取材レポート

笠の形を模した平治煎餅は、三重県民なら知らない人はいない銘菓です!

掲載日:2019.03.15

4,009ビュー

三重県には有名な銘菓がたくさんあります。この「平治煎餅」もそんな銘菓のひとつ。シンプルながら奥深い味わいには、根強いファンが多いです。お土産にもらうことが多いと思いますが、店舗に訪れるとまた違った面白さが発見できます。

平治煎餅

三重県津市、一番の繁華街・大門にある老舗の和菓子店である「平治煎餅本店」さん。三重県民なら知らない人はいない銘菓です。

平治煎餅本店 平治煎餅の商品情報を見る

平治煎餅

津市の銘菓

「平治煎餅本店」さんの創業は大正2年。
2015年に本店をリニューアルし、店舗で甘味を楽しめるスペースが出来ました。
国道23号線を背に大門商店街に入るとすぐにお店があります。
リニューアルした店舗は、「平治煎餅」の笠の形をイメージして作られたということです。

平治煎餅

平治煎餅が出来た理由

「平治煎餅」が生まれた理由は、初代が何か特別で地元らしいお土産菓子を作りたいと思ったことがきっかけ。
津市の阿漕海岸が題材の謡曲「阿漕」などで有名な物語「阿漕平治」からモチーフである笠の形が生まれました。

物語の内容は、阿漕海岸の近くに住む漁師・平治。母親が病気で元気になってもらおうと、伊勢神宮御用達の禁漁区から「ヤガラ」という細長くて栄養価の高い魚を獲って食べさせていました。
日に日に母親は元気になっていくので何度も漁を続けました。
しかし平治は浜辺に笠を置き忘れ、それが証拠となり捕まります。
平治の思いやりに役人も察しますが、どうすることも出来なく箕巻きにされて阿漕浦沖に沈められました。
その悲しい物語に出てくる平治を偲び、忘れた笠を形どったお菓子が「平治煎餅」です。

「平治煎餅」が生まれたのは大正2年。
その頃から材料は「砂糖・小麦粉・卵」の三種類のみ。
この伝統の味を守り続け、今でも原材料とレシピは当時のものと同じだということです。

平治煎餅

店舗でお話を

「平治煎餅本店」さんは現在、2つの店舗がありどちらもお邪魔したのですが、まず訪れたのは工場と隣接している「江戸橋店」。
国道23号線沿いにあり、鈴鹿方面から来ると左手にある店舗です。
キレイに陳列された店舗内でお話を伺いました。お話を聞かせてくれたのは専務取締役の伊藤さん。

店舗の中には「阿漕平治」の物語に出てくる栄養価の高い「ヤガラ」の模型と一緒に「平治煎餅」の金型。
今回の取材では手に入れられませんでしたが他にも美味しそうなお菓子がたくさんあります。
特に目を引いたのは「平治最中」。
この最中も笠をモチーフに作られています。
特徴は中に入っている「餡」。
これも昔ながらの製法で作っていて「餡」に関してはすごく甘いとのこと。
最近流行りの甘さ控えめではなく、あえて昔の甘い「餡」をこだわって作っているそうです。
甘党にはたまらない最中ですね。

平治煎餅

手作りを感じられる設備

工場も見学させていただきました。
「平治煎餅本店」では通常、日に約30,000枚の煎餅を作るそうなのですが、ほとんどが手作り。
焼型が自動で回転する以外は、全て手作業です。
この焼型にも歴史が感じられ、器具なのに見ているだけなのにものすごく素敵に感じました。
3種類の大きさが違う「平治煎餅」があり、それぞれ違った作り方をしています。
大きいものはまず平ぺったい煎餅を作ってから笠の形に成形。
他にもいろいろな器具が。
焼印など見ているだけでも楽しくなってしまいます。

出来上がったお菓子を並べるのと、小分けの袋に詰める以外は手作業。
最後まで気配りを忘れず完成です。

平治煎餅

本店にもお邪魔

本店を尋ねるとちょうどお雛様の時期だったこともあり雛人形が。
目を凝らしてみると、男性の雛人形の頭には「平治煎餅」(笑)
最近人気の商品が転勤や転職、他にもお祝いごとにも使われるメッセージ付きのお煎餅。
他にも美味しそうなワッフルがあったり、店舗の奥にはカフェスペースも。
昔、使われていた値札なども見せてもらい、またゆっくり来ることを約束してお店を後に。

平治煎餅

美味しい食べ方

当然、そのまま食べるのが一番美味しいと思うのですが、バリバリに割った煎餅を牛乳などに付けて食べる人も。
後、今はあまりないかもしれませんがストーブの上で温めて食べると焼き立てが再現できて美味しいという人もいるそうです。
人それぞれ好みがあるので、こう食べて欲しいというより、皆さんが楽しんで「平治煎餅」を食べてくれればいいということでした。

平治煎餅

海を見ながら平治さんを偲んでみよう

せっかくなので「平治煎餅」のモチーフとなっている物語の舞台・阿漕浦を訪れてみました。
少し肌寒い時期でしたが、のんびりくつろぐことが出来ます。
ここで買った「平治煎餅」を食べながら平治さんを偲んでもいいかもしれませんね。

平治煎餅本店 平治煎餅の商品情報を見る

カテゴリー
食&グルメ
季節
オールシーズン
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 梅の名所スポット&梅まつり特集

    梅の名所スポット&梅まつり特集

    2021.12
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2020.10
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪
国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪
掲載日:2022.01.24
国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪

フォトコンテスト

あじさい祭り
あじさい祭り
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 東海道関宿(亀山市)でグルメ・お土産・町歩きを満喫!駐車場や撮影スポットも紹介します

    東海道関宿(亀山市)でグルメ・お土産・町歩きを満喫!駐車場や撮影スポットも紹介します

    東海道関宿は江戸の古い町並みが今も残る場所。そんな歴史を感じる町でグルメ・お土産・町歩きを楽しむ観光モデルコースを紹介!駐車場や撮影スポットも解説!【所要時間:3〜4時間】

    #
  • 三重ブランド「あのりふぐ」に舌鼓♪「浜の雅亭一井」で冬の味覚を堪能しよう!

    三重ブランド「あのりふぐ」に舌鼓♪「浜の雅亭一井」で冬の味覚を堪能しよう!

    伊勢えびや的矢かきとも並ぶ伊勢志摩の冬の味覚「あのりふぐ」。特に優れた産品として「三重ブランド」にも選ばれる高級魚で、そのお味はもちろん絶品!そんなあのりふぐを最高に楽しむなら、鳥羽市相差(おうさつ)の旅館「浜の雅亭...

    #
  • 今がまさに旬!おいしい「伊勢海老」を、”刺身”で”しゃぶしゃぶ”で”味噌汁”でおいしく食べ尽くす!!

    今がまさに旬!おいしい「伊勢海老」を、”刺身”で”しゃぶしゃぶ”で”味噌汁”でおいしく食べ尽くす!!

    PR

    伊勢海老が紀北町で食べられるって知ってますか?日本一の漁獲量を誇る三重県の伊勢海老。この時期にしか食べられない新鮮な伊勢えびを堪能できるお店をご紹介します♪

    #

季節おすすめ記事

  • 国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪

    国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪

    「国立公園」「国定公園」という言葉を聞くと、漠然と“自然に恵まれた場所”というイメージを抱く方が多いはず。しかし、具体的にはどのような場所のことを指すのか分からない方も多いのではないでしょうか?
    今回は、国立公園と国定...

    #
  • 「三重県×ミジュマル」WEBサイトがオープン!

    「三重県×ミジュマル」WEBサイトがオープン!

    PR

    今後こちらのWEBサイトを通じて、さまざまな情報を随時発信していきますので、ご期待ください!

    #
  • 三重の山がもっと好きになる!「亀山7座トレイル」!!

    三重の山がもっと好きになる!「亀山7座トレイル」!!

    今回はASOBISIAが「亀山7座」を制覇してきましたので紹介します!
    「亀山7座」とは鈴鹿山脈で石水渓付近の700メートル前後の山を7座として選定したものです。「亀山7座」には「鈴鹿セブンマウンテン」の山々とはまた違った魅力の山が...

    #
ページトップ