取材レポート

梅の名所として知られる鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」

掲載日:2016.03.09

鈴鹿市にあるしだれ梅の庭園「鈴鹿の森庭園」へ今年も行ってきました。見事なしだれ梅の名木が約200本あるこの庭園は、日本伝統園芸文化のひとつである「仕立て技術」の存続と普及を目的として、研究栽培を行っています。日本最古と思われる呉服しだれ「天の龍」が見事の咲いており、樹齢は100年以上と推定されています。入った瞬間に声を上げてしまうほどの絶景スポットです。鈴鹿ICから約3km(約5分)と近く、椿大神社と一緒に回られるかたもいらっしゃいます。地図、営業時間なども掲載します。

鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」

鈴鹿市にあるしだれ梅の庭園「鈴鹿の森庭園」へ今年も行ってきました。見事なしだれ梅の名木が約200本あるこの庭園は、日本伝統園芸文化のひとつである「仕立て技術」の存続と普及を目的として、研究栽培を行っています。地図・営業時間はこちらから
鈴鹿の森庭園 しだれ梅まつり
満開の時期に伺いましたが、前日の雨で花びらが地面に落ちていました。ただその量が圧倒的で雪のようでした。

鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」

去年も驚きましたが、入ってすぐの光景に思わず声が出ます。日本最古と思われる呉服しだれ「天の龍」が見事の咲いています。樹齢は100年以上と推定されています。

鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」

見晴らしが良い丘があるのですが、そちらに向かう坂からの1枚。山と梅のコントラストが美しいです。

鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」

こちらが記念撮影をされる方がたくさんいた丘の上からの景色です。掛け値無しに絶景と言えるこの景色、自撮り棒も使いたくなります。

鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」

抜けるような青空ではなく少し霞んでいましたが、それでも十分に梅と鈴鹿の山々を楽しめます。

鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」

こちらは名木「地の龍」で、その後ろも高さ5m以上ある梅の大木が並びます。

鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」

品種が呉服しだれの他、八重寒梅、藤牡丹しだれ、鹿児島紅、珍しいところですと紅白の花が咲く「思いのまま」など多くありますので、長く楽しめます。期間中2回伺いましたが、1週間違うだけで違う景色を見ることができました。

期間:平成28年2月6日(土)~3月31日(木)予定
営業時間:9時~16時
入園料:一般・学生 1,000円 小学生 500円 ※共に税込、団体割引有り

地図:https://goo.gl/maps/fSUe3aga7DR2
住所:三重県鈴鹿市山本町151-2
アクセス:東名阪自動車道 鈴鹿インターチェンジから車で約5分
駐車場:無料 普通乗用車約200台 バス駐車場有り
※お手洗いが少なく、大変混雑することがありますのでお越しいただく際にはSA・PAなどを利用されることをお薦めします

※掲載されている内容は2016年3月の情報となります

カテゴリー
花・自然・絶景
季節
春(3~5月) 冬(12~2月)
エリア
北勢

観光三重ピックアップ!

  • 三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    2020.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    2020.06

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!
「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!
掲載日:2020.07.03
「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!

フォトコンテスト

秋の遠足
秋の遠足
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の指定文化財「玄甲舎(げんこうしゃ)」が、令和2年6月より一般公開を開始しました!
    江戸時代後期に田丸城主久野家の家老を務めた金森得水の茶室兼別邸で、風格を漂わす日本家屋の空間に、しみじみと心を落ち着けることがで...

    #
  • 植物×和歌!「万葉の里公園」へ日本の風情を感じる旅に出かけました!

    植物×和歌!「万葉の里公園」へ日本の風情を感じる旅に出かけました!

    いなべ市北勢町にある「万葉の里公園」は、現存する日本最古の和歌集「万葉集」にちなんだ約140種類もの植物が和歌とともに楽しめる公園。6月には、約3,000株のあじさいが見頃を迎え、色とりどりの花に癒されます!梅雨の時期にぴった...

    #
  • 多気町の里山に静かにたたずむ茅葺屋根の日本料理店。伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)を訪ねてみました。【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    多気町の里山に静かにたたずむ茅葺屋根の日本料理店。伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)を訪ねてみました。【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    三重県多気町の静かな里山にたたずむ茅葺屋根の日本料理店、伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)。ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版で1つ星獲得。今回は、伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)のすり流しをご紹介いたします。

    #

季節おすすめ記事

  • 料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    古くから大和、山城、伊勢を結ぶ交通の要衝として栄えた、三重県伊賀市島ヶ原にある創業125年を超える醤油蔵『福岡醤油店』がお届けする、手間暇惜しまずこだわりを追求した昔変らぬ手作りの味。創業以来の蔵と杉桶から生まれる究極の...

    #
  • 日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    1908年三重県津市において日本画家でもあった森田庄三郎が朧染タオル製造法の特許を取得し創業した『おぼろタオル』

    ボリューム感がありながら驚くほどの軽量感と高い吸水性・速乾性を持つ『百年の極』と100年以上にわたり愛されて...

    #
  • 雨の日でも楽しめて遊べる!三重県のお出かけ観光スポット22ヶ所を特集【2020年版】

    雨の日でも楽しめて遊べる!三重県のお出かけ観光スポット22ヶ所を特集【2020年版】

    せっかくの休日なのに雨模様…それでも楽しめる場所が三重県にはあります。屋内で鑑賞できる水族館や美術館、家族で楽しめる体験メニューなど雨の日でもお出掛けしたくなるスポット22ヵ所をご紹介。梅雨シーズンや雨の日でもOK!三重...

    #
ページトップ