取材レポート

赤目四十八滝でお得なグルメさんぽ!へこきまんじゅうははずせませんね♪

掲載日:2019.04.19

1,941ビュー

「平成の名水百選」や「日本の滝100選」にも選ばれ、ハイキングや散策など、さまざまに自然を楽しむことができる人気のスポット「赤目四十八滝」。今回の旅は、赤目四十八滝と周辺エリアで「グルメさんぽ」をお得に満喫してきました♪

赤目四十八滝

三重県中西部、伊賀地方に位置する名張市。
このまちには「赤目四十八滝」をはじめとする豊かな自然、歴史を感じるまちなみ、多彩なご当地グルメなど、魅力が満載。今回は、そんな名張市を散策してみます。近鉄名張駅の近くにある「名張市観光協会 駅前案内所」が、旅のスタート地点です。どんな旅になるのかワクワクします!


【名張市観光協会 駅前案内所】
住所 名張市平尾3225-10
電話番号 0595-63-9087
公式URL http://www.kankou-nabari.jp
営業時間 9:00~16:00
休業日 年末年始
アクセス 近鉄名張駅より徒歩約1分

赤目四十八滝

車を走らせること約20分で、赤目四十八滝周辺に到着。腹ごしらえをしてから向かおうと、早めの昼食をとることに。
赤目四十八滝の入口近くにあり、「伊賀牛汁」が名物の「大日屋」(だいにちや)へ。

赤目四十八滝

店内から外の風景を楽しむことができる内装が魅力的。テラス席もあり、おいしい空気の中で食事をするのもおすすめです。

赤目四十八滝

人気メニュー「伊賀牛汁御膳」〈1,250円(税込)〉を注文。
「牛汁」とは、旨みたっぷりの伊賀牛と地元で採れた野菜が入った、和風しょうゆだしのお吸い物のこと。まかない食が発祥ですが、伊賀牛の使い方はなんとも贅沢です。あっさりながらもコクのある味わいで、人気が高いのも納得。

【大日屋】
住所 名張市赤目町長坂657-3
電話番号 0595-63-2656
営業時間 10:30~16:30
休業日 不定休
アクセス 名阪国道「上野IC」より約40分、近鉄「名張駅」より車で約20分

赤目四十八滝

赤目四十八滝に向かって歩いていると、目に入ってきたのが「へこきまんじゅう」の文字。
甘い香りに誘われ、「たまきや」に立ち寄ってみました。

赤目四十八滝

赤目四十八滝

さつまいもをたっぷり使った和風スイーツ「へこきまんじゅう」。
店頭で、女将さんが一つひとつ丁寧につくり上げていきます。旅の醍醐味の一つは、その地域の人たちとのふれあい。明るく優しい女将さんの人柄に心が和みます。

赤目四十八滝

「へこきまんじゅう」は忍者の形をしていることでも有名。
さつまいも生地のみの「元祖へこきまんじゅう」〈1個180円(税込)〉をはじめ、粒あん入り、クリーム入りなど、種類も豊富。ほっとする甘さが旅の疲れを癒してくれます。

【たまきや】
住所 名張市赤目町長坂720-1
電話番号 0595-63-0113
公式URL https://www.hekoki-fukuemon.com
営業時間 10:00~17:00
休業日 不定休 ※冬は休業する場合があります。詳しくは公式HPでご確認ください。
アクセス 名阪国道「上野IC」より約40分、近鉄「名張駅」より車で約20分

赤目四十八滝

赤目四十八滝の入口にある「赤目四十八滝渓谷保勝会(日本サンショウウオセンター)」に到着。
ご当地キャラの「さんちゃん」と「タッキー」が出迎えてくれています。
スタッフさんの丁寧な対応に、自然と気分が上がります。

【赤目四十八滝渓谷保勝会(日本サンショウウオセンター)】
住所 名張市赤目町長坂861-1
電話番号 0595-63-3004
公式URL http://www.akame48taki.com
営業時間  9:00~16:30(12月~3月)、8:30~17:00(4月~11月)
休業日 12月28日〜31日、1月~3月までの木曜日
アクセス 名阪国道「上野IC」より約40分、近鉄「名張駅」より車で約20分

赤目四十八滝

「日本サンショウウオセンター」の館内を抜けると、「赤目四十八滝」への散策ルートの入口に出ます。かつての伊賀と大和の国境を流れる滝川上流にあり、なんとその長さは約4km。大自然の中での散策を楽しみたいと思います!

赤目四十八滝

その美しい渓谷や清らかな水、澄みきった空気から「平成の名水百選」「森林浴の森百選」に選ばれています。紅葉と滝が織りなす風景の美しさは圧巻です!

赤目四十八滝

遊歩道は整備が行き届いているので、子どもや女性、年配の方でも安心。歩いても歩いても、心洗われる風景が続きます。

赤目四十八滝

秋の季節に人気なのが、「紅葉ライトアップ」。
七色に変化する明かりが、渓谷をより幻想的な空間に演出します。大人のデートにもぴったり!

【赤目四十八滝】
住所 名張市赤目町長坂861-1
電話番号 0595-63-3004(赤目四十八滝渓谷保勝会)
公式URL http://www.akame48taki.com/asobu/nijasato.html
料金 入山料:大人400円、子ども200円、幼児無料
アクセス 名阪国道「上野IC」より約40分、近鉄「名張駅」より車で約20分
駐車場 700台(周辺の有料駐車場1回800円)

赤目四十八滝

「赤目四十八滝」をゆっくりたっぷり楽しんだあと、本日のお宿「伊賀のかくれ宿 湯元赤目温泉隠れの湯 対泉閣」へ。
歩いて3分ほどで着くという好立地なのもうれしい。

赤目四十八滝

高級感が漂う玄関は、古き良き「日本の旅館」を思わせます。こだわりを随所に感じる空間です。

赤目四十八滝

今回の旅の楽しみの一つ、赤目温泉へ。
地底1,000mから湧くアルカリ単純温泉で、美肌効果が期待できる泉質です。絶好のロケーションで安らぐひとときは、まさに至福です!

赤目四十八滝

夕食は、三重ブランド伊賀牛や旬の山菜など、伊賀の幸をふんだんに盛り込んだ月替わりの会席料理を堪能。食材を生かしたメニューはどれも絶品です。対泉閣名物の別注料理「伊賀牛とろ寿し」は、ここでしか味わえない名品で、口に入れた途端にとろけるような食感と旨みが広がります。

赤目四十八滝

翌日のチェックアウト前に、ロビー横にある珈琲処「河澄渓洞」でひと休み。
囲炉裏を模したおしゃれなスペースです。

【伊賀のかくれ宿 湯元赤目温泉隠れの湯 対泉閣】
住所 名張市赤目町長坂682
電話番号 0595-63-3355
公式URL http://www.akameonsen.com/
営業時間 チェックイン15:00~、チェックアウト~10:00
休業日 無休
アクセス 近鉄「赤目口」駅からバスで約10分(送迎あり)※宿泊者限定
     名阪国道「上野IC」より約40分、近鉄「名張駅」より車で約20分
駐車場 50台

名張の自然と食を楽しむ1泊2日の旅もこれにて終了。なんといっても、赤目四十八滝渓谷の紅葉は、息を呑むほどの美しさがありました。

※ 2017年11月時点の情報です。日程、料金等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

カテゴリー
絶景&秘境 文化&寺社仏閣
エリア
伊賀

観光三重ピックアップ!

  • 写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    2021.07
  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス!<br />
暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪<br />

    「秋の桜」コスモス!
    暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪

    2020.09
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】
「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】
掲載日:2021.09.22
「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】

フォトコンテスト

丸山千枚田の幻想
丸山千枚田の幻想
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • Enjoy! MIE National Park(国立・国定公園特設サイト)

    Enjoy! MIE National Park(国立・国定公園特設サイト)

    PR自然と遊ぶ。自然に親しむ。

    国立公園・国定公園というものを知っていますか?
    「知らない」、「言葉は聞いたことがある」というあなたも、実は知らないうちに旅しているかも。三重県の国立・国定公園を特集しました!
    ※コンテンツは随時追加していきます。

    #
  • 「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】

    「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】

    元体操のお兄さんの「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家「浅田政志」さんから人物撮影や家族写真のレクチャーを受ける様子をお届けします。

    #
  • 大自然を求めて人々が集う安らぎのある町!紀北町特集!!!

    大自然を求めて人々が集う安らぎのある町!紀北町特集!!!

    今回は三重県の東紀州に位置する紀北町についての特集です!紀北町は大自然を求めて人々が訪れる安らぎのある町です!
    そんな紀北町にある日本でも最高の透明度を誇る『銚子川』や県外からの登山客にも人気な『便石山』などのスポッ...

    #
ページトップ