取材レポート

始神テラスに行ってきました!人気のお土産・グルメ・周辺情報など詳しくご紹介!

掲載日:2018.03.15
始神テラス

紀伊長島ICより無料区間が続く紀勢自動車道沿いに位置する「始神テラス」。

平成27年のオープンからまだ数年しかたっていない、三重県の中でも新しいパーキングエリアのひとつです。ネイビーの外壁に、この地域の名産「尾鷲ひのき」を組み合わせたシックな外観が特徴で、どこか近代的な雰囲気をかもし出しています。

始神テラス

紀北町は海・山・川と美しい景色も魅力で、自然の中を爽快に駆け抜けるツーリング目的にやってくる人も多いですが、「始神テラス」はそんなライダーの人にもやさしい屋根付きの二輪専用駐車場もあります。

始神テラス

電気自動車の充電も可能で、トイレにはおむつ替えシートや障がい者用トイレがあるのはもちろん、驚いたのは女子トイレ全ての個室にベビーキープがあること!

お母さんたちが小さな子どもと一緒にトイレに入るときは、これがあると安心ですよね。
トイレそのものも清潔感があり、たまたまこのときトイレにいた清掃員の方と話した際には、「使う方のことを考えて掃除している」とにこやかに話してくれました。

始神テラス

入口では、紀北町のマスコットキャラクターである大きな「きーほくん」がお出迎えしてくれました!

始神テラス

始神テラス内の「キホクニヤ」は、“kihoku(キホク)”と“near(近く)”=紀北町を身近に感じてほしいとの願いを込めて名づけられた特産品ショップ。
紀北町をはじめ、尾鷲市や熊野市などの東紀州の特産品がところ狭しと並んでいます。

始神テラス

まず入ってすぐ目につくのは、干物や鮮魚などの海産物コーナー。
中でも干物コーナーは充実の品揃えで、「さんまの丸干し」、「さばのみりん干し」…中には「ウツボ」や「マンボウ」などもあり、何を買おうか迷ってしまうほどです。

始神テラス

驚いたのは「からすみ」9685円!紀北町にある旅館「割烹の宿 美鈴」の大将が自ら漁に出てひとつひとつ丹精込めて仕込む、至極の一品です。
大ぶりで、つやっとした黄金色は高級感たっぷり!売り場の中でも抜群の存在感でした。

始神テラス

お邪魔したのは冬でちょうどみかんのシーズンということもあり、地元紀北町や熊野市、御浜町の特産品である柑橘類が並んでいたほか、「キホクニヤ」店内奥には、鮮やかなオレンジ色一色になった棚が!
こちらは柑橘の加工品を並べたコーナー。みかんジュースをはじめいろんな商品がある中で、見た目がかわいくて思わず気になったものをご紹介します。

始神テラス

こちらは、「丸みかんコンポート」5個入り970円。皮を剥いた温州みかんがコンポートになって瓶詰めされています。
みかんのまわりはジュレのような感じで、コロンと小ぶりのみかんがかわいくてSNS映えしそうな一品!生の果実より日持ちがよく、お土産にも喜ばれそうですね。

始神テラス

また、かわいいパッケージが特徴的なゼリー「なつみ」と「なるみ」各330円。「なつみ」は甘夏みかん、「なるみ」には温州みかんを使用し、ジューシーな果汁と、プチプチした果肉の食感が楽しいゼリーです。
片手でチューチューできるので、買ってすぐ食べられるのもうれしいですね。

始神テラス

その他、お菓子類も豊富です。
こちらは、紀北町海山にある和菓子店「菊屋製菓」さんのどら焼き「始神峠」1個150円。しっとりとした生地に粒あんが挟まれていて、ひとつひとつ丁寧に手焼きして作られています。
作る際の水は、日本一の清流と名高い紀北町の銚子川(ちょうしがわ)の水を使用しているのだとか!1個ずつ買えることから、ばらまき用のお土産にも人気の商品だそうです。5個入りの箱は850円です。

始神テラス

最後に、新しく取り扱いを始めたという商品を教えてもらいました!
2016年の伊勢志摩サミットでも乾杯酒・食中酒に選ばれた、鈴鹿市の蔵元「清水清三郎商店」の銘酒「作(ざく)」の酒粕を使用したロールケーキやチーズケーキ、フィナンシェです。まろやかな「作」の風味が、お口の中にふんわりと広がります。
「Mon image(もんいまぁじゅ)」という熊野市のお菓子屋さんが手がけた商品で、スイーツ好きにもお酒好きにも喜ばれそうですね。

「作」チーズケーキ 1620円
「作」ロールケーキ 1296円
「作」フィナンシェ 5個入972円
キホクニヤ 営業時間 8:00~18:00(季節によって変更有)

始神テラス

続いては、「種まき権兵カフェレスト」へ。
ここは、三重県産の食材を使ったメニューが味わえるレストランです。柱や梁、テーブル、イスにも尾鷲ひのきが使われていて、木のあたたかみ溢れる空間。席と席の間も広くとられているため、贅沢な感じがします。外にはテラス席もあります。

始神テラス

始神テラス

三重県産「錦爽どり」や「さくらポーク」などのメニューにも心惹かれながら、人気ナンバーワンの「キホクニヤ丼」1080円をいただきました!
「キホクニヤ丼」は、まぐろ、鯛、カンパチの刺身がのった海鮮丼で、多い時には1日100食以上も注文があるほどの人気看板メニュー。鯛とカンパチは、“魚まち”といわれる紀北町紀伊長島の市場から新鮮なものが毎日入ってくるのだそう。
PAの食堂でここまで新鮮なものが食べられるなんて、そうないですよね!早速いただくと、新鮮そのものといった感じ!カンパチはほどよい歯ごたえもあってとっても美味しかったです。味噌汁にはあおさが入っていて、これもまた海鮮丼によくマッチしていました。

その他にも「キホクニヤ定食(さしみ5種盛)」1280円、「地魚天ぷら定食」980円など地元産の魚を使ったメニューや、時期によっては牡蠣なども楽しめます。その他にもトンカツ定食やから揚げ定食、ラーメンやカレーなど豊富なラインナップでした。レストラン内には子ども用イスや子ども用食器もあるので、家族みんなでの食事にもおすすめです。

種まき権兵衛カフェレスト 営業時間 9:30〜18:00(17:30 L.O)

始神テラス

レストランの隣にあるテイクアウトコーナーでは、大紀町の大内山牛乳を使ったソフトクリーム(バニラ・抹茶・ミックス)各310円や、ドリンク 各200円などが楽しめます。
ソフトクリームと、店内で手づくりしているという杏仁豆腐 310円をいただきました!ソフトクリームはミルク感がありながらもさっぱりとした味。杏仁豆腐はしっかりと杏仁の香りが感じられ、喉ごしもよくツルンと食べられます。

どちらも、ドライブの疲れを吹き飛ばすようなおいしいスイーツでした!

テイクアウトコーナー 営業時間 9:30〜17:00

始神テラス

始神テラス

また、2階には休憩室があり、周辺地域の写真展示が見られるほか、2階へ上がる階段の踊り場には、紀北町の観光マップが壁一面に大きく掲示されています。

始神テラス

始神テラス

「始神テラス」の外観がプリントされた台紙に押せるかわいい記念スタンプもありましたので、最後はぜひ記念にスタンプを押していきましょう♪

【基本情報】
住所 〒519-3208 北牟婁郡紀北町三浦600番地
電話番号 0597-46-1011
駐車場 大型12台 普通車50台 障がい者用2台
営業時間 8:00〜18:00(季節によって変更有)
休業日 年中無休
トイレ 施設外 24時間使用可、バリアフリー対応トイレ有
EV充電施設 有
一般道からのアクセス 不可 ※高速道路無料区間内にあり

※掲載されている情報は2018年3月時点のものです。

関連スポット

カテゴリー
グルメ・おみやげ
エリア
東紀州

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • 摘みたてをその場で!三重県のおすすめイチゴ狩りスポット

    摘みたてをその場で!三重県のおすすめイチゴ狩りスポット

    2017.01
  • 朝と夜、それぞれが魅せる至福の時間。一日の始まりと終わりを楽しむ旅

    朝と夜、それぞれが魅せる至福の時間。一日の始まりと終わりを楽しむ旅

    2018.05
  • 世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    2016.11

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!綺麗で清潔な新築コテージでの宿泊体験をレポートします(三重県紀宝町)
飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!綺麗で清潔な新築コテージでの宿泊体験をレポートします(三重県紀宝町)
掲載日:2018.05.09
飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!綺麗で清潔な新築コテージでの宿泊体験をレポートします(三重県紀宝町)

フォトコンテスト

「うみてらす」からの夕景
「うみてらす」からの夕景
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 熊野市紀和町の道の駅「熊野・板屋 九郎兵衛の里」がオープン!オススメお土産や食事などを徹底解説

    熊野市紀和町の道の駅「熊野・板屋 九郎兵衛の里」がオープン!オススメお土産や食事などを徹底解説

    三重県熊野市紀和町内(国道311号沿い)に2018年4月にオープンした道の駅「熊野・板屋 九郎兵衛の里」。オススメのお土産や地元の特産品、食事のメニューなどについて、実際に足を運んで体験・取材をしてきました。「熊野・板屋 九...

    #
  • 亀山ハイウェイオアシス店に行ってきました!人気のお土産・グルメ・周辺情報など詳しくご紹介!

    亀山ハイウェイオアシス店に行ってきました!人気のお土産・グルメ・周辺情報など詳しくご紹介!

    高速道路を利用する人の安らぎの場で、地元の人が通う“ハイウェイオアシス”

    2018年4月7日に全館リニューアル!新たなスタートを切った「亀山ハイウェイオアシス館」。以前からの魅力はそのままに、店内で手作りするスウィーツやパン、人気のグルメも仲間入り。

    #
  • かつおの天ぱく(志摩市)で鰹いぶし小屋見学!眺めて心地よく、食べて美味しい体験をぜひ!

    かつおの天ぱく(志摩市)で鰹いぶし小屋見学!眺めて心地よく、食べて美味しい体験をぜひ!

    「かつおの天ぱく」の「鰹いぶし小屋見学会」では、古式の製法で作られる鰹節について知ることができます。土鍋を使った炊きたてのごはんにかけた鰹節の試食もできるのでオススメ。素朴で上品な口当たりと、芯のある力強く深い後味が...

    #
ページトップ