【ご予約不要】ホタル観賞、初夏の風物詩「ほたるの夕べ」大切な方と貴重な体験を♪

初心者歓迎 * 1名参加OK * 未就学児参加可 * 小学生参加可 * 60歳以上参加可 *

女性やお子様やファミリーにも安心。お手洗いやお食事処も充実し安全にお楽しみ頂けます。


営業時間の変更等の場合がございます。

ご来場前に、必ず営業状況をご確認ください。



なばなの里営業状況


ほたるの出現状況


イルミネーションの公開状況


ホタルシーズン【ご予約不要】最寄りのインターから約10分でとっても便利!無料駐車場や施設も充実し、女性やお子様やファミリーにも安心。お手洗いやお食事処も充実し安全にお楽しみ頂けます。

※出現のピーク時には22時まで延長

なばなの里は、ホタルの里といわれるほど
ピーク時にはたくさんのホタルが飛んでいます。
名古屋の都会から車で20分!大変便利な蛍の見所です。

初夏の夜には、幻想的なホタルの舞をお楽しみください。
見頃は20時頃からで雨天の場合は葉っぱの裏で潜んでいることも。

ゲンジボタルとヘイケボタルの両方を観賞できます!
輝くホタルの光につつまれる「なばなの里」へ

なばなの里「ホタルまつり」を5月下旬頃~7月上旬頃まで開催いたします。初夏の訪れをつげる「ホタルの幻想的な光」が里内をにぎわします。


なばなの里の「入村ゲート」前付近から「里の湯」に至る 約200mの‘せせらぎ’に多い日には、1日約1,000匹もの『ホタルの幽玄な光の舞』を見ることができます。


【なばなの里 ホタル出現データへ】



里内ではホタルが舞う‘せせらぎ’周辺の照明を落とし、
ホタルの「幻想的な光が楽しめる演出」を実施。
暗闇に飛び交うホタルの観賞に最適の環境でお楽しみいただけます。


ホタルが特に舞う時間帯は周囲が暗くなる20時頃から!
ご夕食後やお仕事の帰りなどにゆっくりとご来場いただき、
ホタルを観賞しながら夜涼みがおすすめです。



また、「なばなの里」は、無料の駐車場やお手洗い、
里内の整備された歩道など、
『安心の環境』で、ホタルをご観賞いただけますので、
ご家族連れやカップルなどに好評で、夜は多くの来場者で賑わいます。

さらに、里内には地ビール園をはじめとする和・洋・中のレストランが8つ!


天然温泉もあり、ホタルが舞い始める前からもたっぷりご満喫頂けます。


<なばなの里のホタル>
種類:
ゲンジボタル(5月下旬頃~6月下旬)
ヘイケボタル(6月下旬~7月上旬)

出現時期 :5月下旬~7月上旬
場所 :
・入村ゲート~村の市~里の湯の約200mの‘せせらぎ’付近


蛍の数:
多い日で約1000匹
期間累計:数千~約1万匹程(過去実績)
出現条件 :日没後、暗くなってから雨風のない日
ホタルの寿命 : 10日 ~ 2週間 ほど

■ ホタルからのお願い
  ・ホタルを見つけても捕まえないでください。
  ・フラッシュ撮影は苦手です。
  ・懐中電灯などの明かりは苦手です。光らなくなります。
  ・大声をだして騒いだりや、ウチワで風を当てたりなどはご遠慮ください。
 ※ホタルの寿命は1~2週間やさしく見守ってあげてくださいね

◇なばなの里 「ホタルまつり」 5月下旬~7月上旬頃
※ホタル出現ピーク時(5月下旬~6月下旬頃)22時までの延長営業日あり
詳しくはオフィシャルWEBサイトで!


住 所  : 
三重県桑名市長島町駒江漆畑270番地 

電 話  : 
0594-41-0787 なばなの里  (一般のお客様お問合せ先)


この遊び・体験の関連記事

  • ※お出かけの際は感染防止対策を徹底し、「新しい旅のエチケット」を守っていただき、新型コロナウイルス等の感染リスクを避ける行動を心がけてください。

    #
開催期間
2021年5月22日()~2021年7月4日()
施設名
なばなの里 ホタル観賞エリア
集合場所・体験場所
なばなの里
住所
〒5111144 桑名市長島町駒江270
電話番号
0594-41-0787
公式URL
https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html
営業時間
https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html
詳しくはオフィシャルHPをご覧ください。
休業日
https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html
詳しくはオフィシャルHPをご覧ください。
料金
https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html
詳しくはオフィシャルHPをご覧ください。
公共交通機関でのアクセス
JR関西本線・近鉄名古屋線「桑名駅」から三重交通バスで約10分「なばなの里」下車 
車でのアクセス
東名阪自動車道「長島IC」から南へ約10分又は、伊勢湾岸自動車道「湾岸長島IC」から北へ約10分
駐車場
約3000台 / 無料

この施設の遊び・体験プラン

  • なばなの里 イルミネーション

    なばなの里 イルミネーション

    国内最大級の煌めきが創る、感動のキラキラ輝くイルミネーションの世界。今年のメインテーマは「奇跡の大樹」。壮大で力強い演出、色鮮やかな表現力で観る人を魅了します。 夢や希望、明るい未来を感じる繊細かつ壮大な絶景の...

    #
  • 【手ぶらでOK・予約不要】大自然に囲まれた露天風呂を体験しよう!日帰り温泉「湯あみの島」国内最大級のスケール!

    【手ぶらでOK・予約不要】大自然に囲まれた露天風呂を体験しよう!日帰り温泉「湯あみの島」国内最大級のスケール!

    新型コロナウイルス対策等で営業状況に変動あり。 ご来場前に、必ず営業状況をご確認ください。 湯あみの島公式ホームページ>> 日帰りで楽しめる大自然露天風呂は日本最大級の約33,000㎡のスケール。男女合わせて17の内湯・...

    #
  • 日帰り温泉で至高の岩盤浴体験「湯あみの岩盤浴」

    日帰り温泉で至高の岩盤浴体験「湯あみの岩盤浴」

    新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う営業時間の変更等がある場合がございます。 ご来場前に、必ず営業状況をご確認ください。 長島温泉 湯あみの島 に待望の「岩盤浴」2Fフロア。落ち着いた開放感のあるエリアで日本最大級の...

    #

ここまでスクロールすると地図が表示されます。

周辺の宿の予約はこちら

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重のええとこご紹介!!<br />
みえ旅カメラ部始動しました!

    三重のええとこご紹介!!
    みえ旅カメラ部始動しました!

    2021.03
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 観光三重の人気記事BEST25♪

    観光三重の人気記事BEST25♪

    2021.01
  • 観光三重の定番特集BEST25♪

    観光三重の定番特集BEST25♪

    2021.01

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

宮川堤の桜〜伊勢河崎町を「FM三重アナウンサー」宮原えりかさんと一緒に撮り歩いてきた!
宮川堤の桜〜伊勢河崎町を「FM三重アナウンサー」宮原えりかさんと一緒に撮り歩いてきた!
掲載日:2021.04.14
宮川堤の桜〜伊勢河崎町を「FM三重アナウンサー」宮原えりかさんと一緒に撮り歩いてきた!

フォトコンテスト

翼の氷瀑
翼の氷瀑
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

関連エリアおすすめ記事

  • 【一生忘れられない三重の景色!】第58回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    【一生忘れられない三重の景色!】第58回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    観光三重 第58回フォトコンテスト結果発表!! 今回の応募総数はなんと497枚! 前回よりも多く、過去最大級の応募数でした。 このページでは、その中から選りすぐりの作品をご紹介していきます♪ 素敵な作品盛りだくさんな...

    #
  • 新人職員はじめての取材 ~なばなの里イルミネーション編~(みえ旅カメラ部:第0話)

    新人職員はじめての取材 ~なばなの里イルミネーション編~(みえ旅カメラ部:第0話)

    はじめまして!みえ旅カメラ部顧問です。 今回は、みえ旅カメラ部第0話ということで、カメラ部設立のきっかけともなった私の初めての取材を、振り返りたいと思います。 赴任したばかりの新人職員だった私の目線から、笑いあり、涙...

    #
  • 伊勢志摩随一の絶景を謳う「石鏡第一ホテル 神倶良」は、 太平洋と初代ゴジラの舞台など見どころ満載!

    伊勢志摩随一の絶景を謳う「石鏡第一ホテル 神倶良」は、 太平洋と初代ゴジラの舞台など見どころ満載!

    石鏡(いじか)と聞いてピンときたアナタ、もしかして怪獣マニアですか? 実は、1954年公開の映画「ゴジラ」の第一作で、ヤツが初上陸した場所こそが、ここ三重県鳥羽市石鏡なのです。今回は、劇中に登場した海岸を、今もそのまま眺め...

    #
ページトップ