取材レポート

「美人の湯」に入って、つるつるお肌に! 自慢のお風呂と美食が心を満たす「鹿の湯ホテル」

掲載日:2019.02.28
鹿の湯ホテル

伝統と現代性が融合した空間が魅力の「鹿の湯ホテル」

その昔、鹿が傷を癒したという伝説から「鹿の湯」ともいわれる「湯の山温泉」。
2018年、開湯1300年を迎え、さまざまな記念イベントが行われたことで、再び「歴史のある温泉地」として脚光を浴びています。
その泉質は美肌効果があり、「美人の湯」としても知られ、女性におすすめの温泉地でもあります。

その中でも、特にお風呂が充実していて、美食を楽しめるのが、「鹿の湯ホテル」。
外観からは、歴史ある旅館を思わせます。さっそくお邪魔してみましょう。

鹿の湯ホテル

ホテルの中に入ると、一転モダンな雰囲気。落ち着いた佇まいで、旅の疲れから解放されます。

鹿の湯ホテル

大きな窓から外の日差しが差し込むロビー。
居心地の良さをさりげなく演出した空間となっています。

鹿の湯ホテル

限定3室の「コンフォートモダン」で過ごす上質なひととき

客室は、全室から鈴鹿連山の美しい山々と渓谷を眺めることができます。
中でも、限定3室の「コンフォートモダン」は、誰もが憧れるようなステキな仕上がり。

その一つ、「真菰野(まこもの)」は、地元・菰野町の特産品「真菰(まこも/イネ科の植物)」を壁に塗り込んだ部屋。
空気の浄化作用やリラックス効果があるとのことです。この土地ならではの部屋に泊まれるのもうれしい!

鹿の湯ホテル

空を渡る月をイメージしてつくられた「渡月(わたるつき)」も「コンフォートモダン」。
ベッドルームと二間続きの和室で、大きなサイズのベッドにもテンションが上がります。横幅の広い窓からの眺めも最高!

鹿の湯ホテル

その他に人気なのが、「温泉半露天風呂付」の部屋。
室内に設置された檜風呂は、木の温もりと香りに包まれながら、ほっと一息つくことができます。

鹿の湯ホテル

夜になると、鈴鹿連山の向こう側に鈴鹿方面の町並みの夜景が見えます!きれいな夜景を独り占めした気分。

鹿の湯ホテル

多彩なお風呂で「美人の湯」を堪能!

いよいよ、お待ちかねの温泉へ。まずは、大浴場。
お湯は、無色透明のアルカリ性のラジウム泉。細胞を活性化させ、血行を促進するといわれる「エマナチオン」を多く含み、関節リュウマチ、湿疹、婦人病などに効能があるといわれています。
体の芯から温まり、お肌もつるつるに。

鹿の湯ホテル

自然の息吹をすぐそばに感じながら、ゆとりある時間を過ごせる「露天風呂」。
開放感いっぱいの空間の中で、心身ともにリフレッシュ。

【大浴場】
利用時間 24時間利用可能 ※9:30〜11:00は清掃のため利用不可。
【露天風呂】
利用時間 チェックイン〜22:00、6:00〜チェックアウト
【日帰り温泉】
利用時間 11:00〜15:00
利用料金 入浴料1,000円(税込)、貸切風呂50分2,000円(入浴料別)

鹿の湯ホテル

貸切で利用できるお風呂(檜の湯)も人気。宿泊者の方に限り、平日は無料で利用可能です。

【貸切風呂(檜の湯)】
利用時間 15:00〜22:00
利用方法 
(平日)入口に「空いてます」と札がなっていれば「利用中」に裏返して鍵をかけて、ご自由にご利用ください(予約不可)。
(休日)利用には予約が必要(フロントにて受付)。
※休日とは、休前日(土)、休日(日)、祝日、年末年始、お盆。
貸切料金 (平日)無料 ※宿泊者限定、(休日、休前日、祝日)50分2,000円

鹿の湯ホテル

温泉で体を癒した後は、「湯上がり処」へ。
ガラス戸を空けて、テラスに出ると、「月見台」があります。絶景を楽しめる森林浴は、ここに来たら外せない楽しみです!

鹿の湯ホテル

料理を引き立てる「和モダン」な食事処

料理を楽しめる食事処がおしゃれなのも、「鹿の湯ホテル」の特徴。
「ダイニング真菰」の入口の壁は、真菰と一体化していて、老舗料亭のような上品さを感じます。

鹿の湯ホテル

店内の各部屋は、落ち着いた照明に照らされ、ゆっくり食事を楽しめそう。シックで、大人の雰囲気。

ほかにも、個室の和室もあるので、お子さん連れでも安心です。

鹿の湯ホテル

2015年にオープンした「御餞処(みけどころ)多比鹿(たびか)」では、地元食材を使った会席料理を提供しています。
最大60名収容の宴会場としても利用できます。

鹿の湯ホテル

地元食材をふんだんに使った「健康美食」

「健康美食」がコンセプトの「京風会席料理」は、地元で採れた食材を使ったメニューがそろい、とってもヘルシー。男性もがっつり楽しめる「松阪牛のしゃぶしゃぶ」などもあり、老若男女問わず好評。
※月替わりの会席料理の内容は、時期によって異なります。

鹿の湯ホテル

また、バリエーション豊かな「別注料理」も人気です。
このホテルならではのメニューが「鹿肉のたたき」(1,200円/税別)。臭みがなく、お酒の肴にぴったり。
「鹿の湯ホテル」で「鹿肉」をいただくというのは、なかなか粋な体験です。

鹿の湯ホテル

おすすめがもう一品!真菰が練り込まれた「まこも麺」(600円/税別)です。
もっちりとした食感で、ほのかな甘みが感じられて、おいしい!

鹿の湯ホテル

食事の際、好評なのが、女将手づくりの「果実酒」。
いちごやグレープフルーツから、コーヒーまで、さまざまな種類があり、「素材本来の味が楽しめる」とファンも多いとのこと。

鹿の湯ホテル

館内には、ペット用ホテル「ぽちやど」もあります。小中型犬を預けることができ、宿泊中は、好きな時間にペットの様子を見に行くことができます。

【ペットホテル「ぽちやど」】
利用時間 チェックイン〜チェックアウト
料金(1泊あたり) ケージ利用(小型犬・中型犬):3,000円(税別)
           持ち込みゲージ:1,000円(税別)

鹿の湯ホテル

おみやげにしたくなる「オリジナル商品」がいっぱい!

地元の特産品を使った「オリジナル商品」も充実のラインナップ!
フロント横の売店で販売されています。鹿肉と真菰を使った「鹿カレー」(753円/税込/写真前列左)や、醤油ベースに醸造酢と真菰が入った「かけるまこもたけ」(864円/税込/写真前列右)などが人気商品となっています。

また、夫婦やカップル向けやシニア向けだけでなく、食にこだわる方向けに「料理をランクアップできるプラン」もあるなど、利用シーンに合わせた宿泊ができる「鹿の湯ホテル」。

宿泊しなくても、1,000円(税込)で入れる「日帰り温泉」も大歓迎。どの部屋からも美しい山々の景色を眺めることができ、日頃の疲れを癒すのにぴったりのホテルです。

 【鹿の湯ホテル】
住所 三重郡菰野町菰野8520-1
電話番号 059-392-3141
公式URL http://www.sikanoyu.co.jp
利用時間 チェックイン15:00〜、チェックアウト翌日10:00
料金 平日:13,000円(税別)〜 ※8・11月は16,000円(税別)〜
   休前日:18,000円(税別)〜
アクセス 東名阪自動車道「四日市」ICから約20分
駐車場 あり(30台/無料)

※ 2019年2月時点の情報です。内容が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

カテゴリー
温泉
エリア
北勢

観光三重ピックアップ!

  • 子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    2017.05
  • 恋愛運をアップしたい!キレイになりたい!デキる女になりたい!そんな幸せになりたガールのための、三...

    恋愛運をアップしたい!キレイになりたい!デキる女になりたい!そんな幸せになりたガールのための、三...

    2017.07
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2017.10
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

「ナガシマ屋内アイススケートリンク」が期間限定でナガシマスパーランドに登場!
「ナガシマ屋内アイススケートリンク」が期間限定でナガシマスパーランドに登場!
掲載日:2019.12.07
「ナガシマ屋内アイススケートリンク」が期間限定でナガシマスパーランドに登場!

フォトコンテスト

お城彩る
お城彩る
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 清少納言が愛した名湯を求めて。 自家源泉を持つ「湯元榊原舘」で心も体もキレイに!

    清少納言が愛した名湯を求めて。 自家源泉を持つ「湯元榊原舘」で心も体もキレイに!

    しっとりなめらかなお湯はまるで美容液。清少納言が愛した「七栗の湯」。

    約1500年前から、伊勢神宮の参拝客の「湯ごりの地」として利用されてきた「榊原温泉」。平安時代に清少納言が「枕草子」の中で、この湯の素晴らしさを讃えたことでも有名。湧き出る温泉は、しっとりと包み込むような泉質。榊原温泉で...

    #
  • 「サミット」で注目を集めた景色が目の前に! 非日常の景色と時間に癒される「賢島の宿 みち潮」

    「サミット」で注目を集めた景色が目の前に! 非日常の景色と時間に癒される「賢島の宿 みち潮」

    賢島の最南端の山上に位置する宿からの眺めは絶景!

    2016年に開催された「伊勢志摩サミット」の開催地となり、一気に注目された「賢島」。その賢島の最南端の山上にある宿が「賢島の宿 みち潮」です。客室から、お風呂から見えるのは、まさに絶景。自然がつくり出す美しい光景を存分に...

    #
  • 伊賀観光の拠点として最適! 館内施設や食事も充実の「ヒルホテルサンピア伊賀」

    伊賀観光の拠点として最適! 館内施設や食事も充実の「ヒルホテルサンピア伊賀」

    伊賀の人気観光スポットへのアクセス良好!伊賀グルメも充実のホテル。

    「上野城」や「伊賀流忍者博物館」、「伊賀の里 手づくりモクモクファーム」など、などの伊賀の観光スポットを巡りたい時に、その拠点としておすすめしたいのが「ヒルホテルサンピア伊賀」。天然温泉付きホテルで、伊賀牛や伊賀米など...

    #
ページトップ