• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 四日市が生んだボリューム満点の肉料理「四日市焼とんてき」【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

取材レポート

四日市が生んだボリューム満点の肉料理「四日市焼とんてき」【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

掲載日:2019.03.15

B1グランプリで全国的に名を馳せた四日市のソウルフード「四日市とんてき」は、ボリューム満点の肉料理。ニンニクをきかせたソースが決め手のとんてき!食べると元気になること間違いなし。

四日市焼とんてき

ボリューム満点の肉料理。ニンニクをきかせたソースが決め手のとんてき!食べると元気になること間違いなし。「四日市焼とんてき」です。

四日市焼とんてきの商品情報を見る

四日市焼とんてき

静かな場所でこだわりの製法

津市の山林、静かな住宅街にある工場にお邪魔しました。
ここで製造されているのが四日市名物豚肉の「四日市焼とんてき」。
本当にこんな場所にあるのかな?と思いつつ伺ったのが山信食品さんです。
坂道をずんずん進んでいくと工場がありました。

四日市焼とんてき

なぜ四日市で「とんてき」は生まれたのか

四日市は昔から工業地帯が多く、労働者も多かったことからスタミナがあり、ボリューム感の強い料理が好まれたそうです。
「とんてき」の名前の由来は、とん=豚、てき=ステーキ。
本当なら牛肉を使ったステーキを食べたい人が多かったと思われますが、安く、たくさん食べたい人に愛された庶民の味です。
「とんてき」の特徴は分厚い一枚肉に切り目を入れ焼いたもの。
見た目から「グローブ焼き」といわれ親しまれているそうですが、現在では「グローブ焼き」だけではなく串に刺したものなど飲食店によってこだわりの「とんてき」が生まれています。

遡ること約10年前、知り合った「四日市とんてき」で有名な「まつもとの来来憲」さんに指導を受け現在の「とんてき」が生まれました。

その頃、「とんてき」というと少し価値の低い食品として見下されている感じがあったそうで、何とか知名度を上げたいと頑張ったのがB-1グランプリへの出場。
四日市とんてき協会の努力の結果、B-1グランプリでの入賞などメディアから注目され有名になってきました。

四日市焼とんてき

こだわりの肉とタレ

山信食品さんのこだわりは何といっても肉の柔らかさとタレ。
肩ロースを利用しているのですが、普通だと切れ目を入れただけで焼いても肉が固く食べづらいのですが、肉のスジ切りを丁寧に行い、独自のタレに漬け込むことで柔らかく食べられるのが特徴。
タレの隠し味にはフルーツを利用しているそうです。何のフルーツを利用しているのですか?と聞いたのですが企業秘密でした(笑)残念。
ウスターソースを利用するのですが、ウスターソースだけだとくどくなり、「とんてき」を食べた後、コッテリし過ぎて嫌だという意見から、さっぱりしたタレを開発。

柔らかくて、さっぱりした「四日市焼とんてき」の開発に成功したそうです。
この製法に行き着くまでには肉のサイズから切り方を決め、その基準にあった製造を守っているそうです。

四日市焼とんてき

丁寧に一枚ずつ

肉を切るところから、味付けまで全て手作り。
スタッフの方々が美味しく食べてもらいたいという思いで製造されています。
この「四日市焼とんてき」販売している石原さんにもお話を聞いたのですが、やはりこだわって作っているので自信を持って販売できるとのこと。
「四日市焼とんてき」以外にも肉製品を作っていたのですが、本当に丁寧に作られていました。

焼くのも手作業なので一回で製造できる「とんてき」は15枚まで。
時間をかけて家庭に並んだ際、楽しく食べてもらいたいとの思いで製造されています。

四日市焼とんてき

美味しい食べ方

「四日市焼とんてき」は焼き目を入れてあるので、湯せんで食べられるということ。
焼き目を入れる際、湯せんにするのを考慮して絶妙な焼き加減を調整しているそうです。
そのまま千切りキャベツを用意して食べるのも美味しいのですが、山信食品さんのオススメはどんぶり。
どんぶりの上に千切りキャベツ、そして「四日市焼とんてき」。その上からタレをかけて食べると絶品だそうで、たまのお昼は贅沢にどんぶりを作るそうです。
確かに想像しただけで美味しそうですね。

四日市焼とんてき

食べてみました

本当に柔らかく美味しい。の一言。
自分でも肉を買ってきて「とんてき」を作るのですが、柔らかさが段違い。
やはり手間をかけて作られる「四日市焼とんてき」は一味違います。
妻と一緒に食べたのですが、近所でも売ってくれないかな?という要望がありました。
そのくらいいつも置いておきたい一品です。

四日市焼とんてきの商品情報を見る

カテゴリー
グルメ・おみやげ
エリア
北勢

観光三重ピックアップ!

  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2017.10
  • 世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    2016.11
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

新種クマノザクラの観賞ポイントは?熊野さくらの会 田尾さんと紀宝町のクマノザクラ名所をご案内
新種クマノザクラの観賞ポイントは?熊野さくらの会 田尾さんと紀宝町のクマノザクラ名所をご案内
掲載日:2020.03.25
新種クマノザクラの観賞ポイントは?熊野さくらの会 田尾さんと紀宝町のクマノザクラ名所をご案内

フォトコンテスト

海の見えるバス停
海の見えるバス停
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 松阪まるよしは「美味しく良いものをお値打ちに」という信念のもと松阪牛の精肉販売とレストランを営む! 絶品「松阪牛すき焼き」などをご紹介します。

    松阪まるよしは「美味しく良いものをお値打ちに」という信念のもと松阪牛の精肉販売とレストランを営む! 絶品「松阪牛すき焼き」などをご紹介します。

    “まるよし”は昭和36年に創業した松阪牛のレストランと精肉を販売しているお店。「美味しく良いものをお値打ちに」を創業時から現在まで引き継がれており、最高級の松阪牛をリーズナブルにいただけるお店として地元松阪では有名です。...

    #
  • 「にぎわいの森」で“食”を通じたまちづくり 人気のグルメを味わえる4つの店舗がいなべに集結!

    「にぎわいの森」で“食”を通じたまちづくり 人気のグルメを味わえる4つの店舗がいなべに集結!

    オーガニックフード、魔法のパン、人気カフェ、自家製ソーセージ。全部食べたい!

    令和元年5月にオープンしたいなべ市の新庁舎と、そのすぐ隣にある「にぎわいの森」。三重県外から人気店を率いる食の達人たちを呼び寄せると同時に、各店舗のオーナーが地元住民と手を携えて地産地消はもちろん、農と食の価値を高めて...

    #
  • 鳥羽国際ホテルは三重を代表するリゾートホテル。お部屋やお料理など詳しくご紹介します。

    鳥羽国際ホテルは三重を代表するリゾートホテル。お部屋やお料理など詳しくご紹介します。

    鳥羽国際ホテルは、1964年(昭和39年)の開業以来、日本の皇族方をはじめとしてイギリスのエリザベス2世など、日本国内外からの要人が数多く宿泊している伊勢志摩の迎賓館として歴史を積み重ねてきた由緒あるリゾートホテルです。

    #
ページトップ