス
近鉄津新町駅から緑ヶ丘2丁目行きバス5分半田農協前下車徒歩20分、または近鉄津新町駅から送迎バス

中部国際空港セントレアより、高速船40分津なぎさ町(要予約送迎バス20分)
車でのアクセス
伊勢自動車道久居IC下車→R165左方向信号5本目(北口交差点)左折れ→県道118津方面5分
三重県津市観光スポット

2日目は再び津市街地へ。
「磨洞温泉 涼風荘」から車で約15分、JR・近鉄「津駅」からもほど近い「さくら情緒食堂」でランチをいただきます!

三重県津市観光スポット

和洋のインテリアがミックスされた、おしゃれな店内。
テーブルや椅子などにもお店のこだわりが感じられます。

三重県津市観光スポット

女性に人気のメニュー「重ねカツ定食 さっぱり梅おろしポン酢」を注文。ボリームたっぷりのカツと「梅おろし」を一緒に食べると、さっぱりさわやかに肉本来のおいしさを感じられます。

三重県津市観光スポット

見た目もおしゃれなデザートは「SNS映えするメニュー」としても人気です。

1泊2日の旅は、このお店で終わり。今回の旅で、知らなかった津の魅力をたくさん満喫することができました♪
まだまだ隠れたスポットがたくさんありそうなので、またリサーチしてみたいと思います!

※ 2017年12月時点の情報です。日程、料金等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

カテゴリー
モデルコース
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    2022.06
  • 蓮・睡蓮が見頃です!

    蓮・睡蓮が見頃です!

    2022.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します
志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します
掲載日:2022.07.01
志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します

フォトコンテスト

三重の嵐山
三重の嵐山
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • お伊勢さんの「湯ごり」の地にある「湯元榊原館」を取材してきました!【あんしんみえリア優秀店】

    お伊勢さんの「湯ごり」の地にある「湯元榊原館」を取材してきました!【あんしんみえリア優秀店】

    お伊勢さんの湯ごりの地として知られる「湯本榊原館」。でも魅力は温泉だけじゃありません。湯、食、歴史、美、時と五感で味うことができる癒しの温泉旅館!
    徹底した感染対策により安心した温泉旅行を楽しむことができます。

    #
  • 黄色の絶景「菜の花」や、流れるように咲く白い「ユキヤナギ」!春の斎宮の魅力を完全解説!!

    黄色の絶景「菜の花」や、流れるように咲く白い「ユキヤナギ」!春の斎宮の魅力を完全解説!!

    三重県多気郡明和町に所在する史跡「斎宮跡」。歴史あるこの場所で、菜の花や梅、ユキヤナギといった春の花が次々に見頃を迎えます。今回は明和町の新たなフォトスポットとして誕生した「斎王の庭」も一緒にご紹介します!

    #
  • 「馬越峠」は熊野古道伊勢路で随一の美しい石畳が有名。馬越峠から続く登山コースには、尾鷲を一望できる絶景スポット天狗倉山も!行き方&楽しみ方をご紹介

    「馬越峠」は熊野古道伊勢路で随一の美しい石畳が有名。馬越峠から続く登山コースには、尾鷲を一望できる絶景スポット天狗倉山も!行き方&楽しみ方をご紹介

    「馬越(まごせ)峠」は、世界遺産・熊野古道の中でも随一の美しさを誇る石畳と、尾鷲ヒノキ林が広がる名スポット。馬越峠から続く登山コースを進むと、頂上の絶景が素晴らしい天狗倉山(てんぐらさん)へ行くこともできます。今回は...

    #
ページトップ