三重の取材レポート

ミルフィーユやブランチが人気!松阪市の人気スイーツ店 1010banchi(1010番地)に行ってきました

掲載日:2017.02.10

JR・近鉄松阪駅から歩いて約10分、松阪市にある人気のスイーツのお店「1010banchi」に行ってきました。
<PR>1010banchi

アクセスは松阪駅のJR側からまっすぐ歩いていけば、お店の看板が見えてきますので迷うことなく辿り着けると思います。無料駐車場もありますので、車で来てもOKです。

お店の中は木をたくさん使用しており暖かい雰囲気です。画面中央の白いスペースがオープンキッチンになっています。

まず1010banchiの一番有名なメニューといえば生地がサクサクのミルフィーユ!「賞味期限1時間以内」という他で例を見ないミルフィーユには、ちゃんと理由があるんです。ミルフィーユはショーケースに並んでおらず、注文してからパティシエさんが丁寧に作り始めます。

1010 banchiではミルフィーユの生地に非常にこだわっており、本当にサクサクでびっくりします!フォークを少し入れるだけでサクサクと崩れる感じで、口に入れれば今まで食べたことない食感に驚きました。

ミルフィーユは本場ルノートルのレシピを参考にしており、たくさんの卵黄でサクサク感を増し、発酵バターで香り高いパイになっています。パート(生地種)に1日、翌日に6時間かけて丁寧に折り上げたフィタージュ(折りパイ)はまさに絶品!松阪に来たならお店でぜひ味わっていただきたい逸品です。

賞味期限1時間以内の理由は、時間が経つとこだわりの生地のサクサク感が失われ本来の味を楽しめなくなってしまうから。できればお店のカフェスペースでいただくことがおススメです。テイクアウトする場合は1時間以内に召し上がっていただけることが条件となります。

ちなみに生地の中のフルーツは旬のものを使います。お店に伺ったときは冬場で、イチゴ、バナナが選べました。夏場はブルーベリーなども選べます。

1010 banchiではおみやげに使えるお菓子もたくさん! 松阪にあるお店だけあり、松阪にちなんだ商品があります。特に人気のおみやげがこの「松阪鈴菓(まつざかりんか)」です。松阪出身の偉大な国学者、本居宣長にちなんだお菓子です。

一見和菓子のようですが、アーモンドやヘーゼルナッツを使用した焼き菓子で、中には生キャラメルが入っています。その上に桜の花の塩漬けが乗っており、見た目も上品。さっくりした生地にキャラメルの柔らかい食感が合わさって誰でも好まれる味です。甘いだけでなく、桜の塩味がいいアクセントになっています。
なぜ桜?というと、本居宣長が山桜を愛したことから使用しているそうです。

地元にちなんだお菓子、松阪市・波多瀬のお米の米粉を使用したバターカステラ「白米城物語」。米粉を使用することで少しモッチリとした食感が特徴です。ちなみに白米城とは松阪市にあった北畠氏の山城、阿坂城のこと。

こちらも松阪市出身の偉人、北海道の名付け親として知られる松浦武四郎にちなんだお菓子「武四郎バーム」です。札幌にある「ドルチェヴィータ」とコラボレーションしたバームクーヘンで、北海道産の原材料にとことんこだわったバームクーヘンです。

他にもたくさんある焼き菓子ラインナップ、見るとどれも欲しくなります。

このかわいい焼き菓子ラインナップのイラストはお店の方が描かれたそう。

私が好きな焼き菓子はスコーンで、プレーンのものはバターと生クリームをたっぷり使用しており、温めたときの甘い香りが香ばしいです。イチゴジャムなどをつけても良いと思います。

こちらのベルギー産クーベルチュールチョコレートを使った「レアン」もおすすめ。生菓子ですが常温で持ち運びできます。食べる前に冷蔵庫に保管すればパキッとした食感が楽しめます。

お店のカフェスペースについてご紹介。カフェスペースでは先ほど紹介したミルフィーユやケーキをいただくことができます。

ケーキの中でも人気の品は「果実の木」です。スポンジの中にはたくさんのフルーツが散りばめられており、見るだけでも美味しそう!

定番のモンブランも人気のケーキです。

11時から14時までのみ注文できる限定のブランチセットも大人気!3段で出てくるブランチセットは見た目もおしゃれです(写真は2名様分)。

こちらも同じく限定、1名様分のミニブランチセット。
ブランチセット、ミニブランチセットはともにテーブルロールサンドが月替わりとなりますので、何度行っても楽しめます。

カフェスペースでコーヒーなどを注文するときは、好きなカップを選んでいただけます!色々ありますので見比べてくださいね。

地元で有名な1010 banchiのバースデーケーキはなんと40種類以上のメニューがあります。生クリームたっぷりのケーキからフルーツいっぱいのもの、さらにはキャラクターをデコレーションしたものまで。もらったら喜ぶこと間違いなしです。

お店は調理場が見られるオープンキッチンとなっており、伺った時はパティシエさんがバースデーケーキを作っていました。細かい作業で思わず見入ってしまいます。お子さんが見られるように台も用意してありました。

1010 banchiのオーナーシェフ、小泉直也さんは技術がありアイデアマンで、お店へ伺うたびに新しいケーキやお菓子が次々と作られています。
また地元の高校や専門学校で非常勤講師としても実技講義を行っています。

松阪の有名な観光スポットである松坂城跡や御城番屋敷から1010 banchiへ歩いて行けますよ。松阪木綿を着て歩いた後に一休みもできますので、一緒に回ってみてはいかがでしょうか。

ここでしか食べられないメニューや松阪ならではのお菓子を買える1010 banchi、ぜひ足をお運びください。

1010banchi 基本情報

公式URL http://www.1010banchi.co.jp/
住所 〒515-0075 松阪市新町1010
電話番号 0598-21-7123
営業時間 平日 10:00~19:00
     日祝 10:00~18:30
休業日 水曜日(変更の場合有り、詳細はお店の公式ホームページで要確認)
公共交通機関でのアクセス JR・近鉄松阪駅から徒歩約10分
車でのアクセス 松阪インターチェンジから約15分
駐車場 有り(無料)

※掲載されている内容は2017年2月現在の情報となります。

関連情報

関連スポット

ページトップ