取材レポート

鳥羽水族館を隅々までご紹介!ジュゴンはもちろん、アクセス・料金・営業時間も!

掲載日:2017.04.25
鳥羽水族館

鳥羽水族館は、開館60周年を超え、延べ入館者数が6,000万人を突破している日本を代表する人気アクアリウム。生きものの飼育種類数が日本一で、日本唯一のジュゴンから不思議な生きものまで、ナント約1200種を飼育展示しています(飼育数ではなく、飼育種類数ですよ!ケタ違いの数ですね)。

見どころは、まるでそこにいるかのようなスケールの大きな環境展示やユニークなショー!子どもから大人まで大満足できる仕掛けがいっぱいで、夢中になれる水族館です。

まずは基本情報から営業時間は9:00~17:00 (但し、7月20日~8月31日は8:30~17:30)。年中無休です。G.W.とお盆は激混み。土日祝はやや混み。ゆっくり見るなら平日がおすすめですが、5月・10月の木・金曜日は遠足シーズンで混むことがあるそうです。

鳥羽水族館

車?電車?船?どうやって行く?
鳥羽水族館周辺のみなら電車がおすすめ
観光の目的が鳥羽水族館(と周辺散策)だけなら、電車がおすすめ。そして電車を利用する場合、同時に絶対チェックしてほしいのがツアー商品です。
近鉄では、往復乗車券と鳥羽水族館入館券がセットになった「近畿日本鉄道 鳥羽水族館割引きっぷ」(前売限定)が販売されています。
●近畿日本鉄道ホームページ
http://www.kintetsu.co.jp/senden/Railway/Ticket/toba_aquarium/index.html

鳥羽水族館

フェリーを降りたらすぐ水族館
伊良湖岬からフェリーで行く方法もありますよ。
こちらも入館券とセット料金になっています。
●伊良湖⇔鳥羽 船&車で行くなら 鳥羽水族館マイカープランhttp://www.isewanferry.co.jp/publics/index/27/#block352
●伊良湖⇔鳥羽 往復乗船券+水族館入館券JOY鳥羽水族館クーポン
http://www.isewanferry.co.jp/publics/index/27/#block86

夫婦岩や伊勢神宮に足をのばすなら伊勢・二見・鳥羽 周遊バス「CANばす」が便利
伊勢神宮などの周辺観光地も併せてまわる予定なら、周遊バスがラク。乗り降り自由で観光施設割引がついているフリーきっぷだから、便利でオトクです。
伊勢鳥羽みちくさきっぷ運賃 1日 大人1000円・小児500円2日 大人1600円・小児800円
●三重交通
http://www.sanco.co.jp/shuttle/shuttle03-01/

鳥羽水族館

1Fにある駐車場を狙おう
ちなみに駐車場ですが、入館ゲートに一番近いのが水族館敷地内にある館内駐車場。雨の日でも濡れずに入館できるので、ベビーカーを使うファミリーに便利ですね。
ここは先着20~30台で、満車になると向かいの立体駐車場へ案内されます。
なお、GWやお盆期間などは、海の向こうに臨時駐車場ができるのだとか。10分間の船旅が付いてくると思えばオトクかも!?

●駐車場の場所と料金
http://www.aquarium.co.jp/eigyou/access.html

鳥羽水族館

「しまかぜ」で豪華列車の旅はいかが
さて名古屋から向かう今回の旅は、特急料金をプラスして近鉄の観光特急「しまかぜ」を利用してみました。
ブルーの車両がメチャかっこいい

鳥羽水族館

広々車両にクリームイエローのシート、最高にキモチいいっ!カフェ車両もありますね。景色を眺めながらスイーツや食事をいただけます。

鳥羽水族館

写真提供:鳥羽水族館

意外に駅から歩いてすぐだった
あっという間に鳥羽駅到着。駅でうろうろしていると駅員さんが鳥羽水族館までの歩き方を教えてくれました。徒歩10分ほどですが、道沿いを歩くだけなので、まず迷いません。駅からは山側、海側の二手から行くことができます。1番出口は海沿いを歩く道。鳥羽志摩地方の海産物や農産物の産直市場と郷土料理を中心としたビュッフェレストラン「鳥羽マルシェ」を抜け、しばらく海の景観を楽しみながら歩きます。反対側の4番出口は山側を歩く道。大きな鳥居を抜け、サザエ料理を出す「サザエストリート」という名店街伝いに歩いていき、やがて海側の道と合流するとミキモト真珠島の入口が。そこから真珠の加工品を販売する店舗群「パールタウン」へ続き、鳥羽水族館に到着。近くには鳥羽城址も見えます。

鳥羽水族館

写真提供:鳥羽水族館

そうそう、鳥羽水族館の前には「ラッコポスト」があります。なんとコレが、パワースポットなんですって。ラッコは常に上を向いているので、このポストから手紙を出すと、“相手の”人生や運が上向きになるそうですよ。

鳥羽水族館

いよいよ鳥羽水族館に到着!
チケットを販売しているのは1階。
ちなみに大人2500円、小中学生1250円、3歳以上630円です。

鳥羽水族館

2階がエントランス。ベビーカーやシニアカーはここで自由に借りられます(無料)。
なんと鳥羽水族館には、決められた順路がなく、どのように周るかはお好み次第。あくまで個人的な感想ですが、他の水族館に比べて建物のカタチが複雑ではないので、移動がホントにラクですよ。「いまどこ?」のストレスがないから、見ることに集中できます。

スマホにガイドしてもらおう
見学の前に、入場口でスマホの館内ガイドアプリをダウンロードしましょう(無料)。歩いていくと自動で解説がスマホに表示されます。興味のある生きものを見つけたらすぐチェックしてみて。7か国語対応なので外国人の方もぜひ使ってほしい!http://www.aquarium.co.jp/topics/index.php?id=453

鳥羽水族館

この日は、アシカショーの時間が迫っていたので、ショーを見た後、屋上通路へ行き、3階から2階へ降りていく作戦でいくことに。と、その前に鳥羽水族館広報担当・冨田さんに見どころなどを聞いてみました。

攻略のポイントは? 広報の冨田さんに聞いてみた

◆上手な周り方ってあるの?

「土日祝、休み期間中のショーは大変混雑します。セイウチショーの前後30分には隣の『へんな生きもの研究所』がとにかく混むので、『へんな生きもの』狙いの方はショーの最中に見にいくとゆっくり見られますよ」

鳥羽水族館

◆スナメリやイルカに近寄ってもらうには?
「哺乳類は賢いので、飼育係と同じ色の服だと寄ってくる率はあがります(この日は赤色のジャンパーでした)。あとは、ずっと立っていると“何だろう?”と寄ってくることがありますね。混んでいない時限定ですが、手を振ってみるのもいいです。人のいる場所では危険ですからやめてくださいね」

鳥羽水族館

◆鳥羽水族館の特徴は?
「飼育種類数が1200種超で日本一であること。ジュゴンが見られること(日本唯一)。芸達者な子が多いのもうちの特徴です。それぞれがいろいろなワザを持っているので、えさやりやショーはとっても面白いですよ」

鳥羽水族館

◆小さい赤ちゃん連れ・車いすでも大丈夫?
「鳥羽水族館は、ベビーカーや車いすでもほぼすべてのコーナーが見学できますし、ショースペースには車椅子優先席やベビーカー置き場も設けています。またベビールームには、個室型の授乳室やおむつ替えベッド、ミルク用のお湯も提供していますのでぜひご利用ください。おむつやおしりふきは売店でも販売しています」

鳥羽水族館

それでは水族館の中へゴー!

鳥羽水族館

子どもに大人気のアシカショー「パフォーマンススタジアム」
鳥羽水族館のお家芸、50年以上の歴史のあるアシカショーは、今でもココの目玉!この日は、人気者・クーバが登場しました。手足をあらぬ方向に曲げた(つまりバランスが悪い)キューピー人形を鼻の上にのせ、舞台から水中、また舞台へと人形を落とすことなく泳ぎ渡ります。

鳥羽水族館

輪投げキャッチに失敗してもう一回!失敗した時のほうが盛り上がりますね。遠足の園児たちから「がんばってー」の声がかかり、お次は見事にキメてくれました。

鳥羽水族館

見られるか?アシカのひなたぼっこ「海獣の王国」
今度は屋外からアシカたちの水槽を見下ろしてみます。ゴツゴツした岩場の水槽は、アシカやアザラシのふるさと・チリの海岸を模しているそう。岩から滴り落ちる水をペロペロするアシカを発見。ぬふふ、たまらん…!

鳥羽水族館

写真提供:鳥羽水族館

この日は見られませんでしたが、暖かい日は、トドやアザラシが岩の上で日向ぼっこする姿も見られるとか。巨体を揺らしながら、仲間同士たわむれて遊ぶ様子、次こそは見たい!

鳥羽水族館

写真提供:鳥羽水族館

ジャングルや砂漠を探険しよう「奇跡の森」
屋上通路の突きあたりにあるのが2015年にオープンした「奇跡の森」。むわっとした湿気を帯びた空気、光がいっぱいの空間は、ジャングルの湿地帯をイメージしたとか。そういえばこういうの、普通の水族館にはない演出ですね。つり橋を渡ったり、滝の裏側に入っていったり、探検家気分になれる仕組みがいっぱいです。

カテゴリー
体験 雨の日
季節
春(3~5月) 夏(6~8月) 秋(9~11月) 冬(12~2月)
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • ゴールデンウィーク(GW)に家族でお出かけ!人気のイベントを紹介します!

    ゴールデンウィーク(GW)に家族でお出かけ!人気のイベントを紹介します!

    2017.04
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 摘みたてをその場で!三重県のおすすめイチゴ狩りスポット

    摘みたてをその場で!三重県のおすすめイチゴ狩りスポット

    2017.01
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピング、海水浴を一緒に楽しめる場所な...

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピング、海水浴を一緒に楽しめる場所な...

    2017.07

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

女子旅にもピッタリ!伊勢観光のおすすめスポット7選
女子旅にもピッタリ!伊勢観光のおすすめスポット7選
掲載日:2019.04.10
女子旅にもピッタリ!伊勢観光のおすすめスポット7選

フォトコンテスト

新大仏寺の雪景色
新大仏寺の雪景色
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 東員町の「クライミングジム monter」でボルダリングにチャレンジ! 併設のカフェでおしゃれなランチも堪能

    東員町の「クライミングジム monter」でボルダリングにチャレンジ! 併設のカフェでおしゃれなランチも堪能

    ここ数年で急激に知名度が上がった「ボルダリング」。
    腕の筋肉だけ使って登っていると思われがちですが、実は全身の筋肉を使って登るため、運動不足の解消やダイエットにはもってこいのスポーツなんです。
    県内にも各所にボルダリ...

    #
  • ナガシマスパーランド「白鯨(HAKUGEI)」が満を持して登場!国内初のハイブリッドコースターを体験取材!

    ナガシマスパーランド「白鯨(HAKUGEI)」が満を持して登場!国内初のハイブリッドコースターを体験取材!

    2019年3月28日、ナガシマスパーランドに新ジェットコースター「白鯨(HAKUGEI)」が登場!日本初登場のハイブリッドコースターとは一体?傾斜角度80度、最高時速107km/hの体感は?「白鯨」の魅力を、実際に「白鯨」への試乗体験をもと...

    #
  • 川越町の「革屋MARVY」でレザークラフト体験! 世界に一つだけのオリジナル小物をつくろう♪

    川越町の「革屋MARVY」でレザークラフト体験! 世界に一つだけのオリジナル小物をつくろう♪

    川越町にて、オーダーメイドで革製品をつくっているお店「革屋MARVY」。
    「お客さんに革製品に馴染んでもらいたい!」とお店で実施しているレザークラフト体験に行ってきました!
    「革製品って取り扱いがデリケートと聞くし、初めて...

    #

季節おすすめ記事

  • 三重県初!フォレストアドベンチャー・湯の山を徹底取材!2019年3月16日オープンに先駆けて体験してきました!(三重県菰野町)

    三重県初!フォレストアドベンチャー・湯の山を徹底取材!2019年3月16日オープンに先駆けて体験してきました!(三重県菰野町)

    さぁ冒険に出かけよう!大人はこどもに、こどもはちょっと大人になれる特別な体験♪

    フランス生まれの自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」。この度、三重県菰野町の「湯の山温泉駅」近くに初上陸!今回はフォレストアドベンチャー・湯の山にあるアドベンチャーコースの見どころを詳しくご紹介します。

    #
  • 海の恵みを贅沢に味わい尽くす! 大盛況の「年末・きいながしま港市」に潜入!!【取材日:2018年12月22日】

    海の恵みを贅沢に味わい尽くす! 大盛況の「年末・きいながしま港市」に潜入!!【取材日:2018年12月22日】

    新鮮な海の幸をお値打ちにゲット!大人気の港市!

    世界遺産・熊野古道の玄関口の町「紀北町」は、県下有数の水揚高を誇る「紀伊長島港」があり、新鮮な海の幸が魅力のまち。今回は紀北町で毎年恒例・大人気の「年末・きいながしま港市」に行ってきました!海の恵みを堪能できるイベン...

    #
  • MieMuの冬の企画展は「くらしの道具~いま・むかし~ 特集“三重の伝統産業”」。冬休みに家族でお出かけすれば、盛り上がること間違いなし!

    MieMuの冬の企画展は「くらしの道具~いま・むかし~ 特集“三重の伝統産業”」。冬休みに家族でお出かけすれば、盛り上がること間違いなし!

    平成30年12月15日(土)から平成31年2月17日(日)まで開催の、三重県総合博物館(MieMu)第22回企画展「くらしの道具~いま・むかし~ 特集“三重の伝統産業”」では、おもに明治時代から平成にかけて身近で使われた道具を紹介すると...

    #
ページトップ