• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 神宮の営み、神宮の森は古来から続く日本の原風景 中野 晴生さん(伊勢志摩国立公園指定70周年インタビュー)

取材レポート

神宮の営み、神宮の森は古来から続く日本の原風景 中野 晴生さん(伊勢志摩国立公園指定70周年インタビュー)

掲載日:2016.11.26

インタビュー「私が感じる伊勢志摩国立公園の魅力」
伊勢志摩国立公園は海あり、神宮の森あり、そしてそこに根ざした人々の豊かな暮らしがあります。そうした様々な魅力を、様々な角度から語っていただきました。

今回は写真家 中野 晴生(なかの・はるお)さんにお話しを伺います。

(記事協力 : <a href="http://www.isenp.co.jp/" target="_blank">伊勢新聞社</a>)

神宮の営み、神宮の森は古来から続く日本の原風景 中野 晴生さん(伊勢志摩国立公園指定70周年インタビュー)

インタビュー「私が感じる伊勢志摩国立公園の魅力」
伊勢志摩国立公園は海あり、神宮の森あり、そしてそこに根ざした人々の豊かな暮らしがあります。そうした様々な魅力を、様々な角度から語っていただきました。

今回は写真家 中野 晴生(なかの・はるお)さんにお話しを伺います。

(記事協力 : 伊勢新聞社

■いつまでも身体が覚えている神宮の森

僕の家は、おじいちゃんの代から伊勢神宮に神饌を届ける鮮魚商でした。神宮で日別朝夕大御饌祭という祭が毎日行われてますが、そのために毎朝鯛などを持って行ってまして、僕も小学3年生の時からお手伝いで行ってました。毎朝神宮に行ってたので、神宮の森の、朝の空気を吸って育ってきた感じですね。

19歳で海外に出て5年間ぐらい世界を旅していたんですけど、日本に帰ってきてまず京都の嵐山に行くことにしたんです。電車で嵐山に向かう途中、桂駅で乗り換えたのですが、駅を降りた時、5月の萌えるような緑が目に入ってきたんです。それを見てたら涙がボロボロ出てきたんです。

その時は何が何だか分かりませんでしたけど、後で振り返ると、小さい時育ってきた神宮の森の緑を身体が覚えていて、あの時急に思い出して身体が共鳴したんだ、と気づいたんです。

■神宮の森は日本の原風景

伊勢神宮をはじめ、仕事で全国の神社へ写真撮影に訪れましたが、神宮のようにこれだけ大きな森を持ってるところはありません。
神宮の宮域林に入って写真を撮ることも多いですが、森は手を加えすぎてもいけないし、手を加えなくてもいけない。神宮営林部の方が手入れをしっかりとされてるので、素敵な森が、日本の原風景が維持されている。

その美しく大きい森が、志摩の豊かな海を育てているんじゃないでしょうか。神宮の森に降った雨が五十鈴川に流れて、神路川も通って志摩に抜けて豊饒の海を育てて、おいしいものがいっぱい捕れる海を育てている。

■神宮から学ぶこと

稲を神様からいただいて、それを植えて大切に育てて「今年もおいしいお米が採れました、神様ありがとうございました」って捧げるのが神嘗祭ですね。稲を植えて神に捧げるまでが神宮の一年。その同じことを2000年間変わらずに続けてこられた。それが美しい森を守り、そこから湧き出る美しい水、川を守り、豊かな稲田を、豊かな海を守ってきた。昔からのことに忠実に、やりすぎず、やり足りないこともなく。アナログなやり方かもしれませんが、そういう一つの規範があるっていうことに、現代の私たちも学ぶことは多いんだろうな、と思います。

写真家 中野 晴生(なかの・はるお)さん 
プロフィル 
伊勢市生まれ。大学受験失敗を機に国内の旅に出る。のち大阪写真専門学校に入学。アフリカ、ヨーロッパなどで海外取材を経て、『週刊新潮』特派カメラマンに。平成9年から3年間同誌で「湖沼の伝説」を連載。平成18年には単行本『伊勢神宮ひとり歩き』刊行。伊勢神宮をはじめ全国の神社を訪ね、写真撮影を手がける。

※この記事は伊勢新聞社 伊勢志摩国立公園指定70周年特集号に掲載されたものを転載しています。

その他の伊勢志摩国立公園指定70周年の関連記事はこちら

・一次産業の素晴らしさを伝える エコツーリズム 江崎 貴久さん

・エコツーリズムで伊勢志摩の「異日常」に触れて 滋野 峻さん

・最も環境が守られてきた南伊勢町の風景 伊藤 芳正さん

・サミット開催の地・伊勢志摩へぜひお越しください!

・伊勢志摩国立公園 エコツーリズム・自然体感 観光マップ



※掲載されている内容は2016年11月の情報となります

カテゴリー
その他
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 紅葉特集【2021年版】 見頃情報とともにお届けします♪

    紅葉特集【2021年版】 見頃情報とともにお届けします♪

    2020.10
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2020.10
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「よしお兄さん」が志摩で「かざり」さんと海女小屋体験!
「よしお兄さん」が志摩で「かざり」さんと海女小屋体験!
掲載日:2021.12.01
「よしお兄さん」が志摩で「かざり」さんと海女小屋体験!

フォトコンテスト

Sunset
Sunset
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 魅力再発見!安心 ええとこみえの旅(県内旅行商品紹介サイト)

    魅力再発見!安心 ええとこみえの旅(県内旅行商品紹介サイト)

    PR

    新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、新たな旅行スタイルが求められている昨今。今の時代に適した新たな旅行商品を旅行会社各社よりご提案します!魅力的なプランを通じて、三重の魅力を再発見していってくださいね♪

    #
  • ライブハウス「B&Wカフェ」は最先端の感染症対策機器を完備!コロナ禍でも安心して楽しめるライブ空間を提供【あんしんみえリア優秀店レポート】

    ライブハウス「B&Wカフェ」は最先端の感染症対策機器を完備!コロナ禍でも安心して楽しめるライブ空間を提供【あんしんみえリア優秀店レポート】

    津市大門の「B&Wカフェ」はコロナ対策機器の開発者「北村裕紀」さんが作り上げたライブハウス。徹底した感染症対策と空間除菌、換気を行い、ライブに必要なステージ機材とオンライン配信設備を完備。コロナ対策の見本にもなる、最先端...

    #
  • 「Welcomeくまのキャンペーン」でお得に熊野へ宿泊しよう!

    「Welcomeくまのキャンペーン」でお得に熊野へ宿泊しよう!

    PR

    三重県民限定!熊野市で宿泊するのにお得なキャンペーンを開催!
    期間中に指定のお宿に【キャンペーン宿泊プラン】で宿泊した方を対象に、熊野市内の飲食店やお土産店などで利用できるレインボー商品券一人2,000円がもらえます♪...

    #
ページトップ