• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • なばなの里 梅まつり、桜まつりに行ってきました!ライトアップやイルミネーションも楽しめます(2018年3月)

取材レポート

なばなの里 梅まつり、桜まつりに行ってきました!ライトアップやイルミネーションも楽しめます(2018年3月)

掲載日:2018.03.14

6,473ビュー

イルミネーションが大人気の三重県桑名市のなばなの里ですが、しだれ梅や河津桜の名所でもあるんです!梅は2月下旬ごろ、河津桜は3月中旬ごろに楽しめます。イルミネーションと一緒に楽しめるのは、なばなの里ならでは!イルミネーションを一度見た方でも、梅や桜と一緒に見れば何度も楽しめます。

なばなの里しだれ梅まつり

三重県桑名市にあるなばなの里では、冬から春にかけてイルミネーションが大人気なんですが、しだれ梅や河津桜の名所でもあるんです!
今回は3月の少し暖かくなった時期になばなの里へ行ってきました。(2018年3月取材)

なばなの里しだれ梅まつり

夕方前の時間に伺い、さっそく園内のしだれ梅苑へ。入口から入って右手へ歩いていくと看板が出ていますので、迷うことなくしだれ梅苑に向かえます。

なばなの里しだれ梅まつり

なばなの里のしだれ梅苑には330本もの見事なしだれ梅があり、色のコントラストが楽しめます!ちょっと曇り気味の天気でしたが、それでも十分に綺麗で写真をたくさん撮影してしまいました。

なばなの里しだれ梅まつり

かなり密集してしだれ梅が植えられていますので、梅が傘のように覆いかぶさってくる感覚があります。剪定も丁寧にされており、見ていて気持ちいいですね。

なばなの里しだれ梅まつり

高さ45メートルから、なばなの里全体を見渡せるアイランド富士と一緒に梅を撮影。

なばなの里しだれ梅まつり

しだれ梅苑から少しだけ歩いて移動し、明るい時間に河津桜を見に行ってきました。色だけでなく花びらの密度も濃い河津桜が、空を見れば一面に!

なばなの里しだれ梅まつり

そして夕方からは梅苑でライトアップが始まります!夕方になるとイルミネーションを見に来た方がたくさん梅苑にもいらっしゃっていました。

なばなの里しだれ梅まつり

夕方の少し空が青い時間にしだれ梅がライトアップされる姿は美しく、多くの方が写真撮影されていました。イルミネーションが目的で来たのに、忘れてしまいそうになる方もいるのでは?それくらい見事です。

なばなの里しだれ梅まつり

しだれ梅苑の真ん中あたりにあるスポットでは、色が濃いしだれ梅が多く記念撮影スポットに。外国人の方も数多く訪れていましたが、スマートフォンで熱心に撮影されていました。

なばなの里しだれ梅まつり

空に向けてしだれ梅を撮影。ライトアップされたしだれ梅は、昼間と違う色が楽しめますので、写真撮影目的の方は夕方がおすすめです。

なばなの里しだれ梅まつり

河津桜とイルミネーションを、イルミネーション点灯開始時間(この日は18時15分)から撮影するつもりだったんですが、しだれ梅があまりに綺麗でずっと粘ってしまいました。

なばなの里しだれ梅まつり

そしてなばなの里の池の周りに植えられている河津桜もほぼ満開!イルミネーションと併せて楽しめるのは、この時期だけ。特別な光景ですね。

なばなの里しだれ梅まつり

河津桜の下からチャペルを望む一枚。イルミネーションだけでも綺麗なのに、河津桜の濃い色が加われば見事な光景に。

なばなの里しだれ梅まつり

花の間からイルミネーションが見られました!この他にも色々な撮影ポイントがありますので、歩いて探してみるのもいいですね。

なばなの里しだれ梅まつり

もちろん、なばなの里と言ったらイルミネーションを忘れてはいけません。定番の光のトンネルは大賑わいでした。インスタグラム用の撮影にぴったりです。

なばなの里しだれ梅まつり

イルミネーションだけでなく、しだれ梅や河津桜も一緒に楽しめるなばなの里。イルミネーションを1回見たから、という方も再度訪れれば、きっと楽しめて美しい光景に感動できると思います!ぜひ冬の寒さが緩んで暖かくなるシーズンに訪れてみてはいかがでしょうか。

【基本情報】 
なばなの里イルミネーション期間:~2018年5月6日(日)まで
点灯時間:18時頃(日没時間により変動有り)~営業時間終了まで
営業時間:9時~21時 平日   
     9時~22時 土休日及び3/1~5/6
料金:2,300円(小学生以上)※なばなの里内で使える金券1,000円分付
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270
アクセス
公共交通機関:近鉄名古屋線 近鉄長島駅より「なばなの里」行き直通バス約10分 
車:伊勢湾岸自動車道「湾岸長島IC」より約10分 駐車場は無料、約3000台

※2018年3月時点の情報です。
 なばなの里しだれ梅まつりのイベント情報はコチラ
 →梅・桜まつり なばなの里 


【関連情報】

ナガシマスパーランドを徹底解説!人気の絶叫アトラクションや合わせて行きたい周辺人気施設をご紹介します!

なばなの里しだれ梅まつり

カテゴリー
イベント&祭り 花&自然&公園
季節
春(3~5月) 冬(12~2月)
エリア
北勢

観光三重ピックアップ!

  • 写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    2021.07
  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2020.12
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏といえば海水浴!7月から海開きスタート♪

    夏といえば海水浴!7月から海開きスタート♪

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

伊勢志摩のアクティビティを親子で楽しむ!写真家・浅田政志一家が家族で体験!!
伊勢志摩のアクティビティを親子で楽しむ!写真家・浅田政志一家が家族で体験!!
掲載日:2021.07.26
伊勢志摩のアクティビティを親子で楽しむ!写真家・浅田政志一家が家族で体験!!

フォトコンテスト

翼の氷瀑
翼の氷瀑
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 伊勢志摩にあるグランドーム伊勢賢島で親子グランピング!写真家・浅田政志一家が家族で体験!

    伊勢志摩にあるグランドーム伊勢賢島で親子グランピング!写真家・浅田政志一家が家族で体験!

    「浅田家」写真家・浅田政志さん、みえ旅カメラ部部長としての活動第2段は、夏休みにおすすめ、志摩の豊かな自然をファミリーで体験できるアクティビティ&グランピング!
    前編では、磯あそび・あじ釣り・てこね寿司作り・シーカヤッ...

    #
  • 伊勢志摩のアクティビティを親子で楽しむ!写真家・浅田政志一家が家族で体験!!

    伊勢志摩のアクティビティを親子で楽しむ!写真家・浅田政志一家が家族で体験!!

    「浅田家」写真家・浅田政志さん、みえ旅カメラ部部長としての活動第2段は、夏休みにおすすめ、志摩の豊かな自然をファミリーで体験できるアクティビティ&グランピング!
    前編では、磯あそび・あじ釣り・てこね寿司作り・シーカヤッ...

    #
  • 思わず深呼吸!夏に行きたい緑と癒しの絶景「香肌峡」

    思わず深呼吸!夏に行きたい緑と癒しの絶景「香肌峡」

    ●緑の大パノラマ「粥見の茶畑」
    ●茶畑が一望できる「道の駅茶倉駅」
    ●石の芸術「深野のだんだん田」
    ●川風吹き抜ける「珍布峠」
    ●風情あふれる「沈下橋」
    ●茶農家直営のかき氷店「茶工房かはだ」を巡ってきました!

    #

季節おすすめ記事

  • MieMu企画展「やっぱり石が好き」三重の岩石鉱物 に行ってきました

    MieMu企画展「やっぱり石が好き」三重の岩石鉱物 に行ってきました

    2021年4月24日(土)から8月29日(日)まで、MieMu(三重県総合博物館)では第28回企画展「やっぱり石が好き!」が開催されています。三重県では約260種存在するといわれる三重県産の岩石や鉱物などについて、科学的な内...

    #
  • 東海屈指のプラネタリウム!「大台ヶ原」で撮る天の川

    東海屈指のプラネタリウム!「大台ヶ原」で撮る天の川

    東海屈指の星空を見ることができる「大台ヶ原」で天の川を最も美しく撮る方法をご紹介。これを見ればあなたもすぐに最高の写真が撮れる⁈
    三重県の若手風景写真家が教える、大台ヶ原で天の川を撮る為に知っておくべき情報を全公開!

    #
  • 初夏の海散歩の楽しみ方!志摩(国府白浜・大王)を友人たちと撮り歩いてきた!

    初夏の海散歩の楽しみ方!志摩(国府白浜・大王)を友人たちと撮り歩いてきた!

    こんにちは、写真家のYuto Nakaseです。
    夏といえば海!海といえば、三重県志摩市の海はとっても綺麗なんですよ。
    志摩の海岸や港町にも魅力がいっぱいあります!
    でも海岸や港町ってどう楽しめばいいんだろう?ということで今回は...

    #
ページトップ