\日本記録保持者が直々に指導!/**貸切プール×素潜りダイビング**本格的に素潜...

初心者歓迎 * 1名参加OK * 60歳以上参加可 * ガイド・講師付き * レンタル無料 * 送迎付き * カップル 友達 屋内 女性におすすめ 雨の日でもOK

PADI(世界のフリーダイビング指導団体)の正式な認定証が獲得できます!
海に行くのは不安な方にも安心♪貸切プールです!
SNSで話題の『素潜り』や『ドルフィンスウィム』に向け、一緒に練習しよう!

この遊び・体験の関連記事

  • ふらっと北伊勢
    三重県北勢地域の魅力を伝える観光情報サイト!イベントやグルメなど訪れる人に素敵な時間を過ごしてもらえるように、魅力を余すことなくお届けしていきます。

    #
  • せっかく鈴鹿に来たのなら、鈴鹿の人気スポットでもっともっと楽しもう!
    モータースポーツが楽しめる鈴鹿サーキット、パワースポットとして有名な椿大神社、伝統産業の伊勢型紙体験彫りなどなど、鈴鹿のおすすめスポット特集です。

    #
施設名
フリーダイビングプロショップシレーナ
住所
鈴鹿市中江島町29-12 佐野ビル1F 西

ここまでスクロールすると地図が表示されます。

周辺の宿の予約はこちら

観光三重ピックアップ!

  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2017.10
  • 世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    2016.11
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

春の花の始まりはしだれ梅から。続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り!
春の花の始まりはしだれ梅から。続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り!
掲載日:2020.02.22
春の花の始まりはしだれ梅から。続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り!

フォトコンテスト

城下町の頂きに輝き
城下町の頂きに輝き
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

関連エリアおすすめ記事

  • 春の花の始まりはしだれ梅から。続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り!

    春の花の始まりはしだれ梅から。続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り!

    春の足音が聞こえてきました。 しだれ梅で有名な「鈴鹿の森庭園」が2020年2月22日(土)にオープン。さらに、桜、シャクナゲ、バラ…、続々と花の見頃が続きます。四季折々の花を育て、様々なかたちで楽しませてくれるのが、津市に本...

    #
  • 2019年 三重県の絶景TOP10が決定!Instagram「観光三重」の「いいね!」2019年ランキングを発表!

    2019年 三重県の絶景TOP10が決定!Instagram「観光三重」の「いいね!」2019年ランキングを発表!

    2019年、三重県観光連盟の公式インスタグラム「観光三重」で、最も「いいね!」がついた投稿を発表!ランキング形式で、「いいね!」トップ10をご紹介。どこが1位になるのか!?誰の写真が1位をとるのか!?お楽しみに☆

    #
  • 熟練のコテ捌きが生み出す多種多様な鉄板焼き!35年間続く老舗「浪花でおます」で“鈴鹿発”お好み焼きを味わう

    熟練のコテ捌きが生み出す多種多様な鉄板焼き!35年間続く老舗「浪花でおます」で“鈴鹿発”お好み焼きを味わう

    鈴鹿市で行列のできる店の一つに数えられる「浪花でおます」。お好み焼き、焼きそばをはじめとする各種の鉄板焼きを楽しむことができます。関西地方が本場とのイメージが強い「粉モノ」をメインに開業して35年余り。今ではすっかり地...

    #
ページトップ