取材レポート

三重県ご当地うどんといえば伊勢うどん!【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

掲載日:2019.03.15

今では三重県人の誰もが愛するであろう、もっちり極太の「伊勢うどん」。当然伊勢に行って食べるのが一番だと思いますが、お土産にも最適な「伊勢うどん」を見つけました。

伊勢うどん・黒い極太カレー饂飩詰合せ

全国にはいろいろなうどんが存在します。コシがあって、喉越しが良いものを美味しいうどんという方も多いと思いますが、ここ三重県のご当地うどんといえば、「伊勢うどん」。

「伊勢うどん」はもっちり、極太で柔らかい麺、そして甘みが強い黒いタレというのが特徴のご当地うどんです。

伊勢うどん・黒い極太カレー饂飩詰合せの商品情報を見る

そして今なら!こちらで紹介しているグルメを「三重の逸品百貨店」で5千円以上購入すると、三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーンを実施中!(2020.5.8~7.8)
詳しくは、三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーンサイトをご覧ください。

伊勢うどん・黒い極太カレー饂飩詰合せ

三重県のご当地うどん?

お土産うどんを求めて、到着したのが鈴鹿山脈を望む四日市の製麺所「堀製麺」さん。
そもそも「伊勢うどん」は伊勢地域の郷土料理的なもの。
モチモチ食感の極太麺を三重県の人が食べているかというとそんなことはありません。
小さい頃に「伊勢うどん」をそれほど食べたことがなかったように思います。
数年前から「伊勢うどん」という名前をよく耳にするなぁ。と思っていたのですが、今回取材して、その理由がわかりました。

堀製麺さんは平成のはじめ頃に何とか三重県で特徴のある麺を製造できないか悩んでいたそう。
そして目を付けたのが「伊勢うどん」。
その当時、三重県内でも「伊勢うどん」の知名度は低く、こんなにおもしろい商品があるのにイマイチ人気がないのは残念だという思いで、三重県の同業者さんと一緒に「伊勢うどん」製造にチャレンジしたそうです。
また同時に三重県でも特徴のある農産物を作ろうという取り組みがあり、せっかくなら三重県の郷土料理に使える「小麦粉」を育てようということに。
そして麺製造者さん、農業生産者さん、三重県さんと一緒になり、美味しい「伊勢うどん」を作ろうというプロジェクトが立ち上がったそうです。

伊勢うどん・黒い極太カレー饂飩詰合せ

「伊勢うどん」は伊勢のもの?

「伊勢うどん」を製造する際に苦労したのが、「うどん」の太さと柔らかさ。
伊勢地域に住む人にも、いろいろ話を聞きながら作り込んだそうですが、食べる人が違うと意見も違うそうで、みんなが納得する「うどん」を作るのには時間がかかったとのこと。
三重県製麺組合で決めた「伊勢うどん」の定義として太さが縦横合わせて6㎜以上、茹で時間が30分以上というものがあり、その定義にしたがい製造が始まりました。

製造を開始し、いろいろなイベントなどで「伊勢うどん」をPRしてきたそうですが、いまいち人気がなく、こんな「うどん」は「うどん」じゃないというような声も聞かれたそうです。
ただ同業者さん約20店と一緒に「伊勢うどん」普及のために頑張ろうとの思いで進めていくうちに、知名度が上がり、人気が出始めたそうです。
伊勢うどん大使である「石原壮一郎さん」もすごく貢献してくれたと言っていました。

伊勢うどん・黒い極太カレー饂飩詰合せ

麺とタレへのこだわり

堀製麺さんで製造される「伊勢うどん」の原材料として使われる小麦粉は全て三重県産の「あやひかり」と「さとのそら」という小麦を利用。

特に「あやひかり」は県内の農業者さん、三重県と連携して「伊勢うどん」のために品種改良され生まれた「小麦」です。

特徴はうどんにした際、モチモチ感があり、つるつるとした食感で切れにくい。
「伊勢うどん」は普通のうどんよりも長く茹でることが前提なので、通常の小麦粉だと茹で過ぎると切れることも多い。
「あやひかり」はその欠点を克服した「伊勢うどん」のために生まれた小麦だということです。

堀製麺さんで作られる「伊勢うどん」はタレにもこだわりが。
鈴鹿市で300年の歴史がある東海醸造さんの醤油を利用。
「伊勢うどん」で使われる醤油は昔から「タマリ」。
東海醸造さんはの「タマリ」大豆と塩のみ、そして3年寝かせて絞るため、濃厚でコクのあるものが出来るそうです。
こだわりの三重県産小麦と東海醸造さんの「タマリ」は相性も良かったことから採用し完成しました。

伊勢うどん・黒い極太カレー饂飩詰合せ

ふつうの伊勢うどんだけでは面白くない

堀製麺さんでは、通常の「伊勢うどん」だけではなく、ちょっぴり変わり種の「伊勢うどん」も。
それが「黒い極太カレー饂飩(うどん)」。
名の通り、黒いタレのカレーうどんです。
このうどんの麺は「伊勢うどん」と同様の太麺を使用しているのですが、同じ「伊勢うどん」をりようするのではなく小麦の皮も利用した特別な麺。
麺も少し黒っぽくなっているのですが、名前に負けないよう麺も黒くしたそうです。

カレーうどんというとルーのこだわりをよく聞くと思うのですが、堀製麺さんが一番苦労したのは麺作り。
小麦の皮を利用することにより、「伊勢うどん」独特のモチモチ感が失われ、思ったような麺が出来ず、完成まで1年の予定が結局、納得できる麺が出来るまで2年以上も必要だったそうです。
見た目ですぐにわかる色の違い。

伊勢うどん・黒い極太カレー饂飩詰合せ

美味しい「伊勢うどんと黒い極太カレー饂飩(うどん)」の食べ方

「伊勢うどん」はまず麺を茹でて、その上からタレをかけて食べます。
この「黒い極太カレー饂飩(うどん)」は伊勢うどんとは違い煮込んで調理します。
シッカリした麺なので、煮込んでも大丈夫。
アツアツでスパイシーな「黒い極太カレー饂飩(うどん)」を楽しんでくださいとのことでした。

「伊勢うどん」には贅沢に「松阪牛のしぐれ煮」を入れると美味しいとのこと。
ただ「松阪牛のしぐれ煮」は高いので、次にオススメがご当地食材の「めかぶ」や「アオサ」の海藻。
香りを楽しみながら食べてみてくださいとのことでした。

「黒い極太カレー饂飩(うどん)」には当然といえば当然ですが鶏肉を一緒に煮込んで食べると美味しいそうです。
もう一品いれるなら「油揚げ」。
「油揚げ」も煮込んで食べると美味しいそうです。


伊勢うどん・黒い極太カレー饂飩詰合せ

お土産に最適

堀製麺さんの「伊勢うどん」は常温で日持ちもするのでお土産や贈り物に最適。
買ってきたものを食べてみました。
まずは「伊勢うどん」。
懐かしい味ではありますが、「うどん」へこだわりの思いを聞いてから食べると、また違った美味しさが感じられます。
間違いのない味ですね。

次に食べたのが「黒い極太カレー饂飩(うどん)」。
モッチリした食感の麺はカレーにバッチリ。
美味しいに決まってますよね(笑)
麺を食べた後はごはんを入れても楽しめるかもしれません。

ぜひお試しください。

伊勢うどん・黒い極太カレー饂飩詰合せの商品情報を見る

\三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン実施中!/

三重の逸品百貨店」で5千円以上購入すると、三重の逸品5千円分を抽選で200名様にプレゼント!(2020.5.8~7.8)
詳しくは、三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーンサイトをご覧ください。

カテゴリー
グルメ・おみやげ
エリア
北勢

観光三重ピックアップ!

  • 三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    2020.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    2020.06

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!
「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!
掲載日:2020.07.03
「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!

フォトコンテスト

鬼ヵ城の星空と一つの灯り
鬼ヵ城の星空と一つの灯り
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 松阪牛に引けを取らない味「肉の横綱」伊賀牛をご自宅で【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    松阪牛に引けを取らない味「肉の横綱」伊賀牛をご自宅で【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    四代にわたって優れた血統をもつ伊賀牛をさらに改良し、吟味した最高級の伊賀牛を提る【元祖伊賀肉 金谷】から贈物に最適な伊賀牛をご紹介いたします。

    #
  • 志摩の海の恵み豊富に愛情込めて肥育した「志摩あおさ豚」【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    志摩の海の恵み豊富に愛情込めて肥育した「志摩あおさ豚」【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    志摩市というと海産物のイメージが強いかと思いますが、良質なブランド豚もあるんです。それが今回ご紹介させていただく 肉の喜多家が手がけた【志摩あおさ豚】。

    【志摩あおさ豚】へのこだわりと地元への想い、今後の展望などお...

    #
  • 神宮司庁御用達「老松園」の日本茶で、テレワークの合間のほっと一息はいかが?【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    神宮司庁御用達「老松園」の日本茶で、テレワークの合間のほっと一息はいかが?【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    神宮司庁御用達の名に恥じぬよう、受け継がれてきた想いと伝統の味を守り、新しいことにも挑戦し続ける【老松園】が贈る、飲み物としての味の良さを徹底追求し完成した銘茶セットをご紹介いたします。

    #
ページトップ