【手ぶらでOK・予約不要】大自然に囲まれた露天風呂を体験しよう!日帰り温泉「湯あみの島」国内最大級のスケール!

初心者歓迎 * 1名参加OK * 未就学児参加可 * 小学生参加可 * 60歳以上参加可 * 現地カード払い可 *

絶景に囲まれた大自然露天温泉に、ホットヨガまで体験できる岩盤浴もあって大人気!


新型コロナウイルス対策等で営業状況に変動あり。

ご来場前に、必ず営業状況をご確認ください。

湯あみの島公式ホームページ>>


日帰りで楽しめる大自然露天風呂は日本最大級の約33,000㎡のスケール。男女合わせて17の内湯・露天風呂があり、勇壮な景観を再現した男湯「黒部峡谷の湯」、荘厳な流れを再現した女湯「奥入瀬渓流の湯」など絶景の中で天然温泉を満喫できる。また、 国内最大級の岩盤浴エリア・新感覚の癒やし空間が人気。湯あみの岩盤浴(小学生以上)では、しなやかボディメイク&ヒーリング♪ ロウリュウやホットヨガ&禅体験を!

湯あみの島の公式ホームページで営業状況を確認できます






大自然露天風呂面積は約17,160㎡(5,200坪)ほか、
※ナゴヤドームのフィールド面積のおよそ1.2倍


また、豪華な出演者を迎え歌謡ショウを開催。日本中の人々から愛される名曲の数々…時代を彩った心に残る歌、すばらしい名曲などをご紹介。
豪華な出演者が素敵な歌声や楽しいトークで、ステージを毎日盛り上げます。
長島温泉ならではの、寛げる空間で豪華なショウをお楽しみいただけます。

お食事処やボディケアなども揃い、一日かけてゆっくりとリラックスできます。



約1万坪の敷地を誇る日帰り温泉「長島温泉 湯あみの島」源泉は1日約1万tと豊富に湧く「アルカリ性単純温泉」。穏やかでさらりとした肌触り。うっすら色づくように見える無色透明の湯には湯華が舞うことも。豊富な湯量で名前の通り贅沢な「湯浴み」を実現。男湯「黒部峡谷の湯」は8種の湯船があり。富山県黒部峡谷をイメージ。女湯「奥入瀬渓流の湯」は9種の湯船で青森県の奥入瀬渓流をイメージ。いずれも、露天エリアは日本各地の山奥や渓谷から運んだ天然の樹木、巨岩が自然美と開放感をたたえています。

富山湾に流れ込む黒部川が後立山連峰と立山連峰との間に最も険しく美しい峡谷を歴史の中で刻みこみ、秘境と呼ばれるにふさわしい日本一の大峡谷「黒部峡谷」。美しい水の流れが千変万化の魅力的な景観を作り出す、東北地方を代表する渓流の名所「奥入瀬渓流」です。

■「奥入瀬渓流の湯」 通常時:女湯
露天エリアは青森県の十和田湖から続く奥入瀬渓流をイメージし、毎分80tの水量を誇る総延長390mの渓流を再現。高台で滝流れを見下ろす「滝見の足湯」。渓谷に迫り出す「渓谷の湯」。眼前の滝流れが注ぐ滝つぼに見立てた「滝つぼの湯」。その上部に「滝上の湯」。天然石を組んだ「流れの湯」。「絹の湯」は白濁微細気泡が肌を包むシルクバス。「いやしのジャグジー」や血行促進や美肌効果の高い「炭酸風呂」など高機能風呂も充実しています。


■「黒部峡谷の湯」  通常時:男湯
露天エリアは富山県の秘境・黒部峡谷を模し、勇壮な景観を再現。なかでも535tの巨岩を据え、岩山の狭間に湧く出で湯のような風情の「大岩の湯」は圧巻。一角が「打たせ湯」となり、山の頂きさながらの開放感に包まれた 「山上の湯」、続いて川のほとりに佇み、天然木の丸太組大屋根が見事な「川見の湯」。自然岩の間を滑り流れる急流をのぞむ「屏風谷の湯」。「いやしのジャグジー」や、約80tの一枚岩の炭酸風呂から望むダイナミックな滝の眺望は人気です。内湯は、名建築で名高い奈良の法隆寺夢殿をなぞって、木を美しい八角形に組んだ湯屋となる。ここに大きな石張りの湯船と檜造りの湯船が並びます。

この遊び・体験の関連記事

  • ※お出かけの際は感染防止対策を徹底し、「新しい旅のエチケット」を守っていただき、新型コロナウイルス等の感染リスクを避ける行動を心がけてください。

    #
開催期間
通年 (※1月下旬・6月下旬 平日5日間メンテナンス休業あり)
施設名
長島温泉 湯あみの島
住所
桑名市長島町浦安333番地
電話番号
0594-45-1111
公式URL
https://www.nagashima-onsen.co.jp/yuami/index.html
営業時間
10:00~23:00(コロナ対策:営業時間が短縮の場合がございます。)
※入館受付は終了1時間前まで
※時期により営業時間は変更があります

湯あみの島の公式ホームページで営業状況を確認ぃださい


休業日
※1月下旬、6月下旬の各平日にメンテナンス休業あり

湯あみの島の公式ホームページで営業状況を確認ください

料金
https://www.nagashima-onsen.co.jp/index.html/
詳しくはオフィシャルHPをご覧ください。

時期により変動あり

湯あみの島の公式ホームページで営業状況を確認ください

公共交通機関でのアクセス
JR・近鉄「桑名駅」から「長島温泉」ゆき三重交通バスにて20分終点下車

名古屋駅バスセンターより直通バスあり
車でのアクセス
東名阪自動車道長島ICから15分

伊勢湾岸自動車道・湾岸長島ICおりてすぐ
駐車場
13,000台 / 1000円終日
※ こちらの記載内容は予告なく変更いたします。予めご了承ください。

この施設の遊び・体験プラン

  • 圧巻のコスモス花畑と巨大輪ダリア

    圧巻のコスモス花畑と巨大輪ダリア

    なばなの里では、花と緑と食の楽園「なばなの里」(所在地:三重県桑名市長島町駒江)では、 恒例となりました「ダリア・コスモスまつり」を開催。 豊かな自然と多彩な施設が調和した広大なオアシス「なばなの里」 季節のイベント...

    #
  • 【ご予約不要】ホタル観賞、初夏の風物詩「ほたるの夕べ」大切な方と貴重な体験を♪

    【ご予約不要】ホタル観賞、初夏の風物詩「ほたるの夕べ」大切な方と貴重な体験を♪

    営業時間の変更等の場合がございます。 ご来場前に、必ず営業状況をご確認ください。 なばなの里営業状況 ほたるの出現状況 イルミネーションの公開状況 ホタルシーズン【ご予約不要】最寄りのインターから約10分で...

    #
  • なばなの里 イルミネーション

    なばなの里 イルミネーション

    国内最大級の煌めきが創る、感動のキラキラ輝くイルミネーションの世界。今年のメインテーマは「奇跡の大樹」。壮大で力強い演出、色鮮やかな表現力で観る人を魅了します。 夢や希望、明るい未来を感じる繊細かつ壮大な絶景の...

    #

ここまでスクロールすると地図が表示されます。

周辺の宿の予約はこちら

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重のええとこご紹介!!<br />
みえ旅カメラ部始動しました!

    三重のええとこご紹介!!
    みえ旅カメラ部始動しました!

    2021.03
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 観光三重の人気記事BEST25♪

    観光三重の人気記事BEST25♪

    2021.01
  • 観光三重の定番特集BEST25♪

    観光三重の定番特集BEST25♪

    2021.01

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

宮川堤の桜〜伊勢河崎町を「FM三重アナウンサー」宮原えりかさんと一緒に撮り歩いてきた!
宮川堤の桜〜伊勢河崎町を「FM三重アナウンサー」宮原えりかさんと一緒に撮り歩いてきた!
掲載日:2021.04.14
宮川堤の桜〜伊勢河崎町を「FM三重アナウンサー」宮原えりかさんと一緒に撮り歩いてきた!

フォトコンテスト

これ海外? いいえ、尾鷲です!
これ海外? いいえ、尾鷲です!
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

関連エリアおすすめ記事

  • 【一生忘れられない三重の景色!】第58回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    【一生忘れられない三重の景色!】第58回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    観光三重 第58回フォトコンテスト結果発表!! 今回の応募総数はなんと497枚! 前回よりも多く、過去最大級の応募数でした。 このページでは、その中から選りすぐりの作品をご紹介していきます♪ 素敵な作品盛りだくさんな...

    #
  • 新人職員はじめての取材 ~なばなの里イルミネーション編~(みえ旅カメラ部:第0話)

    新人職員はじめての取材 ~なばなの里イルミネーション編~(みえ旅カメラ部:第0話)

    はじめまして!みえ旅カメラ部顧問です。 今回は、みえ旅カメラ部第0話ということで、カメラ部設立のきっかけともなった私の初めての取材を、振り返りたいと思います。 赴任したばかりの新人職員だった私の目線から、笑いあり、涙...

    #
  • 伊勢志摩随一の絶景を謳う「石鏡第一ホテル 神倶良」は、 太平洋と初代ゴジラの舞台など見どころ満載!

    伊勢志摩随一の絶景を謳う「石鏡第一ホテル 神倶良」は、 太平洋と初代ゴジラの舞台など見どころ満載!

    石鏡(いじか)と聞いてピンときたアナタ、もしかして怪獣マニアですか? 実は、1954年公開の映画「ゴジラ」の第一作で、ヤツが初上陸した場所こそが、ここ三重県鳥羽市石鏡なのです。今回は、劇中に登場した海岸を、今もそのまま眺め...

    #
ページトップ